トステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LIXILグループ > LIXIL > トステム
トステム株式会社
TOSTEM Corporation
Tostem office.jpg
旧トステム本社ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
136-8535
東京都江東区大島二丁目1番1号
設立 2001年平成13年)10月1日(注1)
業種 金属製品
事業内容 サッシ建材バスキッチン等製造
代表者 大竹 俊夫(取締役社長)
資本金 346億円
売上高 4304億93百万円(2010年3月期)
純利益 △116億90百万円(2010年3月期)
純資産 2741億93百万円
(2010年3月31日現在)
総資産 4001億98百万円
(2010年3月31日現在)
従業員数 8,873人(2010年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 LIXILグループ 100%
関係する人物 潮田健次郎(前・代表取締役会長)
潮田洋一郎(現・会長)
外部リンク http://tostem.lixil.co.jp/
特記事項:(注1)旧・トステム株式会社の設立は1949年昭和24年)9月19日
(注2)統合し、株式会社LIXILに商号変更する前のデータ。
テンプレートを表示

トステムTOSTEM)は、日本の企業グループ・LIXILグループの株式会社LIXIL(リクシル)が展開するアルミサッシ建材のブランド名。また、トステム株式会社TOSTEM Corporation)は、2011年平成23年)3月までこれらの事業を展開していた企業である(法人格としては存続している)。アルミサッシの製造では日本国内シェア1位であった。

概要[編集]

2001年平成13年)10月に、INAXと経営統合した。その際、(初代)トステム株式会社が株式会社INAXトステム・ホールディングス(現・LIXILグループ)に社名変更するとともに持株会社となり、そのもとで事業を行う同グループの中核企業として、新たに(2代目)トステム株式会社が設立された。

また、2011年(平成23年)4月にグループ内の再編により、(2代目)トステムが存続会社となり、INAX、新日軽東洋エクステリア、(初代)LIXILを合併するとともに、(2代目)LIXILに改称した。これにより、トステムという社名は姿を消し、LIXILのブランド名のひとつとして存続することとなった。

沿革[編集]

  • 1949年 - 日本建具工業株式会社設立。[1]
  • 1971年 - 東洋ドアー他4社を合併吸収してトーヨーサッシ株式会社となる。
  • 1992年 - トーヨーサッシ株式会社からトステム株式会社に社名変更。
  • 2001年
    • 10月1日 - 持株会社「株式会社INAXトステム・ホールディングス」設立に伴い新事業会社トステム株式会社を設立。
    • 10月21日 - INAXをINAXトステム・ホールディングス配下に編入。
  • 2002年 - 近畿車輛より建材営業部門を譲受、トステムSD株式会社を設立(同社は2011年4月の株式会社LIXIL(2代目)発足時に、旧トステム子会社のトステム鈴木シャッター株式会社に統合され、株式会社LIXIL鈴木シャッターに改称)。
  • 2011年4月1日 - 当社を存続会社として、INAX、新日軽東洋エクステリア、株式会社LIXIL(初代)を吸収合併し、株式会社LIXIL(2代目)に商号変更。

事業所[編集]

主要工場[編集]

閉鎖された工場[編集]

主な製品[編集]

  • サッシ・窓・シャッター
    • サーモスII - 2012年12月に「サーモス」を改良。新開発の「スマートシナジーシステム」の採用により、高断熱性能がありながらスリムフレーム化を実現した。アルミ構造の「サーモスII-S」とアルミ+樹脂のハイブリッド構造・高断熱複層ガラス標準設定の「サーモスII-H」の2タイプがある。
    • デュオPG(発売時、W(ダブルユー)をCMキャラクターに起用)
    • シンフォニーウッディー/シンフォニーマイルド
    • マイスターII
    • インプラス - 既存の窓に追加するだけの防音・断熱内窓
    • ワイドウィン
    • オープンウィン
    • シンプルアートII/シンプルアートEX
  • 玄関ドア・引戸
    • アヴァントス/アヴァントスIS
    • グルエ
    • ディクシード
    • フォラード
    • プレナスX
    • エルムーブ
  • エクステリア
    • テリオスポートIII
    • コートラインII
    • エックスステージ
    • IORI(イオリ)
  • インテリア建材
    • グランドライン
    • ウッディーライン
    • ファミリーライン
    • ドアプラス
    • 新和風
    • アルテシモ
    • ブランシェ - グループ会社である川島織物セルコンのプロデュースによるオーダーメイドカーテン
  • 高性能住宅工法
    • スーパーウォール工法(SW)
    耐震・耐久・断熱性にすぐれたSWパネルを使用した住宅工法で在来工法で展開。菊池桃子と当時鹿島アントラーズ所属の秋田豊をCMに起用していた。
    • スーパーストロング構造体バリュー(SSバリュー)
    壁・床・基礎を強化し、耐震性能を高めた構造体。万が一地震の揺れが原因で住宅が全壊した場合、建て替え費用の一部を最大2,000万円まで負担する耐震補償付。
なお、スーパーウォール工法・スーパーストロング構造体バリューは、LIXILではパネルや構造体の製造・販売のみ行っており、受注・施工は各地の地元の建設会社・工務店がそれぞれ行っている。
LIXILでは、各地の地元の中小の建設会社・工務店が大手ハウスメーカーに対抗すべく、建築前の耐震性、冷暖房費削減率の診断、各保証制度の斡旋、現場見学会開催時の人的サポートなどの提案・サポートも行って強固な信頼関係を築き、トステムブランドの拡販につなげている。
  • マンション・ビル向け建材、店舗用建材

韓国のLG化学と合弁会社設立[編集]

トステムは2009年(平成21年)3月11日、韓国LG化学と同年4月に合弁会社を設立すると発表した。 トステムにとって初めての海外合弁事業になる。トステムの技術を元にアルミ建材などを開発し、LG側の販売網をいかして販売する。 発表によると、日本の国内需要が落ち込む中で、海外での販売を強化したいトステム側と、アルミニウム建材事業を拡大したいLG化学側の思惑が一致した。 新会社の名称は「LG―TOSTEM BM」となる。本社はソウルに置く予定。 生産は当面、外部に委託する予定。2012年(平成24年)に売上高1200億ウォン(約120億円)を目指すと発表されている。 資本金は60億ウォン、LG側が51%、トステムが49%出資。 合弁会社のLGトステムは、LG化学の産業材の事業部門が分社化して2009年(平成21年)4月新しく発足する「LGハウシス」の子会社になる。 LGトステムはアルミ建材や産業用アルミニウム製品などの製造販売を行う。

スポンサー[編集]

Jリーグ鹿島アントラーズのオフィシャルスポンサーであり、ユニフォームにロゴが書かれている。多くのクラブがユニフォームの胸スポンサーを入れ替える中、1996年(平成8年)に鹿島のユニフォームの前面がチームロゴからスポンサー広告に切り替わって以降一度も変更されることが無く、一貫して鹿島のサポートを続けている。2011年(平成23年)4月1日より、当社を含む住生活グループ5社の合併によって会社名がLIXILとなるため、2011年度ユニフォームより表記が「LIXIL」となっている。

過去の提供番組(トーヨーサッシ・トステム時代を含む)[編集]

CMキャラクター[編集]

トーヨーサッシ時代
トステム時代

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]