小久保徳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小久保 徳子(こくぼ のりこ、1958年6月15日 - )は、ウェブ同窓会「この指とまれ!」の設立者で運営企業である株式会社ゆびとまの元経営者であり、株式会社アイシーティアイの東京ブランチ所属。長崎県西彼杵郡高島町(現・長崎市)出身。

来歴[編集]

高島町立高島小学校(現・長崎市立高島小学校)長崎市立土井首中学校長崎県立長崎東高等学校千代田電算機学院卒業。卒業後、千代田コンピュータサービス株式会社(現・三菱電機インフォメーションテクノロジー)入社。1990年に有限会社ヌーベルバーグを創業、同社代表取締役

出身高校の同窓会の案内をきっかけにインターネット上での仮想同窓会を着想、自らシステム構築をして同窓会サイト「この指とまれ!」を1996年5月に開設した。2000年にはヌーベルバーグを株式会社ゆびとまに改組、同社代表取締役。2001年日経ウーマンオブザイヤー受賞。2005年、ゆびとま代表取締役を退任、同社取締役名誉顧問となる。

2006年2月5日執行の長崎県知事選挙に無所属で立候補、民主党国会議員などの支援を受けつつ、市民団体「虹の県民連合」を中心とした無党派候補として戦ったが、現職の金子原二郎に大差で敗れた。

知事選の最中、ゆびとまの経営の実権を暴力団関係者らに握られるという事件が起こった。その後、関係者らは別の会社の民事再生法違反事件をきっかけに経営から排除され、2007年2月には再度経営陣が刷新された。

著書[編集]

  • 答えはいつも半歩先―ウェブ同窓会『この指とまれ!』誕生物語(2001年、悠飛社刊 ISBN 4946448926

関連項目[編集]

外部リンク[編集]