国立スポーツ科学センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立スポーツ科学センター
Japan Institute of Sports Sciences.JPG
情報
階数 地上7階・地下1階
竣工 2001年
所在地 115-0056
東京都北区西が丘3-15-1
座標 北緯35度46分4.3秒 東経139度42分31.5秒 / 北緯35.767861度 東経139.708750度 / 35.767861; 139.708750
テンプレートを表示

国立スポーツ科学センター(こくりつスポーツかがくセンター、英称Japan Institute of Sports Sciences、略称:JISS)は、日本スポーツの国際競技力向上を目的に、東京都北区西が丘に設置されたスポーツ科学・医学情報研究推進の中枢機関。

概要[編集]

独立行政法人日本スポーツ振興センターの組織下におかれ、国が定めた「スポーツ振興基本計画」の政策目標を達成するため、スポーツ競技団体・スポーツ研究機関などと連携して、研究の推進・トップレベルの競技者およびチームの国際競技力向上への支援を行う。

2001年(平成13年)10月に開所し、周辺にはナショナルトレーニングセンター中核拠点、国立西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘)、研究施設、トレーニング施設、サービス施設などが集約されている。

1981年に設立されたオーストラリア国立スポーツ研究所Australian Institute of Sport、略称:AIS)をモデルにしている。

構成・事業[編集]

スポーツ科学研究部、スポーツ医学研究部、スポーツ情報研究部、運営部により、

  • マルチサポート事業
  • トータルスポーツクリニック事業
  • スポーツ医・科学研究事業
  • スポーツ診療事業
  • スポーツ情報サービス事業
  • スポーツアカデミー支援事業
  • サービス事業        

の各事業が実施されている。

利用状況[編集]

国立スポーツ科学センターは、基本的に公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)およびJOCに加盟する競技団体とそれに属する競技者(パラリンピックの選手も含む)のみ利用可能だが、一部施設は一般でも利用可能である。(外国人は除く)

学術協定[編集]

以下の大学・研究機関と学術協定を結んでいる。

外部リンク[編集]