重渕雅敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重渕 雅敏(しげふち まさとし、1935年7月4日 - 2017年5月3日)は、日本の技術者実業家東陶機器(現TOTO代表取締役社長や、同社代表取締役会長、日本セラミックス協会会長、北九州商工会議所会頭などを務めた。

人物・経歴[編集]

福岡県田川郡添田町生まれ。福岡県立田川高等学校を経て[1]、1958年九州大学工学部卒業、東洋陶器(現TOTO)入社。1983年取締役。1987年常務取締役。1992年専務取締役。1994年代表取締役副社長[2]

1998年から東陶機器代表取締役社長を務め[2]、人員削減などの経営改革にあたり、また、大建工業YKK APと業務提携しリフォーム事業の確立を行った[3][4]。2003年代表取締役会長[2]

2004年日本セラミックス協会会長[5]北九州商工会議所会頭。2009年TOTO相談役[2]。2013年旭日重光章受章[6]。2014年TOTO特別顧問。2017年肺炎のため死去。享年81[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
江副茂
TOTO(旧東陶機器)会長
2003年 - 2009年
次代:
木瀬照雄
先代:
平野眞一
日本セラミックス協会会長
2004年 - 2005年
次代:
牧島亮男