清水季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水季子 (しみず ときこ)は、日本銀行家日本銀行において女性初の支店長、審議役、欧州統括役、名古屋支店長を歴任。現在は日本銀行理事。

人物[編集]

東京都出身[1]

1987年東京大学工学部を卒業後、日本銀行入行。金融市場局や国際局などの勤務を経て、2010年、日本銀行創設以来初の女性支店長として高松支店長に就任する。

2012年以降は、金融機構局上席考査役、国際局審議役[2]を経て、2016年ロンドン・パリフランクフルトの欧州三事務所を束ねる欧州統括役ロンドン事務所長[3]

2018年名古屋支店長に就任。支店で大阪支店に次ぐ規模であり、理事も多数輩出している名古屋支店長に女性が就くのは初めて[4][5]

2020年5月11日、女性初となる日本銀行理事に任命され[1]、同時に名古屋支店長と兼任する[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c "日銀に初の女性理事、清水名古屋支店長が就任". 日経電子版. 日本経済新聞社. 2020-05-11. 2020年5月11日閲覧
  2. ^ 日銀、清水季子氏が女性初の審議役に” (日本語). 日本経済新聞 (2014年6月9日). 2020年4月27日閲覧。
  3. ^ 日銀、女性初の欧州統括役に清水氏 英で経済分析” (日本語). 日本経済新聞 (2016年7月11日). 2019年4月21日閲覧。
  4. ^ 女性初の日銀名古屋支店長、清水氏「特殊な抱負はない」” (日本語). 日本経済新聞 (2018年4月5日). 2019年3月22日閲覧。
  5. ^ 日銀名古屋支店、女性初の支店長 清水季子氏:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年3月22日閲覧。