香港流浪足球会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
流浪足球会
原語表記 香港流浪足球会
愛称 流浪客
創設 1958年 (流浪足球会)
1960年 (香港流浪足球会)
所属リーグ 香港ファーストディビジョンリーグ
ホームスタジアム 深水埗運動場
収容人数 2,194
会長 香港の旗 莫耀強[1]
監督 クロアチアの旗 Goran Paulic
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

香港流浪足球会 (ホンコンるろうそっきゅうかい、中国語: 香港流浪足球會[1]英語: Hong Kong Rangers Football Club、通称:流浪足球会) は香港九龍深水埗区を本拠地とするサッカークラブである。2013年2月現在、香港最上位サッカーリーグである香港ファーストディビジョンリーグに参加している。流浪足球会は2011年にはスポンサーの関係から「金峰科技」という名前でプレーした。

歴史[編集]

流浪足球会は1958年にスコットランドのグラスゴー出身であったIan John Petrieにより創設された。彼はスコットランドのサッカークラブであるレンジャーズFCにあやかってクラブ名を流浪足球会と名付けた。流浪足球会は現代的なサッカークラブの経営システムを導入した初のアジアのサッカークラブであった。クラブ設立当初は経営面で苦しく強豪クラブと対等に渡り合うことはできなかった。そのため、Petrieは若手選手を多く起用し、クラブは若手育成クラブとして知られるようになった。郭家明は1960年代にPetrieによって見出された選手として有名である。1970年、クラブは3人のスコットランド人プロサッカー選手を獲得した。彼らは香港リーグでプレーする初のヨーロッパ出身選手となり、香港のサッカーにおいて新たな歴史を作った。イアン・テイラーやジョー・ブレナン、ジミー・リデル、デレク・キュリーなども流浪足球会でプレーした有名選手である。1980年代にはさらに多くの外国人選手がプレーするようになり、スティーヴ・パターソン、ジミー・ボーン、トミー・ノーランなども流浪足球会でプレーした。

今日[編集]

2001年10月12日以降、クラブはスポンサーのBuler (中国語: 澎馬)の名前を取り2006年夏までクラブ名を「澎馬流浪」としていたが、2007年9月15日にクラブは新たに時計ブランドのブローバ (中国語: 寶路華)がスポンサーになったと発表し、クラブ名は寶路華流浪に変更された。ところが、2007-2008シーズンは南華に1-9で破れるなど、成績は下降の一途を辿り、2勝9分7敗の成績でプレーオフの末に2部に降格してしまう。

2007-2008年終了後、四海集団が中心となって流浪の1部残留を要請するが統括する香港サッカー協会に拒否されたので、四海集団は流浪の選手やスタッフを引き抜いて四海体育会を設立。残存部も存続し、ここでチームが二つに分裂してしまうことなる。[2]

2008年9月に正式に四海流浪が誕生したのに伴い、元のチームは安華と改名。2010年には標準錶針、2011年には金峰科技とチーム名を変えながら2部リーグで戦っていたが、2011-12シーズンに香港セカンドディビジョンリーグで優勝し、翌年の1部昇格を決めた。更に、元の四海流浪改め標準流浪が横浜FCの経営権買収で流浪の名称を放棄した事によって流浪の名跡を取り戻した。[3]またエンブレムのカラーを赤地に白字から、水色を帯びた白地から濃い水色字といった変更も行っている。

2012-2013年度は5勝5分8敗、勝ち点20で残留した。

何十年にもわたり、流浪足球会におけるユース育成の方針は変化しておらず、優秀な若手選手を輩出している。流浪足球会のユースアカデミーで育った選手はより規模の大きいクラブと契約することが多いものの、クラブに残りプレーする者もいる。レンジャーズの育成システムは大きな成果を挙げており、U-15、U-17、U-19、U-21という全ての育成年代において香港代表チームに多くの選手を送り出している。

チーム名変遷[編集]

  • 1958-1995年: 香港流浪
  • 1995-1997年: UHLSPORT流浪
  • 1997-2001年: 香港流浪
  • 2001-2006年: 澎馬流浪
  • 2006-2007年: 香港流浪
  • 2007-2008年: 寶路華流浪
  • 2008-2009年: 香港流浪
  • 2009-2010年: 安華
  • 2010-2011年: 標準錶針
  • 2011-2012年: 金峰科技
  • 2012-: 標準流浪

獲得タイトル[編集]

AFC国際大会[編集]

1995/96: 2回戦敗退

歴代所属選手[編集]

過去の成績[編集]

シーズン クラブ名 リーグ 順位 シニアシールド FAカップ リーグカップ ジュニアシールド
2005–06 澎馬流浪 1部リーグ 3 14 7 3 4 24 19 24 1回戦敗退 1回戦敗退 グループリーグ 滬港球会杯 - 準優勝
Cite du Louvre Cup - 3位
2006–07 流浪 1部リーグ 4 18 7 7 4 23 19 28 1回戦敗退 準決勝敗退 グループリーグ敗退
2007–08 寶路華流浪 1部リーグ 10 18 2 9 7 19 35 15 準々決勝敗退 準々決勝敗退 グループリーグ敗退 2部降格
2008–09 流浪 2部リーグ 6 18 6 5 7 32 32 23 1回戦敗退
2009–10 安華 2部リーグ 4 16 10 1 5 49 31 31
2010–11 標準流浪 2部リーグ 7 22 9 4 9 37 38 31 3回戦敗退
2011–12 金峰科技 2部リーグ 1 22 16 2 4 69 24 50 2回戦敗退 1部昇格

脚注[編集]

  1. ^ a b 球會資料 - 香港流浪足球會有限公司”. hkfa.com. 2013年2月14日閲覧。
  2. ^ Wikipedia中文版の同記事より
  3. ^ 標準時計もスポンサーについたので、2011-2012年度と2012-2013年度では名前は同じなのに、チームが違うというややこしいことになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]