貴島彩理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きじま さり
貴島 彩理
生誕 1990年3月20日
東京都
出身校 慶應義塾大学
職業 テレビプロデューサー

貴島 彩理(きじま さり、1990年3月20日 - )は、テレビ朝日総合編成局ドラマ制作部プロデューサー

略歴[編集]

東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、2012年テレビ朝日に入社。バラエティー部でADディレクターを経験した後、2016年ドラマ部へ異動。

おっさんずラブ』、『私のおじさん』とプロデュース2作連続しておじさんがテーマとなっているが、意図したつもりはなく2本とも2016年ごろから提出していた企画である[1][2][3]

『おっさんずラブ』の放送時は、視聴率が振るわなかった(第1話の視聴率は2.9%)ものの、最終話に近づくに連れてSNSなどで話題になり、Twitter トレンド世界1位を獲得した。 2019年5月6日現在、8月23日公開予定の劇場版と、連ドラ第2弾が決まっている。

放送後も、この作品は数々の賞を受賞し、貴島自身も日経ウーマンの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞している[4]

父は、『ずっとあなたが好きだった』(1992年放送)や『愛していると言ってくれ』(1995年)『ビューティフルライフ』(2000年)を手がけたTBSテレビ執行役員制作局付・ドラマ担当プロデューサーの貴島誠一郎(きじま せいいちろう)[5]

人物[編集]

父と同じ職種に就いたが、重圧ではなく「別の人間…という感じ」と答えている[5]

入社から3年間バラエティ畑で「その場で起こったことを逃すな」「思ったことは惜しみなく前倒し」という文化が自身の根底にある[6]

登場人物を死なせる展開は好きではなく、キャラクターで見せるドラマを好む。オンデマンド世代だからできることを模索している。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【おっさんずラブ】の舞台裏、貴島彩理プロデューサーが明かす――「『あげないよ』は遣都さんのアドリブです」 - Woman type[ウーマンタイプ|女の転職type]” (日本語). Woman type[ウーマンタイプ] 働く女のワーク&ライフマガジン - 女の転職type. 2019年3月19日閲覧。
  2. ^ 萌え袖プロデューサー貴島彩理が”おっさんずラブ”なワケ”. FRIDAYデジタル (2019年2月8日). 2019年3月19日閲覧。
  3. ^ 『おっさんずラブ』貴島彩理プロデューサーが語る、ドラマが描いた“ひたむきで純粋な恋”. ORICON NEWS. 2019年3月19日閲覧。
  4. ^ ウーマン・オブ・ザ・イヤー、大賞に中村朱美さん 2019全受賞者を発表”. 日経ウーマンオンライン. 日本経済新聞 (2018年11月30日). 2019年5月12日閲覧。
  5. ^ a b c 28歳女性プロデューサーが思うテレビドラマの未来 - ドラマ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年3月19日閲覧。
  6. ^ 日テレ・小田玲奈×テレ朝・貴島彩理ドラマP対談(前編) バラエティの「やっちゃえ!」発想 (2) バラエティのノリで「GO!」採用” (日本語). マイナビニュース (2019年2月6日). 2019年3月19日閲覧。