遠山美枝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠山 美枝子
生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
思想 マルクス主義
活動 連合赤軍事件ほか
所属共産主義者同盟(第二次)→)
(関西派→)
共産主義者同盟赤軍派→)
連合赤軍
テンプレートを表示

遠山 美枝子(とおやま みえこ、1946年 - 1972年1月7日)は、日本革命家共産主義者同盟赤軍派メンバー。赤軍派最高幹部高原浩之は夫。

生涯[編集]

神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校卒。明治大学法学部卒。

幼くして父を亡くした貧困から、高校卒業とともにキリンビールに勤めながら明大の夜間に通う。 大学在学中に赤軍派に参加。明治大学現代思想研究会で重信房子上原敦男らと活動した。赤軍派では主にプロパガンダ映画の上映会などの後方支援を行っていた。

1971年2月には「国際根拠地論」に基づいて、パレスチナに赤軍派の海外基地を作るために日本を出国する重信を羽田空港で見送る。

1972年1月7日、連合赤軍幹部の永田洋子らによって山岳ベース事件により死亡。享年25。

2008年に公開された映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」は、坂井真紀演じる遠山を主役として描かれた。

関連作品[編集]

参考文献[編集]