児玉桂三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

児玉 桂三(こだま けいぞう、1891年明治24年)6月17日 - 1972年昭和47年)10月1日)は、日本生化学者。滋賀県出身。東京帝国大学(現東京大学)卒業。

経歴[編集]

東京帝国大学卒業後、愛知医科大学、九州帝国大学(現九州大学)教授を歴任し、1943年昭和18年)に東京帝国大学教授となり後に医学部長に就任。その後、1953年昭和28年)から1965年(昭和40年)まで徳島大学学長を務めた。また1963年阿南工業高等専門学校校長に就任。

1964年に社団法人日本栄養・食糧学会より功労賞受賞。1965年勲二等旭日重光章受章、1972年正三位叙位[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本電気泳動学会総会 歴代総会長
先代:
中田篤郎
第2代 徳島大学学長
1953年 - 1965年
次代:
長谷川万吉