橋本芙美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 芙美(はしもと ふみ、1979年8月30日[1] - )は、日本のテレビドラマ映画プロデューサー埼玉県出身。共同テレビ所属。

人物・経歴[編集]

埼玉県立浦和西高等学校卒業。津田塾大学学芸学部英文学科卒業後、2002年4月に共同テレビに入社[2]。数年間、アシスタント・プロデューサーとして経験を積み、2005年金曜エンタテイメント枠で放送された『空中ブランコ』で初プロデュース[2]。その後2006年から2年間、映画製作部へ異動。2008年からはドラマ部・映画製作部兼任プロデューサー。配偶者は映画監督の羽住英一郎

単独プロデュースした『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』で第10回ヤング映像クリエイターを励ます賞・優秀賞、『メイちゃんの執事』でザテレビジョンドラマアカデミー賞・作品賞、『フリーター、家を買う。』でエランドール賞・プロデューサー奨励賞[3]などを受賞している。演出家は河野圭太石川淳一城宝秀則と組む機会が多い。

2012年にプロデュースした『家族のうた』では、同作品の設定が1987年TBSで放送された『パパはニュースキャスター』と類似していると同作品の脚本家だった伴一彦からTwitterで指摘され、TBSがフジテレビに抗議し、ドラマ設定を修正する事態となった。同ドラマは初回から低視聴率に苦しみ、打ち切りになった。

作品[編集]

★=単独プロデュース

※表記がないものはフジテレビ制作

テレビドラマ[編集]

プロデュース[編集]

プロデュース・補[編集]

映画[編集]

プロデューサー[編集]

アソシエイト・プロデューサー[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ありがとうございます!”. 「メイちゃんの執事」公式スタッフブログ. http://blog.fujitv.co.jp/meichan/E20090831001.html 2012年2月8日閲覧。 
  2. ^ a b TVステーション2011年26号』、ダイヤモンド社、2011年12月、2012年2月8日閲覧。
  3. ^ 黄金の飛翔!! 2011年 !! 歴史あるエランドール賞決定 !!”. 社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会 (2011年2月). 2012年2月8日閲覧。