鈴木幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき こういち
鈴木 幸一
Koichi Suzuki cropped 2 Koichi Suzuki 202011.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1946-09-03) 1946年9月3日(75歳)
日本の旗 神奈川県横浜市
国籍日本の旗 日本
出身校早稲田大学文学部卒業
職業実業家

鈴木 幸一(すずき こういち、1946年9月3日 - )は、日本実業家株式会社インターネットイニシアティブ代表取締役会長(第2代)・最高経営責任者(初代)、東京・春・音楽祭実行委員会委員長(初代)、文化功労者

社団法人日本能率協会での勤務を経て、株式会社日本アプライドリサーチ研究所代表、株式会社インターネットイニシアティブ企画取締役、株式会社インターネットイニシアティブ社長(第2代)、東京のオペラの森実行委員会委員長(初代)などを歴任した。

概要[編集]

深瀬弘恭とともにインターネットイニシアティブを創業した。日本における商用インターネットサービスの先駆者である。クラシック好きが高じて、個人として私費を投じて音楽祭「東京のオペラの森」を起ち上げた[1]。のちに東京のオペラの森は東京・上野で開催されるクラシック音楽祭「東京・春・音楽祭」となったが、引き続きその実行委員長を務めている。

人物[編集]

ショーン・コネリーとの邂逅。ニューヨークのゴルフ倶楽部を訪れたとき、バーにどうも雰囲気のある男性がいたので思わず「どこかでお目にかかりましたでしょうか」と尋ねたところ、「ジェームズ・ボンド」と笑顔で返された。後にも先にも、バーのカウンターで朝から一人でウィスキーグラスを空ける、あれほど魅力的な姿を見たことがなかったという。[2]

略歴[編集]

賞歴[編集]

栄典[編集]

役職[編集]

著作[編集]

  • 「日々酔狂 -インターネット創業10年未だ交戦中」 (小学館刊)
  • 「言葉の水割り -酒と煙草と、ぼくの思いはインターネット」 (講談社刊)
  • 「鈴木幸一の文明漂論」 (日本経済新聞出版社刊)
  • 「日本インターネット書紀」 (講談社刊)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ぶらあぼ編集部聞き手・構成「鈴木幸一(東京・春・音楽祭実行委員長)」『【ロングインタビュー】鈴木幸一(東京・春・音楽祭実行委員長)Vol.1 | 東京・春・音楽祭 2021』ぶらあぼホールディングス、2016年4月2日。
  2. ^ 日本経済新聞 電子版 経営者ブログ
  3. ^ ベンチャー支援! 闘いつづける創業者たち (-Net21[中小企業ビジネス支援サイト] 2007年11月)
  4. ^ 私の履歴書 日本経済新聞 2019年10月5日掲載分
  5. ^ 動画の影響でトラフィックは急増中,従量課金の検討が必要 (日経コミュニケーション 2008年3月1日号 63ページ)
  6. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ (PDF) - 株式会社インターネットイニシアティブ 平成25年3月28日
  7. ^ 47NEWS 勝栄二郎・IIJ次期社長が会見 「時代の要請に応えたい」 『共同通信』2013年3月28日
  8. ^ 令和2年度 文化功労者”. 文部科学省 (2020年11月3日). 2020年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

ビジネス
先代:
深瀬弘恭
インターネットイニシアティブ会長
第2代:2013年 -
次代:
(現職)
先代:
(新設)
インターネットイニシアティブ最高経営責任者
初代:2013年 -
次代:
(現職)
先代:
深瀬弘恭
インターネットイニシアティブ社長
第2代:1994年 - 2013年
次代:
勝栄二郎
文化
先代:
(新設)
東京・春・音楽祭実行委員会委員長
初代:2008年 -
次代:
(現職)