波頭亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波頭 亮(はとう りょう、1957年12月8日 - )は、日本経営コンサルタント経済評論家。経営コンサルティング会社社長。

略歴・人物[編集]

愛媛県今治市生まれ。愛媛県立今治西高等学校を経て、1980年東京大学経済学部を卒業。学生時代は読書をしたり思索に耽ったりといった時間が大半を占めていた。ユニバーサルバンキングに興味を持って都市銀行に就職するも、描いていた銀行像と実際の銀行との違いを肯定的に受容できずわずか1ヶ月で退職、その後は自然科学、思想、哲学、経営戦略などあらゆるジャンルの本を読んで勉強に励みながら、家庭教師、テニスコーチ、コンピュータのプログラミング、地図の作成といったアルバイトを転々とするフリーター生活を送る。

そんな折バイトで訪れたマッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社に興味を持ち、1982年にインターンとして入社。主任研究員となり、国家政策づくり、金融、食品メーカー、消費材など幅広い業界における経営コンサルタントとして活躍。1988年独立し、経営コンサルティング会社(株)XEEDを設立した。

経営戦略系コンサルティングの活動を続ける一方、社会ビジョンや政策を提起する経済評論家としても注目されている。

理事長に鳩山由紀夫を有する一般財団法人東アジア共同体研究所に理事に就任。

著書[編集]

  • 『成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ』(ちくま新書)など

外部リンク[編集]