松本大 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつもと おおき
松本 大
Oki Matsumoto 20100124.jpg
生誕 (1963-12-19) 1963年12月19日(54歳)
日本の旗 埼玉県浦和市
出身校 東京大学法学部卒業
職業 マネックスグループ
社長最高経営責任者
配偶者 大江麻理子

松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本実業家マネックスグループ株式会社代表執行役社長CEOマネックス証券株式会社取締役会長CEO、前株式会社東京証券取引所グループ取締役、前株式会社東京証券取引所取締役、前株式会社新生銀行取締役。米マスターカード取締役、株式会社ユーザベース取締役、Human Rights Watch Vice Chair、国際文化会館評議員。

概要[編集]

開成中学校・高等学校東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。債券トレード、デリバティブ取引などに従事したのち、マネックス証券を設立。マネックスの代表取締役や、マネックス・ビーンズ・ホールディングスおよびマネックス・ビーンズ証券の社長などを務めた。現在は、持ち株会社であるマネックスグループとその傘下のマネックス証券にて双方の代表取締役を務めており、あわせて社長および最高経営責任者を兼任する。また、東京証券取引所グループとその子会社の東京証券取引所の取締役も兼任している。なお、新生銀行やオリックス証券の取締役なども務めている。

2014年9月17日テレビ東京報道局キャスター[1]大江麻理子と結婚[2]

主な著書[編集]

  • 「『株式投資』改革宣言」(2001年8月)松井道夫との共著
  • 「こうすれば日本はよくなる!」(2002年11月8日)
  • 「トーキョー金融道」(2003年3月)成毛眞藤巻健史との共著
  • 「10億円を捨てた男の仕事術」(2003年5月29日)後、「私の仕事術」と改題し文庫化
  • 「この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言 」(2008年12月)冨山和彦との共著
  •  世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由 (2013)

脚注[編集]

  1. ^ 2014年3月までは、テレビ東京アナウンサー
  2. ^ 大江キャスター婚姻届提出し感謝の言葉 日刊スポーツ 2014年9月17日閲覧

外部リンク[編集]