上原彩子 (ピアニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上原 彩子(うえはら あやこ、1980年7月30日 - )は、日本クラシック音楽ピアニスト

来歴[編集]

香川県高松市出身、岐阜県各務原市育ち。各務原市立那加中学校岐阜県立各務原西高等学校卒業。

3歳児のコースからヤマハ音楽教室に入会。「幼児科」を修了の後、「ジュニア専門コース」に進む。1990年よりヤマハマスタークラスに在籍。ピアノを江口文子浦壁信二ヴェラ・ゴルノスタエヴァに師事。2003年ベルリン放送交響楽団と日本ツアーを行う。ロンドンウィグモアホールにてリサイタルデビュー。2004年モスクワ放送交響楽団と日本ツアーを行う。12月デュトワ指揮NHK交響楽団と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれる。2005年10月マゼール指揮アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団と日本ツアーを行う。2006年6月、ロンドンのウィグモアホールにて2度目のリサイタルを行う。

現在では、日本国内はもとより世界各地の音楽祭、リサイタルの他、ロストロポーヴィチヤノフスキクリスチャン・ヤルヴィ小林研一郎小松一彦飯森範親大友直人小澤征爾他の指揮のもと、オーケストラのソリストとしての共演も多い。私生活では2005年10月にピアノ調律師の斎藤孝史と結婚して、現在は三児の母[1]である。

受賞歴[編集]

録音[編集]

テレビ出演等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ピアニスト、3児の母です。”. twitter.com. 2018年12月5日閲覧。
  2. ^ Sydney”. www.alink-argerich.org. 2018年11月26日閲覧。
  3. ^ 2002年チャイコフスキー国際コンクールライヴ ピアノ 上原彩子(ピアノ)”. www.hmv.co.jp (2003年12月10日). 2018年12月4日閲覧。
  4. ^ Grand Sonata”. tower.jp. 2018年11月26日閲覧。
  5. ^ Prokofiev: 10 Pieces from Romeo & Juliet Op.75, Piano Sonata No.7 Op.83, Visions Fugitives Op.22 / Ayako Uehara(p)”. tower.jp. 2018年11月26日閲覧。
  6. ^ 上原彩子のくるみ割り人形 チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71 ピアノ版”. www.kingrecords.co.jp. 2018年11月26日閲覧。
  7. ^ ラフマニノフ:13の前奏曲”. www.kingrecords.co.jp. 2018年12月4日閲覧。
  8. ^ 生徒の一人として第7回放送の「リストを弾く」に出演し、「愛の夢 第3番」と「忘れられた円舞曲 第1番」を演奏した。番組内での講師はヴェラ・ゴルノスタエヴァ。 なお、この番組には現在ジャズ・ピアニストとして活動している上原ひろみも出演しており、こちらはシューマンの「幻想小曲集」から「飛翔」「なぜに」を演奏した。

外部リンク[編集]