田村春吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村春吉

田村 春吉(たむら はるきち、1883年明治16年)4月28日[1][2] - 1949年昭和24年)5月17日[3])は、日本医学者。名古屋帝国大学・名古屋大学総長

経歴[編集]

東京府出身。第一高等学校を経て、1910年(明治43年)に東京帝国大学医科大学を卒業[1][4][5]。同大学副手、助手を経て、1916年大正5年)に愛知県立医学専門学校教授に就任し、愛知県立病院皮膚科部長を兼ねた[1]1918年(大正7年)、医学博士の学位を得た[1]1919年(大正8年)より皮膚科学研究のためスイスに留学し、チューリッヒ大学で学んだ[1]1923年(大正12年)に帰国し、医学専門学校の大学昇格に伴って県立愛知医科大学教授となり、1926年(大正15年)には同附属病院院長となった[1]1931年(昭和6年)に大学の官立移管に伴って名古屋医科大学教授となり、翌年には学長に就任した[6]1939年(昭和14年)、名古屋医科大学が名古屋帝国大学に改組されると教授・医学部長を務めた[4]。戦後に総長に就任した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 大日本博士録 1926, pp. 313-314.
  2. ^ 『大衆人事録 第11版』では4月15日。
  3. ^ 『1950年版 朝日年鑑』朝日新聞社、1949年。
  4. ^ a b 人事興信録 1941.
  5. ^ 『大衆人事録 第11版』『人事興信録 第15版』では1911年卒業。
  6. ^ 大衆人事録 1935.
  7. ^ 人事興信録 1948.

参考文献[編集]

  • 井関九郎『大日本博士録 第参巻』発展社、1926年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第11版』帝国秘密探偵社、1935年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(下)』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版(下)』人事興信所、1948年。