平野眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平野 眞一(ひらの しんいち、1942年8月7日 - )は、日本の工学者。第12代名古屋大学総長。専門は無機材料化学結晶成長学材料評価学。セラミックス分野の大家。工学博士(名古屋大学、1970年)。

略歴[編集]

  • 1965年3月 - 名古屋大学工学部応用化学科卒業
  • 1970年3月 - 名古屋大学大学院工学研究科応用化学及び合成化学専攻博士課程修了
  • 1970年4月 - 東京工業大学工業材料研究所助手
  • 1971年8月 - ペンシルベニア州立大学博士研究員
  • 1976年10月 - 東京工業大学工業材料研究所助教授
  • 1978年4月 - 名古屋大学工学部助教授
  • 1983年8月 - 名古屋大学工学部教授
  • 1997年4月 - 名古屋大学大学院工学研究科教授
  • 1999年4月 - 名古屋大学高温エネルギー変換研究センター長(2002年3月まで)
  • 2002年4月 - 名古屋大学先端技術共同研究センター長(2003年3月まで)
  • 2003年4月 - 名古屋大学大学院工学研究科長・工学部長(2004年3月まで)
  • 2004年4月 - 国立大学法人名古屋大学第12代総長(2009年3月まで)
  • 2009年4月 - 独立行政法人 大学評価・学位授与機構 機構長(2012年3月まで)
  • 2009年5月 - 上海交通大学講席教授・学長特別顧問
  • 2010年6月 - 上海交通大学平野材料創新研究所長

受賞[編集]

  • 2006年10月 - アメリカセラミック協会最高栄誉賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]