佐藤勝彦 (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐藤 勝彦
生誕 (1945-08-30) 1945年8月30日(73歳)
日本の旗 日本 香川県坂出市
研究分野 宇宙物理学
研究機関 京都大学
北欧理論物理学研究所
東京大学
数物連携宇宙研究機構
自然科学研究機構
明星大学
出身校 京都大学
博士課程
指導教員
林忠四郎[1]
博士課程
指導学生
戸谷友則[2]
主な業績 インフレーション宇宙論の提唱
主な受賞歴 井上学術賞受賞(1989年
仁科記念賞受賞(1990年
紫綬褒章受章(2002年
日本学士院賞受賞(2010年
プロジェクト:人物伝

佐藤 勝彦(さとう かつひこ、1945年8月30日 - )は、日本宇宙物理学者。専門は、宇宙論インフレーション宇宙論の提唱者として知られる。東京大学名誉教授、大学共同利用機関法人自然科学研究機構長、明星大学理工学部客員教授。日本学士院会員。

香川県坂出市出身。香川大学教育学部附属坂出中学校香川県立丸亀高等学校を卒業後京都大学理学部に入学し、物理学科及び大学院理学研究科物理学第2専攻天体核物理学研究室で林忠四郎に師事した[1][3]

略歴[編集]

業績[編集]

指数関数的膨張モデル[編集]

日本側の見解の一例
インフレーション宇宙論に関しては、たとえば、JAXA宇宙情報センターは次のように記述している。「佐藤勝彦がインフレーション理論を発表したのは1981年である。佐藤とほぼ同時期にアラン・ハーヴェイ・グースも同じくインフレーション理論を発表しているが、論文の発表は佐藤のほうが先である」[10]
指数関数的膨張モデルとインフレーション
ただし、事実関係として優先順位を知りたいというなら、以下の幾つかの文章が助けになるであろう。「インフレーション」という用語を初めて使用したのはA.グースである[6]。佐藤は、最初は「指数関数的膨張モデル」という用語を用いていた。「私は当初、このモデルを『指数関数的膨張モデル』と呼びました。しかし、私の半年後に同様のモデルを発表したアメリカの宇宙物理学者グースが『インフレーション宇宙モデル』という巧みな名前をつけました。そのために現在ではインフレーション理論という名前で呼ばれています」[11]

人物[編集]

京都大学大学院時代において、無給の助手として4年間に渡り研究を行う。博士号取得は、「超新星爆発におけるニュートリノによるエネルギー輸送」に関する研究の論文による。博士号授与後、精密な計算手法を確立し、何編もの論文を書く、これによって京都大学助手に就任。その後、助手時代に書いた論文が認められ、北欧理論物理学研究所に赴任。ここで、一般相対性理論と量子力学の融合の研究を行う。この時に、提唱したのが、現在は「インフレーション宇宙論」として知られる論文。帰国後、京都大学から東京大学に移り、理学系研究科にて研究を行う。

「初期宇宙の探求」では、マグナム望遠鏡富士山頂サブミリ波望遠鏡などの建設に際して、調印などの式典に参加。「極限対称系」では、超弦理論超対称性理論の研究を行う研究者の招請などを行う。また自然科学研究機構の機構長として、アルマ望遠鏡の国際共同運用についての署名を行った[12][13][14]。現在は、学内では数物連携宇宙研究機構において、主任研究員を兼務している。主な研究テーマは、数学から物理学へのアプローチなど。

その他[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 新しい宇宙の探究(岩波書店 1990年)
  • ビッグバン理論からインフレーション宇宙へ(徳間書店 1991年)
  • 壷の中の宇宙(二見書房 1991年)
  • 宇宙はわれわれの宇宙だけではなかった(同文書院 1991年)
  • 現代の宇宙像・宇宙はいかに誕生したか?(培風館 1991年)
  • 宇宙96%の謎 最新宇宙学が描く宇宙の本当の姿(実業之日本社 2003年)
  • 図解 相対性理論がみるみるわかる本 (PHP研究所 2003年)
  • アインシュタインの考えた宇宙 進化する相対性理論と最新宇宙学(実業之日本社 2005年)[15]
  • 眠れなくなる宇宙のはなし(宝島社 2008年)
  • アインシュタインの宇宙 最新宇宙学と謎の「宇宙項」(角川学芸出版 2009年)
  • ますます眠れなくなる宇宙のはな​し~「地球外生命」は存在するの​か (宝島社 2011年)
  • 気が遠くなる未来の宇宙のはなし(宝島社 2013年)

共著[編集]

訳書[編集]

監修書[編集]

  • マンガ宇宙論入門
  • マンガ難解宇宙論入門(二見書房)
  • 天才バカボンパパ最新宇宙論探検(同文書院 1991年)
  • 「相対性理論」を楽しむ本(PHP研究所 1998年12月)ISBN 4569572162
  • 最新素粒子論(ナツメ社 1997年)
  • 最新宇宙論と天文学を楽しむ本(PHP研究所 1999年11月)ISBN 4569572995
  • 「量子論」を楽しむ本(PHP研究所 2000年4月)ISBN 4569573908
  • 最新量子論(ナツメ社 2000年)
  • 大宇宙・七つの不思議(PHP研究所 2005年4月)ISBN 4569663664
  • 宇宙論I 第2版: 宇宙のはじまり (シリーズ現代の天文学第2巻)(日本評論社 2012年6月)ISBN 4535607397

テレビ出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 天体核研究室卒業生一覧”. 京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 物理学第二分野 天体核研究室. 2015年10月20日閲覧。
  2. ^ a b c 戸谷友則公式サイト”. 東京大学 大学院理学系研究科 天文学専攻 理論宇宙物理・宇宙論研究グループ. 2015年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 日本の天文学者の系図”. 2015年10月20日閲覧。
  4. ^ “文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人”. 朝日新聞デジタル. (2014年10月24日). http://www.asahi.com/articles/ASGBQ46FTGBQUCVL001.html 2015年10月20日閲覧。 
  5. ^ Sato, K. (1981年). “First-order phase transition of a vacuum and the expansion of the Universe”. Monthly Notices of Royal Astronomical Society 195 (3): 467. Bibcode 1981MNRAS.195..467S. doi:10.1093/mnras/195.3.467. 
  6. ^ a b Guth, A. H. (1981年). “The Inflatsonary Universe: A Possible Solution to the Horizon and Flatness Problems”. Phys. Rev. D 23 (2): 347. Bibcode 1981PhRvD..23..347G. doi:10.1103/PhysRevD.23.347. 
  7. ^ “10-35 seconds after the Big Bang”, SLAC seminar, (23rd January, 1980)  see Guth (1997), pg 186
  8. ^ Starobinsky, A. A. (1979年). “Spectrum Of Relict Gravitational Radiation And The Early State Of The Universe”. JETP Lett. 30: 682. ; Pisma Zh. Eksp. Teor. Fiz. 30: 719. (1979年). 
  9. ^ Starobinsky, Alexei A. (1980年). “A new type of isotropic cosmological models without singularity”. Phys. Lett. B91: 99–102. 
  10. ^ 佐藤勝彦”. JAXA, 宇宙情報センター. 2015年10月20日閲覧。
  11. ^ 佐藤勝彦著『相対性理論から100年でわかったこと』(PHP研究所 (2010/9/18) ISBN 978-4569774824)203ページ
  12. ^ 自然科学研究機構と韓国天文宇宙科学研究院、アルマ望遠鏡に関する協定書に署名”. 国立天文台. 2016年5月26日閲覧。
  13. ^ 国立天文台と台湾中央研究院天文及天文物理研究所、アルマ望遠鏡に関する協定書に署名”. 国立天文台. 2016年5月26日閲覧。
  14. ^ アルマ望遠鏡運用に関する三者協定書に署名”. 国立天文台. 2016年5月26日閲覧。
  15. ^ 筆者が多忙な時期に重なったため、実業之日本社の編集者が黒板などに板書した説明などを元に編集した書籍。

外部リンク[編集]