日本リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本リース(にほんりーす)はかつて存在した日本初の総合リース会社。同社を草分けとして、株主だった会社や金融機関が独自のリース会社を創り、日本にリース業という産業を形成するに至った。

市村清を初代社長に、石坂泰三(当時経団連会長)、倉田主税(当時日立製作所会長)、藤井深造(当時三菱重工業相談役・元会長)、中川不器男(当時トヨタ自動車社長)、川又克二(当時日産自動車社長)らを役員に迎えて、1963年(昭和38年)、日本リース・インターナショナルとして会社設立。1967年(昭和42年)、日本リースに社名変更。

日本初の人材派遣業も構想したが職業安定法に抵触し実現しなかった。会社設立の経緯に関しての一端を、田中角栄が『市村清追悼集』に記している。

1980年代より日本長期信用銀行(長銀)から役員派遣を受け入れ同行出身者が社長を歴任することとなり、 市村清のリコー三愛グループ傘下の会社から、実質長銀系の会社となる。本業のリースよりも長銀の別働隊としてのファイナンス業に注力し、バブル景気終焉の余波を受け巨額不良債権を抱え、長銀と一緒に1998年(平成10年)経営破綻した。負債額約2兆3000億円は当時の日本最高額であった。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “日本リースが会社更生法 負債、戦後最大2兆1803億円”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 2,4. (1998年9月29日) 

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 奧野善彦 『会社再建 史上最大の巨大倒産管財人の記録』 小学館,2000年。