勝沼精蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1955年

勝沼 精蔵(かつぬま せいぞう、1886年明治19年)8月28日 - 1963年昭和38年)11月9日)は、兵庫県神戸市生まれの医学者医学博士。専門は血液学神経病学名古屋帝国大学医学部教授、第三代目名古屋大学総長、第三代目国立名古屋病院院長を務めた[1]

生前、1953年にノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[2]

略歴[編集]

脳の電気活動記録を指す "Electroencephalogram" の訳語として「脳波」を提唱した[4]

来歴・人物[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “医を拓く 名古屋大学医学部150年”. 中日新聞朝刊: p. 16. (2021年12月8日) 
  2. ^ Nomination Database
  3. ^ 日本血液学の歩み日本血液学会
  4. ^ a b 時実利彦・藤森聞一・島薗安雄・佐野圭司 『新脳波入門』南山堂、東京、1959年、2頁。 
  5. ^ 官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。