石垣池公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石垣池公園
Suzukakyougijyo.jpg
AGF鈴鹿陸上競技場
石垣池公園の位置(三重県内)
石垣池公園
分類 運動公園
所在地
三重県鈴鹿市桜島町7-1
座標 北緯34度51分28.9秒 東経136度34分6.9秒 / 北緯34.858028度 東経136.568583度 / 34.858028; 136.568583座標: 北緯34度51分28.9秒 東経136度34分6.9秒 / 北緯34.858028度 東経136.568583度 / 34.858028; 136.568583
面積 23.42 ha
開園 1973年(昭和48年)11月
運営者 鈴鹿市
設備・遊具 野球場、AGF鈴鹿陸上競技場、市民プール
駐車場 230台
事務所 石垣池公園管理事務所
公式サイト www.city.suzuka.lg.jp/life/shisetsu/9413.html
テンプレートを表示

石垣池公園(いしがきいけこうえん)は、三重県鈴鹿市桜島町にある運動公園。全ての施設が竣工したのは1986年3月で、野球場、AGF鈴鹿陸上競技場、市民プールが存在する。

設備[編集]

野球場[編集]

石垣池公園野球場(いしがきいけこうえんやきゅうじょう)は1977年9月に竣工した。両翼91.3 m、センター118.1 mであり、夜間照明施設が設置されている[1]

陸上競技場[編集]

石垣池公園陸上競技場
"AGF鈴鹿陸上競技場"
施設情報
所在地 三重県鈴鹿市桜島町7-1
開場 1981年3月
修繕 2018年4月1日
所有者 鈴鹿市
運用者 鈴鹿市
グラウンド 天然芝(100 x 75 m)
使用チーム、大会
鈴鹿アンリミテッドFCJFL2019年
収容能力
1,450人
アクセス
#アクセスを参照

石垣池公園陸上競技場(いしがきいけこうえんりくじょうきょうぎじょう)は1981年3月に竣工した、日本陸上競技連盟第3種公認陸上競技場。全天候舗装の400 mトラック8コース、全天候舗装の跳躍競技施設を有する[2]。フィールド内は天然芝で、球技場としてサッカーやラグビーなどができる。JFL鈴鹿アンリミテッドFCが練習場と公式戦会場として使用している。

2016年4月1日より味の素ゼネラルフーヅ(現・味の素AGF)の子会社・AGF鈴鹿が命名権を取得し、「AGF鈴鹿陸上競技場」(エージーエフすずかりくじょうきょうぎじょう)となった。契約期間は2022年までの6年間[3]。2016年4月8日に2016年度の第1回鈴鹿市記録会の中でオープニングセレモニーが行われた。また、参加者全員にAGFより記念品が授与された。

2017年10月より競技場老朽化による走路の全面改修工事が行われ、2018年4月1日にリニューアルオープンした。この改修により三重県で初のブルータータンの陸上競技場となった。

市民プール[編集]

石垣池公園市民プール(いしがきいけこうえんしみんプール)は1982年7月に竣工した。日本水泳連盟公認の50 mプールである。

住所[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石垣池公園野球場鈴鹿市
  2. ^ AGF鈴鹿陸上競技場 - 鈴鹿市
  3. ^ AGFが鈴鹿2施設の命名権 - 中日新聞、2015年12月4日配信

外部リンク[編集]