碧海郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛知県碧海郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

碧海郡(へきかいぐん)は、愛知県三河国)にあった

郡域[ソースを編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

碧南市・刈谷市・安城市・知立市・高浜市の5市は碧海5市と呼ばれる。

歴史[ソースを編集]

大宝年間以前は、「青見」(あおみ)と表記された。『新撰姓氏録』には、「持統天皇の御代、参河国青海郡」と書かれている。古代木簡によれば、「青見」は青見評(あおみのこおり)にあった青見里(あおみのさと)とされているが、命名の由来は不明である。青見里は、現在の安城市付近にあった里の名前である。後に、「青見」(あおみ)から「碧海」(あおみ)へと表記が変遷した[1]

和名抄』によれば、碧海郡は智立(知立市)・采女(不明)・刑部(安城市・刈谷市)・依網(不明)・鷲取(岡崎市)・谷部(岡崎市)・ 大市(不明)・碧海(岡崎市)・樻禮(不明)・呰見(西尾市)・河内(岡崎市)・櫻井(安城市)・大岡(安城市)・薢野(不明)・驛家(岡崎市)の15のを有した。古代木簡には、「知利布」または「知立」(ちりゅう・知立市)、東海道駅家だった「鳥取」(ととり・安城市)、「鷲取郷」(安城市)、「櫻井」(さくらい・安城市)、「采女」「長谷部」(岡崎市)などの郷の名が書かれている。927年成立の延喜式では、三河三駅の1つとして、鳥捕駅(岡崎市)が見える[2][3][4][5]

また、律令制当時は矢作川は現在の川筋(江戸時代初頭に開削)ではなく、矢作古川が本流であったため、西尾と安城は陸続きであったと思われる。よって、西尾市域のうち、南中根・米津だけでなく、志貴野辺りも旧碧海郡と推定されている。碧海郡と幡豆郡の境は、八ツ面山と推定されている。

近世以降、碧海郡は「へきかいぐん」(通常は「へっかいぐん」)と呼ばれた。江戸時代末期の天保年間の石高は9万石で、当時の三河国内の8郡で最大の石高を誇った。明治以降は明治用水の開発に伴う10万石以上の収量増がなされた。明治に入ると、郡役所は知立町(現・知立市)に設置されたが、1914年に安城町(現・安城市)へ移転した。

近世以降の沿革[ソースを編集]

  • 福桶村 ← 上福桶村、下福桶村
  • 土井村 ← 上土井村、下土井村
  • 枡塚村 ← 馬場村、粟寺村
  • 大友村 ← 東大友村、西大友村
  • 矢作村 ← 西矢作村、東矢作村
  • 渡村 ← 上渡村、下渡村
  • 逢見村 ← 泉田村、今岡村、今川村
  • 宗定村 ← 上宗定村、下宗定村


  • 石井新田が城ヶ入村に、葭生場村が前浜新田に、二軒屋村が正名村に、西野新田が北野村に、八村が新堀村に、犬ヶ坪村が小垣江村に、新百姓村が八ツ橋村にそれぞれ合併。
  • 桜井村の一部が分立して東町村となる。
  • 中根村(現・豊田市)が北中根村に、高橋新田が高橋村にそれぞれ改称。
  • 明治16年(1883年)(158村)
    • 大浜村の一部が分立して北大浜村となる。
    • 棚尾村の一部が分立して北棚尾村となる。
  • 明治17年(1884年)(158村)
    • 大友村が分割して西大友村・東大友村となる。
    • 東本郷村の一部が分立して北本郷村となる。
    • 山崎村の一部が分立して北山崎村となる。
    • 古新田村・新々田村が合併して幡豆郡志貴野村となる。
    • 牧内新田村が別郷村に合併。

町村制以降の沿革[ソースを編集]

1.知立町 2.刈谷町 3.大浜町 4.上重原村 5.下重原村 6.元刈谷村 7.小垣江村 8.吉浜村 9.高浜村 10.北大浜村 11.志貴崎村 12.棚尾村 13.鷲塚村 14.根崎村 15.東端村 16.西端村 17.高取村 18.高棚村 19.和泉村 20.城ヶ入村 21.米津村 22.三ツ川村 23.小川村 24.桜井村 25.古井村 26.赤松村 27.福釜村 28.箕輪村 29.野田村 30.長崎村 31.安城村 32.平貴村 33.中郷村 34.藤野村 35.阿乎美村 36.中島村 37.占部村 38.糟海村 39.本郷村 40.矢作村 41.長瀬村 42.志貴村 43.里村 44.今村 45.牛橋村 46.若園村 47.和会村 48.上野村 49.枡塚村 50.畝部村 51.寿恵野村 52.竹村 53.堤村 54.駒場村 55.境村 56.逢見村 57.一ツ木村 58.小山村 59.逢妻村(紫:岡崎市 下桃:碧南市 赤:刈谷市 上桃:豊田市 橙:安城市 水色:西尾市 黄:知立市 緑:高浜市)
  • 明治23年(1890年10月20日 - 高棚村が分割して榎前村高棚村がそれぞれ発足。(3町57村)
  • 明治24年(1891年
    • 4月1日 - 郡制を施行。
    • 9月8日(3町59村)
      • 志貴崎村の一部(伏見屋新田)が分立して伏見屋村が発足。
      • 藤野村の一部(東牧内・上佐々木・下佐々木・河野)が分立して志賀須香村が発足。
    • 9月14日 - 境村の一部(東境)が分立して東境村が発足。(3町60村)
    • 11月10日 - 阿乎美村が分割し、一部(合歓木・福桶・高橋)に合歓木村、残部(上青野・下青野・在家)に青野村がそれぞれ発足。(3町61村)
    • 11月28日 - 下重原村が分割し、一部(半城土・高須)に半高村、残部(下重原)に重原村がそれぞれ発足。(3町62村)
  • 明治25年(1892年8月3日 - 北大浜村が町制施行・改称して新川町となる。(4町61村)
  • 明治26年(1893年2月19日 - 矢作村が町制施行して矢作町となる。(5町60村)
  • 明治29年(1896年6月22日 - 糟海村の一部(中之郷・土井)が分立して中井村が発足。(5町61村)
  • 明治33年(1900年7月9日 - 高浜村が町制施行して高浜町となる。(6町60村)
  • 明治34年(1901年4月4日 - 本郷村の一部(渡・筒針)が分立して渡村が発足。(6町61村)
  • 明治39年(1906年
    • 5月1日 - 以下の町村の統合が行われる。いずれも新設合併。(7町9村)
      • 高浜町 ← 高浜町、吉浜村、高取村
      • 知立町 ← 知立町、牛橋村、上重原村、長崎村[西中・谷田・八ツ田]
      • 安城町 ← 長崎村[篠目]、里村、箕輪村、福釜村、赤松村、今村、安城村、平貴村、古井村
      • 桜井村 ← 藤野村、桜井村、小川村、三ツ川村
      • 明治村 ← 米津村、西端村、東端村、根崎村、城ヶ入村、和泉村、榎前村
      • 依佐美村 ← 高棚村、小垣江村、野田村、半高村、長崎村[井杭山]
      • 刈谷町 ← 刈谷町、重原村、小山村、逢妻村、元刈谷村
      • 富士松村 ← 境村、東境村、一ツ木村、逢見村
      • 上郷村 ← 畝部村、寿恵野村、枡塚村、上野村、和会村
      • 高岡村 ← 駒場村、若園村、堤村、竹村
      • 六ツ美村 ← 占部村、糟海村、中井村、中島村、合歓木村、青野村
      • 矢作町 ← 中郷村、矢作町、本郷村、長瀬村、志貴村、志賀須香村
    • 7月1日 - 志貴崎村・伏見屋村・鷲塚村が合併して旭村が発足。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正13年(1924年1月1日 - 棚尾村が町制施行して棚尾町となる。(8町8村)
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和23年(1948年4月5日 - 大浜町・新川町・棚尾町・旭村が合併して碧南市が発足し、郡より離脱。(5町7村)
  • 昭和25年(1950年)4月1日 - 刈谷町が市制施行して刈谷市となり、郡より離脱。(4町7村)
  • 昭和27年(1952年5月5日 - 安城町が市制施行して安城市となり、郡より離脱。(3町7村)
  • 昭和30年(1955年)4月1日(2町4村)
    • 富士松村および依佐美村の一部(野田・半城土・高須・小垣江)が刈谷市に編入。
    • 依佐美村の残部(井杭山・二本木・高棚)が安城市に編入。
    • 明治村の一部(西端)が碧南市に、一部(東端・根崎・榎前・城ヶ入・石井)が安城市に、残部(米津・南中根)が西尾市にそれぞれ編入。
    • 矢作町が岡崎市に編入。
  • 昭和31年(1956年
    • 5月1日 - 高岡村が町制施行して高岡町となる。(3町3村)
    • 6月5日 - 桜井村が町制施行して桜井町となる。(4町2村)
  • 昭和33年(1958年10月15日 - 六ツ美村が町制施行して六ツ美町となる。(5町1村)
  • 昭和36年(1961年)4月1日 - 上郷村が町制施行して上郷町となる。(6町)
  • 昭和37年(1962年10月15日 - 六ツ美町が岡崎市に編入。(5町)
  • 昭和39年(1964年3月1日 - 上郷町が豊田市に編入。(4町)
  • 昭和40年(1965年9月1日 - 高岡町が豊田市に編入。(3町)
  • 昭和42年(1967年)4月1日 - 桜井町が安城市に編入。(2町)
  • 昭和45年(1970年12月1日 - 以下の変更により碧海郡消滅。
    • 知立町が市制施行して知立市となり、郡より離脱。
    • 高浜町が市制施行して高浜市となり、郡より離脱。

郡消滅後[ソースを編集]

1948年碧南市が誕生して以降、郡内では市制施行や市町村合併により自治体数が減り、1970年12月1日に知立町・高浜町が市制を施行しそれぞれ知立市および高浜市になったのに伴い、碧海郡は消滅した。

「碧海」の名前は、碧海信用金庫信用金庫名として残っている。また、旧碧海電気鉄道線だった名古屋鉄道西尾線碧海古井駅が「碧海」の冠称を付けている(以前は碧海桜井駅、碧海堀内駅も存在したが、2008年6月29日にそれぞれ桜井駅堀内公園駅に改称した)。さらに、この地方にあるケーブルテレビ局・キャッチネットワークの旧社名は「碧海キャッチネットワーク」であり、かつてのサービス範囲は碧海5市のみであった。

碧海郡が消滅した後は、安城・刈谷・高浜・知立・碧南各市が「碧海5市」と呼ばれるようになった。碧海5市間では、市民の図書館相互利用サービスのように一部分野で広域行政が進められている。消防業務も、かつて5市にそれぞれ存在した消防本部を廃止し、代わりに5市を管轄する「衣浦東部広域連合消防局」が5市の消防業務を担っている。また、5市にあった農協は1996年4月に合併し、あいち中央農業協同組合(JAあいち中央)になった。

平成の大合併の時期には、碧海5市合併による「碧海市」構想が持ち上がったが、碧南市が住民投票の結果を受けて離脱を表明して以来は進展していない。5市合併が実現すれば、東海3県では名古屋市に次ぐ50万都市となる。しかしながら、各市がそれぞれ固有の長い歴史と風土を持ち、財政等の諸条件が違い、碧海郡という概念自体も薄れており、さらには合併によるメリットも考えにくいため、一般市民の間で積極的に合併を望む声は大きいとは言えない。

現在、自動車工業を中心とする工場の集積や、名古屋圏ベッドタウン化などにより、旧郡域人口はおよそ70万人、人口密度も旧三河国の8郡内で最高である。

変遷表[ソースを編集]

交通[ソースを編集]

道路[ソースを編集]

国道
県道
主な里道
  • 鉄道沿線
  • 福岡線
  • 城ヶ入線
  • 新川線
  • 北部線
  • 渡刈線
  • 挙母線
  • 鷲塚線
  • 大浜線

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 京都大学貴重資料画像 和名類聚抄 参河国碧海郡
  2. ^ 「駅家郷(古代)」角川日本地名大辞典(旧地名編)
  3. ^ 「谷部郷(古代)」「角川日本地名大辞典(旧地名編)」
  4. ^ [日本地理志料―古代地名辞書 (1966年)]
  5. ^ 大日本地名辞書
  6. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  7. ^ 記載は前浜新田ノ内葭生場。
  8. ^ 元百姓屋敷除地が存在。
  9. ^ 記載は知立町。
  10. ^ 記載は刈谷町。
  11. ^ 丹羽平馬除地が存在。
  12. ^ 記載は上ノ郷村。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]