芝田徹心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しばた てっしん
芝田 徹心
Tesshin Shibata.jpg
生誕 (1879-02-25) 1879年2月25日
三重県三重郡四郷村(現・四日市市
死没 (1950-02-06) 1950年2月6日(70歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文科大学
職業 教育者官吏

芝田 徹心(しばた てっしん、1879年明治12年)2月25日[1] - 1950年昭和25年)2月6日[2])は、日本文部官僚女子学習院長宮中顧問官

経歴[編集]

三重県三重郡四郷村(現在の四日市市)出身[1]1903年(明治36年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業し、大学院で宗教哲学・倫理学を専攻した[3]高輪中学校教諭、順天中学校教諭、高輪仏教大学教授、日蓮宗大学教授、曹洞宗大学教授、第八高等学校講師、同教授・教務課長、愛知医学専門学校講師を務めた[1][3]。さらに文部省督学官、第八高等学校校長、文部省図書局長を歴任[3]1936年(昭和11年)、東京美術学校校長に就任し、1940年(昭和15年)に女子学習院長に転じた[3]1945年(昭和20年)に退官して宮中顧問官となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大衆人事録 1930.
  2. ^ 20世紀日本人名事典 2004.
  3. ^ a b c d 日本官界名鑑 1942.
  4. ^ 『官報』第5407号、昭和20年1月26日。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十七年版』日本官界情報社、1942年。
  • 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年。

関連文献[編集]

  • 舘かおる 「芝田徹心」(下中邦彦編 『日本人名大事典 現代』 平凡社、1979年7月)


その他の役職
先代:
校長事務取扱
鷹谷俊之
千代田女子専門学校
1945年 - 1948年
次代:
鷹谷俊之