伊奈輝三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊奈 輝三(いな てるぞう、1937年10月15日 - )は日本実業家INAX代表取締役社長や、同社代表取締役会長として、タイルメーカーから総合住宅設備メーカーへの発展を実現し、同社中興の祖とされる。その後トステムとの経営統合を実現し、LIXILグループ設立の立役者となった。

経歴・人物[編集]

愛知県常滑町伊奈製陶(現LIXIL)創業者伊奈長三郎の三男として生まれる。学業成績は優秀だったが、父が常滑町長をしていたため地元の愛知県立常滑高等学校に通った。高校卒業後は経営者の子弟が多く通う慶應義塾大学への進学も考えたが、結局父と同じ東京工業大学経営工学科に進学した [1][2]。1960年大学を卒業し、伊奈製陶に入社[3]。1963年取締役に昇格。1967年常務取締役。1971年代表取締役専務。1978年代表取締役副社長[4]

1980年から伊奈製陶第5代代表取締役社長を務め、温水洗浄便座のヒットなどで、総合住宅用建材・設備機器メーカーへ脱皮を実現し、同社中興の祖とされる[5][2][3]。1985年には会社は伊奈家のものではないという思いから「伊奈」の名を社名から外すためINAXへの商号変更を行った。この際同じ森村グループ倉田隆文ノリタケカンパニーリミテド社長に「ちょっと変わってるでしょ」と挨拶に行ったところ、「うちほどは変わってないかな」と返されたという[5][6]

1996年に後任の代表取締役社長を水谷千加古とし代表取締役会長に退いた[1]。2000年にトステム創業者の潮田健次郎経営統合を提案し、2001年にはINAXトステム・ホールディングス(現LIXILグループ)が設立された[7]。2002年日本セラミックス協会会長[8]。2005年から中部国際空港で案内ボランティアを務め、2007年には常滑商工会議所会頭など30近くあった全公職から退き、ボランティアに専念した[9]

2018年秋の叙勲で旭日中綬章を受章。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「引退後、経営に口挟まず 伊奈輝三(19)」朝日新聞デジタル2013年10月4日
  2. ^ a b 「山登り禁止、大事に育つ 伊奈輝三(2)」朝日新聞デジタル2013年9月11日
  3. ^ a b 伊奈輝三コトバンク
  4. ^ [1]住生活グループ第64期有価証券報告書
  5. ^ a b 「ロングインタビュー「この会社はすでに一族のものではない」」
  6. ^ 「もっとトイレに光を 伊奈輝三(1)」朝日新聞デジタル2013年9月10日
  7. ^ 「経営統合、強者と強者で 伊奈輝三(16)」朝日新聞デジタル2013年10月1日
  8. ^ [2]
  9. ^ 「中部空港でボランティアを3年続けるINAX名誉会長伊奈輝三さん(70)」朝日新聞 08.2.17
  10. ^ 伊奈初之丞コトバンク
  11. ^ 「第二部 豊田家 《7》 」読売新聞2001年7月2日
先代:
大岩和雄
INAX社長
1980年 - 1996年
次代:
水谷千加古
先代:
平井敏雄
日本セラミックス協会会長
2002年 - 2003年
次代:
平野眞一