松坂佐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松坂 佐一(まつさか さいち、1898年11月13日 - 2000年3月11日)は、日本民法学者。現在の倉敷市生まれ。名古屋大学名誉教授従三位勲二等旭日重光章

略歴[編集]

小学校を卒業後上京し、東京府立第一中学校第一高等学校を経て1923年東京帝国大学法学部卒業京城帝国大学教授愛知大学教授名古屋大学法学部教授、名古屋大学総長NHK経営委員会委員などを歴任し、晩年は研究の傍ら弁護士としても活躍[1]

業績[編集]

債権者代位権債権者取消権不当利得法、履行補助者の法理など債権総論の研究を中心に成果を残す。その代表的著書『民法提要』は、我妻栄の学説に従った穏当で簡潔な記述がなされていることから、公務員試験司法試験受験生の間において広く用いられた。

著作[編集]

  • 『履行補助者の研究』(岩波書店
  • 『債権者代位権の研究』(有斐閣
  • 『不当利得論』(有斐閣)
  • 『民法提要(総則)』(有斐閣)
  • 『民法提要(物権法)』(有斐閣)
  • 『民法提要(債権総論)』(有斐閣)
  • 『民法提要(債権各論)』(有斐閣、初版1962年、4版1992年)
  • 『民法提要(親族法・相続法)』(有斐閣、初版1956年、5版1993年)
  • 『債権者取消の研究』(有斐閣)
  • 『事務管理・不当利得(法律学全集)』(有斐閣)
  • プラトンと法律』(名古屋大学出版会

脚注[編集]

[ヘルプ]