セーラ・マリ・カミングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セーラ・マリ・カミングス(Sarah Marie Cummings、1968年 - )は、株式会社桝一市村酒造場取締役、株式会社小布施堂取締役、SMC株式会社代表取締役。利酒師。 アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれ。

長野県上高井郡小布施町町おこしの立役者。2006年に結婚。

2014年株式会社文化事業部とともに独立し長野市若穂へ活動の拠点を移す。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の文化・教育委員会メンバー[1]

略歴[編集]

  • 1998年、小布施堂および桝一市村酒造場の取締役に就任。国際北斎会議を誘致。
  • 1999年、日本酒造組合中央会日本酒青年協議会の会員となる(日本人以外では初)。
  • 2001年、SMC(ストラティジック・マネージメント・コンサルティング)株式会社を設立。
    • 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2002」(日経ウーマン)大賞を受賞。
  • 2002年、桶仕込み保存会を立ち上げ。

著書[編集]

  • 「小布施ッション〈2001‐2002〉長野県小布施町から洗練された発信力」(日経BP企画)2002年 ISBN:978-4931466739

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文化・教育委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会