松永真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松永 真理
Mari Matsunaga cropped 2 Mari Matsunaga 200704.jpg
「美しい国づくり」企画会議委員
就任に際して公表された肖像写真
誕生 (1954-11-13) 1954年11月13日(67歳)
日本の旗 長崎県佐世保市
職業 編集者
著作家
実業家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
民族 大和民族
教育 文学士明治大学
最終学歴 明治大学文学部卒業
活動期間 1977年 -
ジャンル 雑誌
代表作 『就職ジャーナル』
とらばーゆ
『iモード事件』(2000年
デビュー作 『なぜ仕事するの?』(1994年
親族 松永貞市祖父
松永市郎
所属 日本リクルートセンター
リクルート
エヌ・ティ・ティ移動通信網
松永真理事務所
テンプレートを表示

松永 真理(まつなが まり、1954年11月13日 - )は、日本編集者著作家実業家。松永真理事務所代表

株式会社日本リクルートセンター株式会社リクルートでの勤務を経て、エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社ゲートウェイビジネス部企画室室長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

長崎県佐世保市出身。祖父は海軍中将松永貞市、父は海軍大尉作家松永市郎長崎県立佐世保北高等学校明治大学文学部仏文科卒業。

編集者として[編集]

1977年日本リクルートセンター(現在のリクルート)入社。雑誌「とらばーゆ」、「リクルートブック」等の編集部を経て、1986年7月「就職ジャーナル」編集長、1988年7月「とらばーゆ」編集長。1997年7月退社し、エヌ・ティ・ティ移動通信網(現在のNTTドコモ)入社。エヌ・ティ・ティ移動通信網にてゲートウェイビジネス部企画室室長となり、iモードの企画開発にあたる。2000年3月退社、松永真理事務所を設立。

実業家として[編集]

2000年9月、佐々木かをりが同年3月に設立した株式会社イーウーマンの経営に参画し、8億数千万円の出資金を集めて女性向けコミュニティーサイト“eWoman”を開設したが、ほどなく経営に行き詰まって撤退(自らは退任)[1][2]

そのほか、他の企業の役員を多数兼任していた。2002年6月 バンダイ 社外取締役 就任。2003年株式会社ブレインズネットワーク 監査役 就任。2006年 株式会社ブレインズネットワーク 社外取締役 就任(現任)[3]。2012年6月 MS&ADホールディングス 社外取締役 就任(現任)[4]。2012年6月 テルモ株式会社 社外取締役 就任(現任)[5]。2013年6月 株式会社バンダイ 社外取締役 退任[6]。2014年6月 ロート製薬株式会社 社外取締役 就任(現任)[7]。2016年6月 セイコーエプソン株式会社 社外取締役 就任(現任)[8]

人物[編集]

  • 「iモード」の名づけ親である。
  • 2000年10月号の米フォーチューン誌では「ビジネス界最強の女性ランキング」のアジア部門1位にランクインした。
  • 日経ウーマン誌の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2000」に選ばれている。

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ASCCI.jp デジタル 2000年7月13日『イー・ウーマン、佐々木かをり氏と松永真理氏プロデュースによる女性向けコミュニティーサイト“eWoman”を開設』.2020年6月19日閲覧。
  2. ^ 週刊AERA 2015年7月27日号 56~60頁。
  3. ^ パートナー紹介-BRAINS Network.株式会社ブレインズネットワーク.2017年3月4日閲覧。
  4. ^ 役員紹介 | MS&ADホールディングス.MS&ADホールディングス.2017年3月4日閲覧。
  5. ^ 役員一覧|企業基本情報|テルモ.テルモ.2017年3月4日閲覧。
  6. ^ 社外取締役候補者及び役員候補者選任 に関するお知らせ[PDF].ロート製薬.2017年3月4日閲覧。
  7. ^ 会社概要 役員一覧 | ロート製薬株式会社.ロート製薬.2017年3月4日閲覧。
  8. ^ エプソン 企業情報 役員一覧.エプソン.2017年3月4日閲覧。

関連項目[編集]