白木夏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白木 夏子(しらき なつこ、1981年8月29日 - )は、エシカルジュエリービジネス(倫理的に正しい宝飾品)のジュエリーブランドHASUNA』の代表取締役社長CEO社会起業家

経歴[編集]

鹿児島県出身。愛知県名古屋市南山短期大学を卒業後、ロンドン大学キングスカレッジで開発地理学を学ぶ。 ロンドン大学卒業後は国連人口基金アジア開発銀行研究所にてインターンを経験し、株式会社クリード(その後倒産)を経て2009年4月HASUNA Co.,Ltd.株式会社HASUNA)を設立。

現在、同社代表取締役としてジュエリーブランド事業を展開する。

エシカルジュエリーの日本での第一人者として日経WOMANウーマン・オブ・ザ・イヤー 2011」キャリアクリエイト部門を受賞。

  • 2009年 HASUNA Co.,Ltd.設立。代表取締役に就任。
  • 2011年 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞。
  • 2011年 世界経済フォーラムGlobal Shapersに選出。
  • 2011年 AERA「日本を立て直す100人」に選出。
  • 2012年 APEC(ロシア)日本代表団としてWomen and Economy会議に参加。
  • 2013年 世界経済フォーラム(ダボス会議)に参加。
  • 2014年 Women of the Future Summitに参加。
  • 2014年 内閣府「選択する未来」委員会 委員に選出。
  • 2014年 Forbes誌「未来を創る日本の女性10人」に選出。

経営者として[編集]

ロンドン大学在学中に訪れたインド最貧困層の鉱山労働者達の姿にショックを受け、ジュエリービジネスを通じた貧困問題の解決を考え、素材の製造・調達過程を可視化し途上国現地への還元を最大化するエシカルジュエリーの製造販売を行う会社を立ち上げる。

自らアフリカ・中南米・アジアなどに赴き、独自ルートで金やダイヤモンドなどの素材調達を行いジュエリーを製造販売している。

社名の由来は“蓮の花”。アジアなどの地域で蓮の花が浄化の象徴と言われていることから、貧困などの途上国諸問題を浄化しながら美しいジュエリーを作ることと重ねた。

出演[編集]

テレビ[編集]

著書[編集]

  • 『世界と、いっしょに輝く―エシカルジュエリーブランドHASUNAの仕事』 (著者:白木夏子、聞き手(ライター):生駒尚美、編集:川口恵子/ナナロク社/2013年2月15日)
    • (関連書として、白木の語りを文章化した「聞き手(ライター)」である生駒尚美がHASUNAを含む8名のビジネスパーソンを取材した『美しき絆のビジネス~仕事で幸せになる秘訣』繊研新聞社がある)

外部リンク[編集]