冨山和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

冨山 和彦(とやま かずひこ、1960年(昭和35年)- )は、日本経営コンサルタント経営者である。株式会社経営共創基盤代表取締役CEO。 主な兼職として、オムロン社外取締役、ぴあ社外取締役、朝日新聞社社外監査役、中日本高速道路社外監査役、みちのりホールディングス取締役、財務省・財政投融資に関する基本問題検討会、文部科学省・科学技術・学術審議会基本計画特別委員会委員、経済同友会副代表幹事。

経歴[編集]

1960年昭和35年)生まれ。筑波大学附属駒場高等学校卒。東京大学法学部在学中の1984年旧司法試験に合格。1985年3月に同大学を卒業しボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社した。翌1986年にはコーポレイトディレクションの設立に携わることになり、設立後は経営戦略の立案やその実行支援を担当。1990年スタンフォード大学経営学修士(MBA)取得。2001年には代表取締役社長に就任した。コーポレイトディレクションではアキヤマ印刷の再生や日本リース不動産部門の売却シナリオ作成に貢献したと称する。

政府の打診により、2003年4月からは産業再生機構の設立に参画、代表取締役専務兼業務執行最高責任者(COO)を務めた。同機構は合計41社の支援決定を行った。

2007年、コンサルティング・企業再生を取り扱う株式会社経営共創基盤(IGPI)を設立し代表取締役CEOに就任、同社は関東自動車(栃木県)茨城交通福島交通岩手県北自動車、浄土ヶ浜パークホテルなどの再生支援、ネクステック社やパシフィックホールディングス社等を手掛けていたが、2009年9月、政府のJAL再生タスクフォースサブリーダーへの就任を機にJALグループの再建に専念するため、代表取締役CEOを退任し取締役となった。その後、同年12月4日付けで再び代表取締役CEOに就任した。 また、朝日新聞オムロン社外取締役にも就任。2009年4月にはレッドホース社のアドバイザリーボードメンバーも務めていた。2011年11月より文部科学省・科学技術・学術審議会基本計画特別委員会委員。2013年4月、経済同友会副代表幹事に就任。

人物[編集]

コーポレイトディレクション、産業再生機構での実績から企業再生のスペシャリストとして取り上げられる。これはバブル崩壊の時期にコーポレイトディレクションが経営難に陥った経験が生きている[1]。日本の大学についてグローバルな人材を育成するごく一部のトップクラスのG型大学以外のローカルなL型大学は職業訓練所に特化すべきとしている。また、著書とインタビューにおいては企業とのコンサルタントにおける人間性や人間力の重要性を説き、「腹に落ちるようなコミュニケーション」をとるため、現場を重視することを唱えている[2]

著作[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]