SBクリエイティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SBクリエイティブ株式会社
SB Creative Corp.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木2-4-5
設立 1999年3月24日
業種 情報・通信業
事業内容 デジタルコンテンツ事業、出版事業、企画制作事業
代表者 土橋康成 (代表取締役社長)
資本金 1億円
主要株主 SBメディアホールディングス株式会社 100%
外部リンク http://www.softbankcr.co.jp/
テンプレートを表示

SBクリエイティブ株式会社SB Creative Corp.)は、日本の情報通信業者ソフトバンクグループの系列出版社コンピュータITコンピュータゲーム関連の書籍や、ビジネス書、ライトノベル、文庫、新書等の発行を主業務とし、電子書籍事業、デジタルサイネージ事業、ブロードバンドコンテンツ育成事業も手掛ける。

現在は、ソフトバンクグループ内で出版・ブロードバンドコンテンツなどのメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社中間持株会社)「SBメディアホールディングス株式会社」(SB Media Holdings Corp.SMH)の傘下にある。

概要[編集]

創設当時の日本ソフトバンク(現、ソフトバンクグループ)の出版部がその前身となっており、「Oh!PC」などに代表される、当時は珍しかったパソコン機種別の雑誌を発行。以後も「Beep」「C MAGAZINE」などの雑誌を発行してきている。

2005年に、ソフトバンクパブリッシングソフトバンク・メディア・アンド・マーケティングなどが合併し、ソフトバンク クリエイティブ株式会社となった。2013年に現在の社名に商号変更している。(詳しくは、沿革を参照)

2006年には、GA文庫ライトノベル)とソフトバンク新書(一般新書)、サイエンス・アイ新書(科学新書)、2007年にはソフトバンク文庫(一般文庫)を発刊するなど、当初のコンピュータ系出版社から総合出版社への転身を図っている。

沿革[編集]

  • 1981年 - 孫正義によってパソコンソフト卸会社、日本ソフトバンクとして設立。
  • 1982年 - 出版部を設立、「Oh!PC」「Oh!MZ」を創刊。
  • 1990年 - ソフトバンク株式会社に商号変更。
  • 1999年 - 3月にソフトバンク パブリッシング株式会社(以下旧社)設立、事業持株会社制を導入し、ソフトバンク本体の持つ出版事業を同社に営業譲渡。また12月には子会社としてソフトバンク・ジーディーネット株式会社(現・アイティメディア株式会社)を設立。
  • 2000年 - 旧社、ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社(SBMM)に商号を変更。各事業分野における事業統括会社制を導入。新会社ソフトバンク パブリッシング株式会社(SBP)を設立し、同社に出版事業を営業譲渡。
  • 2005年 - 中間持株会社のソフトバンク メディアマーケティング ホールディングス株式会社(現・SBメディアホールディングス株式会社)を設立、SBMM、SBP、SBMMクリエイティブ株式会社が合併し、ソフトバンク クリエイティブ株式会社に商号変更。
  • 2006年 - 1月にGA文庫、3月にソフトバンク新書を、10月にサイエンス・アイ新書を創刊。
  • 2007年 - 11月に、ソフトバンク文庫を創刊。
  • 2013年 - 10月に、SBクリエイティブ株式会社へ商号変更。

主な発行物[編集]

現在発行されている雑誌[編集]

2013年現在紙媒体での定期的な雑誌発行は行われていない。

過去に発行されていた雑誌[編集]

発行・発売書籍[編集]

運営Webサイト[編集]

かつて運営していたWebサイト[編集]

関連会社[編集]

  • アイティメディア株式会社
  • SBヒューマンキャピタル株式会社
  • リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社
  • トライベック・ストラテジー株式会社
  • セガ(セガハード事業時代に関わったゲーム会社。同社から発売される攻略本やセガハード関連雑誌を取り扱った)

外部リンク[編集]