LIXILリアルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社LIXILリアルティ
LIXIL Realty, Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町14-15
設立 1993年9月
(住通リアルティセンター株式会社)
業種 不動産業
法人番号 3010001079377
事業内容 ERA加盟店に対するFC支援事業、不動産流動化事業、賃貸管理事業、社宅管理代行事業、売買仲介事業、賃貸仲介事業、建設業
代表者 斎藤 雄二(代表取締役社長)
資本金 1億6,000万円
売上高 103億28百万円
従業員数 373名
決算期 3月31日
主要株主 株式会社LIXIL住生活ソリューション 100%
主要子会社 株式会社LIXILイーアールエージャパン
外部リンク http://www.lixil-realty.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社LIXILリアルティ(リクシルリアルティ、LIXIL Realty, Corp.)は、不動産売買、賃貸住宅及び社宅の管理代行などを行う株式会社LIXILグループの子会社(孫会社)である。

概要[編集]

日本初の不動産フランチャイズ「住通チェーン」を展開する「株式会社 住通」の子会社として設立した、「住通リアルティセンター 株式会社」が前身である。

2002年当時、「住通チェーン」は加盟510店舗で日本最大級の不動産チェーンであったが、同年1月、「住通チェーン」FC本部の「株式会社 住通」が現在のLIXILグループにより子会社化されて同グループの一員になる。2002年7月、「住通」はアメリカニュージャージー州が本部で世界32か国の不動産ネットワーク「ERA(イーアールエー)」の日本国内におけるフランチャイズ権利を創業時より取得していることから、ブランド名を「ERA」に、FC本部「住通」は「イーアールエー・ジャパン」に変更される。2005年、「イーアールエー・ジャパン」と事業統合並びに「住生活リアルティ」へ商号変更する。2011年4月、株式会社LIXIL発足と同時に、LIXILリアルティに改称する。事業内容として「ERA」ネットワークを活用するフランチャイズ事業、不動産流動化事業、社宅管理代行事業や賃貸住宅管理事業を行う。

沿革[編集]

  • 1981年6月:日本初の不動産フランチャイズチェーン「住通チェーン」が発足する。
  • 1993年9月:株式会社 住通の子会社として、前身である住通リアルティセンター株式会社を設立し不動産事業を開始する。
  • 2002年1月:株式会社INAXトステム・ホールディングス(現・株式会社LIXILグループ)が株式会社 住通の株式を100%取得し完全子会社化[1]する。
  • 2002年7月:チェーン名称を「住通チェーン」から「ERA」に改め、株式会社 住通はイーアールエー・ジャパン株式会社に商号変更[2]する。
  • 2002年:社宅代行サービス「ValueOne(バリューワン)」を開始する。
  • 2005年:住生活リアルティ株式会社に商号変更する。同時にイーアールエー・ジャパン株式会社を事業統合し、同社の子会社となる。
  • 2009年:株式会社ジョインライフ、株式会社セントラルホームズから賃貸管理事業を譲受する。
  • 2011年4月:株式会社LIXILリアルティに商号変更し、住まいの売買をサポートするリノベーションサービス「LIREAL(リリアル)」を開始する(子会社のイーアールエー・ジャパン株式会社も同時に株式会社LIXILイーアールエージャパンに商号変更する)。
  • 2013年:マイルーム館グループと株式譲渡契約する。
  • 2014年1月:子会社の株式会社興和ハウジングおよび株式会社ソロールホームを吸収合併[3]
  • 2014年10月: 関西の事業買収をする。
  • 2015年6月:中間事業持株会社となった株式会社LIXIL住生活ソリューションの子会社となる。

出典[編集]

  1. ^ 日本最大の不動産フランチャイズチェーン本部の経営権を取得 - 株式会社INAX・トステムホールディングス 2002年1月8日(2011年8月8日閲覧)
  2. ^ (株)住通、新ブランド名にERA(イーアールエー)を採用 - 株式会社INAX・トステムホールディングス 2002年6月20日(2011年8月8日閲覧)
  3. ^ 有価証券報告書(2014年3月期)”. 株式会社LIXILグループ. 2014年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]