国立西が丘サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国立スポーツ科学センター > 国立西が丘サッカー場
国立スポーツ科学センターサッカー場
"味の素フィールド西が丘"
西が丘サッカー場
国立西が丘サッカー場の位置
施設情報
所在地 東京都北区西が丘3丁目15−1[1]
位置 北緯35度46分8.98秒
東経139度42分28.29秒
座標: 北緯35度46分8.98秒 東経139度42分28.29秒
起工 1969年
開場 1972年
修繕 2010年
所有者 独立行政法人日本スポーツ振興センター
運用者 独立行政法人日本スポーツ振興センター
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m×68m
照明 4基
使用チーム、大会
当項目を参照
収容能力
7,258人
アクセス
当項目参照

国立西が丘サッカー場(こくりつにしがおかサッカーじょう)は、東京都北区国立スポーツ科学センターにあるサッカー専用の球技場である。施設は独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下「JSC」)が所有しており、JSCが運営・管理も行っている。なお、「国立西が丘サッカー場」は通称であり、正式な施設名称は「国立スポーツ科学センター(西が丘)サッカー場」である[2]

東京都中央区に本社を置く味の素命名権を取得しており、2012年5月1日から「味の素フィールド西が丘」の名称を用いている(後述)。

施設概要[編集]

  • 建設面積 : 1,186.65m2(スタンド面積3,460m2[2]
  • 延べ面積 : 997.17m2[2]
  • 芝生面積 : 10,614m2(フィールド:105m×68m)
  • 夜間照明 : 4基、平均約1,200ルクス
  • 収容人員 : 7,258人(個席:5,073、立見席:2,180、障害者席:5)

沿革[編集]

開催された主なサッカーの大会[編集]

命名権[編集]

2011年12月、JSCは国立西が丘サッカー場の命名権を公募した[2]2012年5月3日、味の素が国立西が丘サッカー場の命名権を取得する契約をJSCと締結した。2013年5月1日からの5年契約(総額7,500万円)で、「味の素フィールド西が丘」(英語:AJINOMOTO FIELD NISHIGAOKA)の呼称を使用している[2]。なお、Jリーグや日本サッカー協会は「味フィ西」の略称を用いている[5][6]

エピソード[編集]

  • 2010年の天皇杯では、2回戦の東京V(J2)対町田(JFL)の試合が当会場で開催された。試合は東京Vのホーム扱いだったが、西が丘でリーグ戦を行う場合、東京V主催試合は南側をホームに、町田主催試合は北側をホームにしていたため、結果的にどちらも通常ホームとして使う側を利用することとなった[要出典]。なお同試合は町田が1-0で東京Vを下している。[7]
  • 2007年4月11日には、コンサドーレ札幌が国立西が丘サッカー場でホームゲームを開催した(対戦相手はアビスパ福岡[8]
    • 札幌厚別公園競技場は冬季休業後の芝養生中、札幌ドームはプロ野球の興行でいずれも利用不可であった。また、コンサドーレが当時が不定期に試合を開催していた室蘭市入江運動公園陸上競技場、コンサドーレの練習場である宮の沢白い恋人サッカー場についても、照明の問題が解決できず断念した(この日の試合はナイトゲームと決定されていた)[9]
      • そのため、東京都をホームタウンとするFC東京および東京Vの許可を得て西が丘でホームゲームを開催した。なお、折しも降雨に見舞われたことや同時刻に国立霞ヶ丘競技場ではFC東京主催のナビスコカップ公式戦、味の素スタジアムでは東京V主催のJ2公式戦がそれぞれ開催されていたこともあり[要出典]、入場者数は2,161人であった。
  • 2014年3月9日には、AC長野パルセイロが西が丘でホームゲームを開催した(対戦相手は福島ユナイテッドFC[10]。この年、長野は本来の拠点である南長野運動公園総合球技場をJ規格のスタジアムに拡張しており、代替本拠地として佐久総合運動公園陸上競技場を「2014年のみ」としてホームスタジアム登録を行っていた。ところが2月の降雪により佐久での開催を断念せざるを得なくなり、西が丘での開催となった。当日は地元・長野から観戦バスが複数集結するなど、4,312人の観衆を集めた。これは町田-藤枝戦に次ぐ記録であった。

アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • JR赤羽駅西口より国際興業バス「王子駅」行で「西が丘交番前」下車、徒歩5分[1]
  • JR赤羽駅より4番乗り場で国際興業バス「池袋」および「日大病院」行で「国立西が丘競技場北門」下車、徒歩5分[1][11]
  • JR赤羽駅より5番乗り場で国際興業バス「赤羽車庫」行で「国立西が丘競技場」下車、徒歩3分[11]

周辺施設[編集]

フォトギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 味の素フィールド西が丘”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “日本で唯一の国立サッカー専用競技場“西が丘サッカー場”のネーミングライツ取得” (プレスリリース), 味の素, (2013年5月3日), http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2012_05_03.html 2014年2月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “東京スタジアム巡り第4回”. 東京都サッカー協会. http://www.tokyofa.or.jp/tokyofanews/TKY03_17.html 2014年2月11日閲覧。 
  4. ^ 西が丘サッカー場 太陽光発電LED照明装置の設置”. 日本スポーツ振興センター. 2014年2月11日閲覧。
  5. ^ “2013 J2 第36節 横浜FC vs 山形”. J's GOAL. http://www.jsgoal.jp/game/2013/20130200030520131006.html 2014年2月11日閲覧。 
  6. ^ 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 試合会場およびキックオフ時間変更についてのお知らせ”. 日本サッカー協会 (2012年6月19日). 2012年7月21日閲覧。
  7. ^ Match No.30 |第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2012年11月27日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 公式記録 2007Jリーグ ディビジョン2 第8節第1日”. Jリーグ公式サイト. 2012年11月27日閲覧。
  9. ^ 東京でのホームゲーム”. コンサ社長日記 (2007年2月2日). 2012年7月21日閲覧。
  10. ^ 3月9日 J3開幕戦会場(西が丘)について”. AC長野パルセイロ. 2014年3月10日閲覧。
  11. ^ a b c d アクセス”. 公式サイト. 2013年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]