中川不器男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 不器男(なかがわ ふきお、1899年12月24日 - 1967年10月13日)は、トヨタ自動車工業(現:トヨタ自動車)の4代目社長である。大阪府堺市生まれ。神戸高等商業学校(現神戸大学)卒。

来歴・人物[編集]

三井銀行から派遣されていた折りの1961年、4代目社長就任に至る。就任当時、佐吉の甥であり喜一郎の従兄弟である豊田英二が適任と見られていたが、貿易・資本の自由化、自動車業界再編の時流に即し、経営能力に長けた中川の方がより適任と判断されたと見られている。

1967年10月、東京でトヨタ自動車販売の会議に出席した後、名古屋に戻ったときに体の不調を訴えて急逝。後任の5代目社長は豊田英二

栄典[編集]

  • 1963年4月 - 藍綬褒章
  • 1967年10月 - 正四位勲二等瑞宝章

業績等[編集]

先代:
石田退三1950年1961年
トヨタ自動車工業社長
(第4代:1961年~1967年
次代:
豊田英二(1967年~1982年