豊田喜一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とよだ きいちろう
豊田 喜一郎
豊田の肖像写真
生誕 1894年6月11日
日本の旗 静岡県
死没 1952年3月27日(満57歳没)
出身校 東京帝国大学工学部卒業
職業 第2代 トヨタ自動車工業社長
子供 豊田章一郎長男
豊田達郎二男
テンプレートを表示

豊田 喜一郎(とよだ きいちろう、1894年6月11日 - 1952年3月27日)は、日本の経営者、技術者、トヨタ自動車創業者[1]

トヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)社長(第2代)、社団法人自動車技術会 会長(第2代)などを歴任した。

来歴・人物[編集]

豊田市役所に建立された豊田喜一郎の像

里帰り出産のため静岡県で生まれ[2]愛知県名古屋市(現・同市東区)で育つ[2][3][4]。高岳尋常小学校[1]、現・名古屋市立東桜小学校、名古屋師範付属高等小学校[1]、旧制明倫中学(現愛知県立明和高等学校)、第二高等学校を経て、東京帝国大学工学部機械工学科卒業[2]

卒業後に地元の名古屋に戻った喜一郎は、当時、黎明期にあった自動車産業が将来大きく発展すると考え[2]、愛知県西加茂郡挙母町(現・豊田市)の荒地だった土地を取得し、自動車工場を建設した[2]。これが後のトヨタ自動車となる[2]

愛知県豊田市(挙母市)の発展に大きく貢献した実績から、豊田市役所の広場には銅像が立てられている。

親族[編集]

関連書籍[編集]

モデルとして演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『とよたを創った男 豊田喜一郎』 野口均 ワック
  2. ^ a b c d e f 『産業情報シリーズ4 豊田喜一郎伝』 国際出版研究所
  3. ^ 『現代人名情報辞典』 平凡社
  4. ^ 『現代人名情報辞典』には愛知県のみ記載
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
豊田利三郎
トヨタ自動車工業社長
第2代 : 1941年 - 1950年
次代:
石田退三
その他の役職
先代:
浅原源七
自動車技術会会長
第2代 : 1950年 - 1951年
次代:
楠木直道