北川悦吏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北川 悦吏子(きたがわ えりこ、1961年12月24日[1] - )は、日本のテレビドラマ脚本家映画監督エッセイスト岐阜県美濃加茂市出身[2]早稲田大学第一文学部卒業[3]。血液型B型[1]。情報科学の研究者・北川高嗣は実兄[4]

来歴・人物[編集]

オフコースの大ファンで、小田和正と同じ大学に入りたいという思いから早稲田大学に進学[3]1980年に卒業後、広告代理店に入社するが雑用ばかりの環境に心身ともに疲れ、半年で退社[3]。半年間休養した後、にっかつ撮影所に入社する[3]脚本家の佐治乾に師事しながらプロットライターや製作アシスタントなどに従事した後、1989年に『月曜 女のサスペンス』(テレビ東京系)の一編『赤い殺意の館』で脚本家デビュー[要出典]。過去にはペンネームの「月島水樹」名義で執筆した作品もある[5][6]

1991年に放送された『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)の「ズンドコベロンチョ」で注目を集める[3]1992年の『素顔のままで』(フジテレビ系)や1993年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)など連続して恋愛ドラマがヒットし、“恋愛の神様”と呼ばれるようになる[3]

2000年に『ビューティフルライフ』(TBS系)で第18回向田邦子賞、第8回橋田賞を受賞。

エッセイストとしての著作、『君に話した言葉』などの詩集も多数。『10 minute diary』は『ヤングユー』にて漫画化、ウェブサイトにてドラマ化され、ウェブドラマ第4話では、北川自身が初のメガホンを取り、監督デビューを飾った。2009年2月21日に公開された映画『ハルフウェイ』では、岩井俊二小林武史らを共同プロデューサーに迎え、初の劇場公開作品となった。

作品リスト[編集]

脚本作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

脚本作品とそのノベライズ
作品名 主なキャスト ノベライズ
単行本 文庫本
素顔のままで
1992年4月13日 - 6月29日フジテレビ系)
安田成美中森明菜 『素顔のままで』
(1992年、フジテレビ出版)
『素顔のままで』
(1995年、角川文庫)
君といた夏
1994年7月4日 - 9月19日、フジテレビ系)
筒井道隆いしだ壱成 『君といた夏(WE ARE ALL ALONE)』
(1994年、角川書店)
『君といた夏』
(2001年、角川文庫)
金曜ドラマ愛していると言ってくれ
1995年7月7日 - 9月22日TBS系)
豊川悦司常盤貴子 『愛していると言ってくれ シナリオ集』
(1995年、角川書店)
『愛していると言ってくれ』
(1997年、角川文庫)
ロングバケーション
1996年4月15日 - 6月24日、フジテレビ系)
木村拓哉山口智子 『ロングバケーション』
(1996年、角川書店)
『ロングバケーション-ベスト・ダイアローグ』
(1996年、角川書店)
『ロングバケーション』
(1998年、角川文庫)
『ロングバケーション』〈上・下〉
(2004年、新風社文庫)
金曜ドラマ『最後の恋
1997年7月11日 - 9月19日、TBS系)
中居正広常盤貴子 『最後の恋』〈上・下〉
(1997年、角川書店)
『最後の恋』
(1999年、角川文庫)
Over Time-オーバー・タイム
1999年1月4日 - 3月22日、フジテレビ系)
反町隆史江角マキコ 『オーバー・タイム』
(1999年、角川書店)
『オーバー・タイム』
(2001年、角川文庫)
東芝日曜劇場ビューティフルライフ
2000年1月16日 - 3月26日、TBS系)
木村拓哉常盤貴子 『ビューティフルライフ シナリオ』
(2000年、角川書店)
『ビューティフルライフ』
(2002年、角川文庫)
日曜劇場Love Story
2001年4月15日 - 6月24日、TBS系)
中山美穂豊川悦司 『Love Story』
(文芸シリーズ、2001年、角川書店)
『Love Story』
(2003年、角川文庫)
空から降る一億の星
2002年4月15日 - 6月24日、フジテレビ系)
明石家さんま木村拓哉 『空から降る一億の星』
(2002年、角川書店)
『空から降る一億の星』
(2004年、角川文庫)
日曜劇場オレンジデイズ
2004年4月11日 - 6月20日、TBS系)
妻夫木聡柴咲コウ 『オレンジデイズ』
(2004年、角川書店)
『オレンジデイズ』
(2006年、角川文庫)
土曜ドラマたったひとつの恋
2006年10月14日 - 12月16日、日本テレビ系)
亀梨和也綾瀬はるか 『たったひとつの恋』
(2006年、ヴィレッジブックス)
『たったひとつの恋』
(2006年、角川文庫)
映画『ハルフウェイ
2009年2月21日公開)
北乃きい岡田将生 『ハルフウェイ』
(2009年、幻冬舎文庫)
木曜劇場素直になれなくて
2010年4月15日 - 、フジテレビ系)
瑛太上野樹里 『素直になれなくて』
(2010年、扶桑社)
映画『天国への郵便配達人
2010年
ジェジュンハン・ヒョジュ 『天国への郵便配達人』
(2010年、ディスカヴァー・トゥエンティワン)
スペシャルドラマ『お母さんの最後の一日
2010年9月11日、テレビ朝日系)
常盤貴子 『お母さんの最後の一日』
(2010年、角川書店)
映画『新しい靴を買わなくちゃ
2012年
中山美穂向井理 『新しい靴を買わなくちゃ』
(2012年、幻冬舎文庫)

原作作品[編集]

テレビドラマ
オムニバス・ムービー
  • 10 minutes diary(2006年)

著作[編集]

単著[編集]

  • 『チャンス!』(1993年、ワニブックス
  • 『あの頃の君に逢いたい あすなろ白書ノート』フジテレビ出版 1994
  • 『君といた夏 : We are all alone』角川書店 1994 文庫、2001 
  • 『愛していると言ってくれ シナリオ集』角川書店 1995
  • 『愛していると言ってくれ』角川書店 1995 文庫、1997 
  • 『曇っててホッとした日』(1995年、学習研究社
  • 『素顔のままで』角川文庫、1995 
  • 『恋愛道』(1996年、マガジンハウス)(1999年、角川文庫)
  • 『ロングバケーション ベスト・ダイアローグ』角川mini文庫 1996
  • 『ロングバケーション』角川書店 1996 文庫、1998 新風舎文庫、2004 
  • 『最後の恋 ベスト・ダイアローグ』角川mini文庫 1997
  • 『毎日がテレビの日』(1997年、扶桑社)角川文庫、2000 
  • 『NOW and THEN 北川悦吏子-北川悦吏子自身による全作品解説+54の質問』(1997年、角川書店
  • 『ボーイフレンド』(1998年、角川書店)文庫、2000 
  • 『恋につける薬』(1998年、角川文庫)
  • 『恋のあっちょんぶりけ』(1999年、マガジンハウス)(2002年、角川文庫)
  • 『オーバー・タイム』角川書店 1999 文庫、2001 
  • 『君に話した言葉』(1999年、PHP研究所
  • 『最後の恋』角川文庫、1999 
  • 『冷たい雨』(1999年、角川文庫)
  • 『恋愛の神様』(2000年、角川書店)文庫、2002 
  • 『おんぶにだっこ』(2000年、角川書店)(2001年、角川文庫)
  • 『ビューティフルライフ シナリオ』角川書店 2000 文庫、2002 
  • 『Love story』角川書店 2001 文庫、2003 
  • 『恋』(2001年、角川文庫)
  • 『あなたの笑顔をおぼえてしまった』(2001年、角川書店)
  • 『君がそばにいた』(2001年、幻冬舎
  • 『その時、ハートは盗まれた』(2002年、角川文庫)
  • 『空から降る一億の星』角川書店 2002 文庫、2004 
  • 『世にも奇妙な物語-北川悦吏子の特別編』(2003年、角川ホラー文庫)
  • 『やさしいあなた』(2003年、小学館
  • 『愛について』(2003年、角川書店)
  • 『すぐ泣く君』(2003年、小学館) MAYA MAXX
  • 『オレンジデイズ』角川書店 2004
  • 『恋愛指南書』(2004年、角川書店)『恋に似た気分』(2008年、角川文庫)
  • 『生きるのに必要な、29のこと。』(2004年、大和書房
  • 『10 minute diary テン・ミニット・ダイアリー(2005年、角川文庫)
  • 『会いたい』Maya Maxx絵 角川文庫 2006
  • 『このケータイからは、あなたにメールしてない、私。』(2009年、ソニーマガジンズ
  • 『だけど、それはまだ物語の途中…。』(2009年、幻冬舎)
  • 『ハルフウェイ』幻冬舎文庫 2009
  • 『のんちゃんのふとん』(2010年、角川書店)
  • 『お母さんの最後の一日』角川書店 2010
  • 『愛のこと。恋のこと。』(2011年、世界文化社
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』幻冬舎文庫 2012
  • 『恋をしていた。』詩 あさぎ空豆写真 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015
  • 『運命に、似た恋』文春文庫 2016

共著[編集]

  • 『車いすとハイヒール』すぎたちよこ共著(2000年、角川書店)
  • 『恋をする人しない人』(2000年、PHP研究所) - 柴門ふみとの共著 角川文庫、2003 
  • 『ぼくらがドラマをつくる理由』(2001年、角川oneテーマ21) - 土井裕泰植田博樹高井一郎との共著

コミック化[編集]

  • チャンス(1)(1993年、講談社コミックスミミ) 画・小野佳苗
  • チャンス(2)(1994年、講談社コミックスミミ) 画・小野佳苗
  • てのひらに月(2005年、集英社)
  • ハルフウェイ(2009年、マーガレットコミックス) 画・山口いづみ
  • 天国への郵便配達人(2010年、講談社) 画・鳴海涼

電子書籍[編集]

  • 空から降るツイート(2010年、電子書籍「AiR」正式版に収録)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 北川悦吏子. “プロフィール”. 北川悦吏子オフィシャルブログ「でんごんばん」. 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ 北川悦吏子”. KINENOTE. 2015年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 北川悦吏子 (2012年11月1日). あの頃の自分はいまも私の胸の中に. (インタビュー). 早稲田ウィークリー.. http://wasedaweekly.jp/detail.php?item=562 2016年9月20日閲覧。 
  4. ^ Twitter / 北川悦吏子: わっ、お兄ちゃんが本出してた。見つけてくれた人がいる ...”. 2010年6月21日閲覧。
  5. ^ a b 世にも奇妙な物語 秋の特別編”. 世にも奇妙な物語. フジテレビ. 2016年9月21日閲覧。
  6. ^ a b c d 世にも奇妙な物語”. 世にも奇妙な物語. フジテレビ. 2016年9月21日閲覧。
  7. ^ 世にも奇妙な物語 冬の特別編”. 世にも奇妙な物語. フジテレビ. 2016年9月21日閲覧。
  8. ^ 脚本家・北川悦吏子、一生“恋”を書き続ける…TBS『月に祈るピエロ』10・5放送”. ORICON STYLE (2013年10月4日). 2015年9月23日閲覧。
  9. ^ “北川悦吏子さんNHKで初脚本 原田知世×斎藤工で“大人の純愛物語””. スポニチアネックス. (2016年6月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/10/kiji/K20160610012755980.html 2016年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]