石黒不二代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしぐろ ふじよ
石黒 不二代
生誕 (1958-02-01) 1958年2月1日(59歳)
日本の旗 日本 愛知県
出身校 名古屋大学
職業 実業家

石黒 不二代(いしぐろ ふじよ、女性、1958年2月1日 - )は、日本経営者ネットイヤーグループ株式会社代表取締役社長CEO経済産業省IT経営戦略会議委員、経済産業省産業構造審議会情報分科会委員。

人物[編集]

愛知県一宮市出身。名古屋大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院修了。

経歴[編集]

製函機製造会社経営の家に生まれる。1980年名古屋大学経済学部卒業。8か月間ほどアルバイトに従事。1981年1月、ブラザー工業株式会社入社、米国向けOEMや欧州向けディストリビューション戦略など海外マーケティング業務に就く。1987年、キャリアアップの転職を決意し外資系企業の面接を受けるが、面接担当者に「当社はMBA所持者以外採用しない」と言われ衝撃を受ける。1988年1月、株式会社スワロフスキー・ジャパン入社後、新規事業担当マネージャーに就く。結婚して1児をもうけるも育児と仕事に疲れ、手助けのために上京した母親が一ヶ月後に膵臓がんで死去後、MBA取得を決意し毎朝5時から受験勉強する[1]1992年スタンフォード大学ビジネススクールに2歳の子を連れて留学。同大経営学修士(MBA)修得。

1994年9月、アメリカシリコンバレーコンサルティング会社Alphametrics Inc.社長。1999年1月、Netyear Group, Inc.取締役。1999年7月、ネットイヤーグループ株式会社取締役、2000年5月より現職。2006年1月、トリビティー株式会社(現ネットイヤーゼロ株式会社)取締役。2006年10月、株式会社電通ネットイヤーアビーム取締役。2009年1月、株式会社トライバルメディアハウス取締役。

2002年2010年、名古屋大学工学部客員教授として「大学生のための職業論」を講義。

人物[編集]

  • 社員に自分のことを「社長」と呼ぶことを禁止しているため、「石黒さん」と呼ばれている。
  • 子供はスタンフォード大学に留学中。
  • 社運を掛けた商談で長時間議論の際、保育園に子供を迎えに行く時間になり恐る々々相手に話すと、「なんてことだ、それは気づかなかった!」と議論を終えることが出来た。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b にじいろジーン 2009年8月15日放送

外部リンク[編集]