マネックスグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マネックスグループ株式会社
Monex Group, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8698
2004年8月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-6025
東京都港区赤坂1-12-32
アーク森ビル25階
設立 2004年(平成16年)8月2日
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 8010001089066
事業内容 金融商品取引業等を営む会社の株式の保有
代表者 取締役会長代表執行役社長 松本大
資本金 103億93百万円
(2014年3月31日現在)
発行済株式総数 2億8768万株
(2014年3月31日現在)
純資産 連結807億01百万円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結9294億31百万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結992人(2014年3月31日現在)
決算期 3月末日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 株式会社静岡銀行 20.00%
株式会社松本 5.99%
(2014年9月30日現在)
主要子会社 マネックス証券
マネックス・ハンブレクト
外部リンク http://www.monexgroup.jp/
特記事項:純資産は「親会社の所有者に帰属する持分」
テンプレートを表示

マネックスグループ株式会社は、東京都港区赤坂に本店を置く金融持株会社

概要[編集]

松本大ソニーの共同出資で創業したマネックス証券株式会社(旧法人)と、日興コーディアルグループ(現在はシティグループ・ジャパン・ホールディングス)子会社の日興ビーンズ証券株式会社を経営統合するために、共同株式移転で設立された持株会社(設立時はマネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社)である。

2008年にシティグループ・ジャパン・ホールディングスが日興コーディアルグループを買収した後もマネックスグループの出資を維持したため、シティグループの持分法適用会社であった(日興ビーンズとの繋がりが強かった日興コーディアル証券のみシティグループから離脱している)。

2010年にオリックス証券株式会社を株式交換により完全子会社化することで経営統合。これにより、オリックス株式会社が22.5%の筆頭株主となり、同社の持分法適用会社となった[1]

2014年(平成26年)4月2日、静岡銀行と資本業務提携契約を締結したと発表[2][3]。同月7日に静岡銀行はマネックスグループの株式(議決権所有割合19.63%)をオリックスから取得[4]。さらに同年5月2日に静岡銀行は株式会社松本から同グループの株式を追加取得し、議決権所有割合を20%超として同グループを持分法適用会社とした[5]

主力事業は、証券子会社のマネックス証券

沿革[編集]

関連会社[編集]

  • マネックス証券株式会社
  • マネックスベンチャーズ株式会社
  • トレード・サイエンス株式会社
  • マネックス・ハンブレクト株式会社 - 米国投資銀行WR Hambrecht+Co、マネックスグループ他出資。M&Aアドバイザリー,Open IPO事業を展開。2009年WRハンブレクトジャパン株式会社を商号変更。

脚注[編集]

  1. ^ 主要株主である筆頭株主およびその他の関係会社の異動に関するお知らせ (PDF)
  2. ^ “静岡銀とマネックス、提携”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2014年4月3日)
  3. ^ 株式会社静岡銀行とマネックスグループ株式会社の資本業務提携に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社静岡銀行 マネックスグループ株式会社 (2014年4月2日). 2014年4月4日閲覧。
  4. ^ 主要株主である筆頭株主およびその他の関係会社の異動に関するお知らせ (PDF)”. マネックスグループ株式会社 (2014年4月2日). 2014年9月14日閲覧。
  5. ^ 株式会社静岡銀行によるマネックスグループ株式会社の株式追加取得に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社静岡銀行 マネックスグループ株式会社 (2014年5月2日). 2014年9月14日閲覧。
  6. ^ マネックスグループとオリックスによる証券子会社の統合および資本提携について (PDF)

外部リンク[編集]