伊奈長三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊奈 長三郎
いな ちょうざぶろう
生年月日 1890年3月20日
出生地 愛知県知多郡常滑村(現・常滑市
没年月日 (1980-10-10) 1980年10月10日(90歳没)
出身校 東京高等工業学校窯業科(現・東京工業大学
所属政党 無所属
称号 藍綬褒章
紺綬褒章
勲四等瑞宝章

Emblem of Tokoname, Aichi.svg 常滑市長
当選回数 1回
在任期間 1954年4月26日 - 1955年3月5日

常滑町長
当選回数 1回
在任期間 1951年4月 - 1954年3月31日
テンプレートを表示

伊奈 長三郎(いな ちょうざぶろう、1890年3月20日 - 1980年10月10日)は、日本実業家政治家伊奈製陶(のちのINAX、現LIXIL)創業者で、同社代表取締役社長を務めた。初代常滑市長(1期)、常滑町長(1期)などを歴任。

経歴・人物[編集]

愛知県知多郡常滑村で第5代目窯元の伊奈初之丞の長男して生まれる[1][2]。1912年東京高等工業学校窯業科(現・東京工業大学)卒業[3]。1918年帝国ホテル煉瓦製作所技術顧問。1924年伊奈製陶(のちのINAX、現LIXIL)設立、同社常務取締役。1929年常滑町会議員。1935年西浦製陶(現ジャニス工業)設立、同社代表取締役。1939年伊奈製陶代表取締役社長[1]

1951年4月、常滑町長に初当選[3]。1954年4月1日、常滑町は鬼崎町西浦町大野町三和村と合併し常滑市が成立。同年4月に行われた市長選で当選し初代市長に就任。1955年3月5日に退任[4]

1959年藍綬褒章受章。1961年紺綬褒章受章。1963年伊奈製陶代表取締役会長。1965年勲四等瑞宝章受章。1972年株式40万株を常滑市に寄付し常滑市名誉市民第1号に推挙される。1976年伊奈製陶取締役相談役

1980年10月10日、死去[1]。90歳没。命日の10月10日は常滑市により「陶と灯の日」と定められた[5]

親族[編集]

INAX第5代代表取締役社長を務めた中興の祖伊奈輝三は三男で[6]、その妻はトヨタグループ創設者豊田佐吉末弟豊田佐助の娘・節子[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c [1]常滑市観光協会
  2. ^ 「山登り禁止、大事に育つ 伊奈輝三(2)」2013年9月11日
  3. ^ a b 『日本の歴代市長 第二巻』歴代知事編纂会、1984年11月10日、518頁。
  4. ^ 歴代市長|常滑市
  5. ^ 「愛知・常滑市の10月10日は「陶(とう)」と「灯(とう)」の日」るるぶ.com
  6. ^ 「山登り禁止、大事に育つ 伊奈輝三(2)」朝日新聞デジタル2013年9月11日
  7. ^ 「第二部 豊田家 《7》 」読売新聞2001年7月2日