御手洗瑞子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

御手洗 瑞子(みたらい たまこ、1985年 - )は、日本の実業家。株式会社気仙沼ニッティング代表取締役。

東京都出身。田園調布雙葉高等学校を経て、東京大学経済学部卒業。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2010年9月から1年間、ブータンにて初代首相の特別研究員(フェロー)を務め、同国の観光産業の育成に従事した。

日本に帰国してからは2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興プロジェクトに参加し、震災の後で何ができるだろうかと模索していた途中に、糸井重里から声をかけられる形で気仙沼ニッティングの仕事を引き受けることになったという[1]

著書[編集]

  • 『ブータン、これでいいのだ』新潮社、2012年(2016年に新潮文庫化)
  • 『気仙沼ニッティング物語 いいものを編む会社』新潮社、2015年

メディア[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞桐Glove Breakthrough http://globe.asahi.com/breakthrough/2018013000003.html 2018年3月2日閲覧
  2. ^ 「カンブリア宮殿}公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0302/

外部リンク[編集]