大平光代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大平 光代(おおひら みつよ、1965年10月18日 - )は日本の弁護士、元大阪市助役大阪弁護士会所属。

略歴[編集]

兵庫県西宮市生まれ。中学1年の7月に転校した事がきっかけになり、いじめに遭う。中学2年になり、1年次とは違うクラスになり親友も出来たがその年の冬、親友だと思っていた同級生達からいじめられ、そのショックから割腹自殺を図るが発見が早かった事もあり未遂に終わり救命される。死亡には至らなかったため、当時の新聞やマスコミではわずかに公表される程度だけであった(いじめ問題が特に顕著になったのは1986年中野富士見中学いじめ自殺事件)。両親や学校側の強いすすめで中学3年の新学期に復学。新しいクラスに入った光代は当初明るく振舞ったが、前述のいじめ~自殺未遂騒動の影響もありそれまで以上にいじめられる。

居場所を無くし14歳の時、暴走族に入る。この頃美容専門学校を受験し合格したが中退。しばらくして暴力団の世界に入る。16歳の時、組の人間に認めてもらいたいという思いから、彫り師に頼み“観音様に蛇”の刺青を入れる。その年に組長と結婚し、その後離婚する。21歳の時に組を離れて大阪・北新地クラブホステスとして働き始める。

しばらくして、父親の友人である大平浩三郎と再会する。浩三郎はのちに光代の養父となる。浩三郎の強い勧めで立ち直る決意をし、猛勉強を開始。22歳の秋、宅建試験に合格する。その後、司法書士試験に合格。近畿大学法学部通信教育課程に入学。同大学3年の29歳のとき最難関の司法試験に1年間の猛勉強の末一度で合格。弁護士として非行少年の更生に努める。

2000年、波乱の半生を描いた自伝『だから、あなたも生きぬいて』(講談社)を公表する。本書は260万部を超えるミリオンセラーとなる。

助役時代[編集]

2003年12月26日[1]市長当選から間もない關淳一大阪市長(当時)から助役就任を要請され、女性初の大阪市助役に就任する。異例の市役所外部からの人事として話題となる。

2004年秋、大平は中央仏教学院通信教育部専修課程(3年制の通信コース)に入学し、その後卒業する。

同年12月、大阪市の職員厚遇問題が発覚、大々的に報道される。

同月19日、關市長はこの問題を解決するために大阪市福利厚生制度等改革委員会[2]を設置し大平を委員長に任命。

2005年3月7日、關市長が大阪市都市経営諮問会議、本間正明座長を解任。大平は座長に脅迫されたと告げる。(2日後、解任された座長は大平に対して事実ではないとして、反論会見を開いている。)[3][4][5] [6]

同年4月1日、都市経営諮問会議を市改革委員会と統合し市政改革本部が発足、大平が本部長代行に就任[7]

同年10月17日、關市長の辞任に伴い助役を辞任。

助役辞任後[編集]

2006年1月6日、大阪市法律顧問(法令遵守担当)に就任することが市から発表される。

同月7日、大平は就任を辞退。後日、市議会議員から反発を受け辞任したと語った[8]

同年、弁護士との結婚を発表する。

同年9月3日、帝王切開で女児を出産。女児はダウン症、肺高血圧症、心臓病白血病(一過性骨髄異常増殖症)と診断される。

2008年6月、家族と丹波地方の山間の地に移り住む。

2009年4月、龍谷大学客員教授に就任。同年7月27日、竹中ナミとともに「村木厚子さんの完全な名誉回復を願うサイト」を開設する[9]

2013年後藤啓二が代表理事を務める「Think Kids(シンクキッズ)こどもの虐待・性犯罪をなくす会」顧問に就任[10]

2015年大阪市長選挙では自民党の柳本顕候補を支持した[11][12][13][14]。柳本候補は同年11月22日の投票で40万6595票獲得したが約19万票差で大阪維新の会吉村洋文候補に敗れた。

同月21日から30日まで、聞法会館で初の油絵作品展「見えないけれども あるんだよ」を開催した[15][16][17]

学習方法[編集]

集中力を高める方法[編集]

大平は、次の方法で集中力を高め、計画を達成していると述べている[18]

  1. あれもこれも一度にしようと思わない。
  2. したいと思うことを全部紙に書き出す。
  3. 書き出したものに優先順位をつける。
  4. いちばんしたいことが決まったら、それをするためにはどうすればよいのかを考え、紙に書き出す。
  5. それをするのに必要なものだけをそろえる。
  6. 必要なもの以外、目にはいるところには置かない。
  7. すべてにおいて無理な計画は立てない。

暗記のために必要最低限のこと[編集]

大平は、暗記のために必要最低限のことは次の2つだと述べている[19]

  1. 繰り返す。
  2. 関連づけて覚える。

効率良く勉強する一番のコツ[編集]

大平は効率良く勉強する一番のコツについて、「遠回りのように見えても、基礎をきっちり学ぶほうが知識が定着し、応用もきくので効率がいい」、「何と言っても最初に基礎をきちんと身につけることです」と述べている[20]

雑誌連載[編集]

婦人公論[編集]

連載タイトル 掲載
今日を生きる 2008年3月22日号 - 2009年3月7日号
陽だまりの時間 2009年5月7日号 - 2010年8月22日号
大平光代の論語的生活 2011年3月7日号 - 2012年2月22日号

大乗[編集]

連載タイトル 掲載
ひかりの中で 0- 2011年3月

出演[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

絵本[編集]

  • 『はるちゃんのいただきます』 村上祐喜子 絵、本願寺出版社、2010年6月。ISBN 9784894167179
  • 『ひかりの里のハル』 おおひら みつよ ステンドグラス制作・撮影・文、本願寺出版社、2010年10月。ISBN 9784894167186

漫画原作[編集]

  • 『あなたなら、どうする』 高里むつる 漫画、講談社、2004年4月。ISBN 9784062123570

脚注[編集]

  1. ^ 大阪市市政 歴代市長・副市長(助役)
  2. ^ 大阪市市政 大阪市福利厚生制度等改革委員会
  3. ^ 朝日新聞 2005年3月7日
  4. ^ 朝日新聞 関西版 2005年3月10日(記事1)
  5. ^ (記事2)
  6. ^ (記事3)
  7. ^ 大阪市役所内所蔵(pdf)
  8. ^ 朝日新聞 2006年1月12日
  9. ^ 障害者団体向け割引郵便制度悪用事件」を参照。
  10. ^ 児童虐待防止訴えシンポジウム 現状と課題探る 神戸新聞 2013年2月3日
  11. ^ “【大阪ダブル選】関〝市政改革〟真の継承者は?…「我こそが!!」柳本氏、吉村氏はや火花 市長選8日告示”. 産経新聞. (2015年11月6日). http://www.sankei.com/west/news/151106/wst1511060038-n1.html 2015年11月7日閲覧。 
  12. ^ 「柳本あきら君を励ます会」第1部 柳本あきら記念講演”. 柳本あきらチャンネル (2015年10月26日). 2015年11月7日閲覧。
  13. ^ 元大阪市助役 大平光代さんから柳本あきらへの応援メッセージ”. 柳本あきらチャンネル (2015年11月19日). 2015年11月21日閲覧。
  14. ^ 大阪市元助役 大平光代さん 天神橋筋商店街で柳本あきらを応援”. 柳本あきらチャンネル (2015年11月21日). 2015年11月25日閲覧。
  15. ^ 大平光代弁護士が、油絵作品展―見えないけれども あるんだよ―を開催します”. 梅田総合法律事務所 (2015年10月21日). 2015年11月7日閲覧。
  16. ^ ダウン症の娘「はるちゃん」と生き生き暮らす弁護士「大平光代さん」が、絵の個展を開催されます!!”. ナミねぇのブログ (2015年10月23日). 2015年11月7日閲覧。
  17. ^ “見えないもの信じて◇大平光代さん下京で油絵展 病と闘ってきた長女描く”. 読売新聞. (2015年11月21日). http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20151120-OYTNT50344.html 2015年11月25日閲覧。 
  18. ^ 『働く女性の人生を変える英語勉強法』三笠書房〈知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ〉、2011年、9および168 - 170頁
  19. ^ 『働く女性の人生を変える英語勉強法』三笠書房〈知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ〉、2011年、126-128頁
  20. ^ 『大平光代のくじけない生き方―“自分らしい”幸せをつかむ75のヒント』2012年、181 - 182頁
  21. ^ スタッフ日記 大平光代さんが来て下さいました”. おはようパーソナリティ道上洋三です (2015年11月9日). 2015年11月28日閲覧。

参考[編集]

映像

外部リンク[編集]