藤原麻里菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 麻里菜
(ふじわら まりな)
人物
生誕 (1993-07-20) 1993年7月20日(28歳)[1]
日本の旗 日本 神奈川県横浜市戸塚区[2]
職業
公式サイト 無駄づくり
YouTube
チャンネル
活動期間 2013年8月 -
ジャンル 実験工作、発明紹介
登録者数 10.2万人
総再生回数 9,298,794回
事務所(MCN 吉本興業 → フリー → 株式会社無駄
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年4月11日時点。
テンプレートを表示

藤原 麻里菜(ふじわら まりな、1993年平成5年〉7月20日[1] - )は、日本発明家YouTuber、コンテンツクリエイター、文筆家映像作家[3][4]。「無駄づくり」として工作・発明活動を展開[2][3]。YouTube NextUp 2016入賞者[5]。2019年度総務省「異能(Inno)vation」最終選考通過者[6]株式会社 無駄 代表取締役[7]

よしもとクリエイティブ・エージェンシー[8]を経てフリーランス[9]文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査委員会推薦作品となった「オンライン飲み会緊急脱出マシーン」[10]など、2021年の時点で200点以上の作品を制作[11]。著書に『無駄なことを続けるために』[12]や『考える術』[13]がある。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1993年7月20日生まれ[1]神奈川県横浜市戸塚区出身[2]。小学生の頃にパソコンを親に買ってもらい、インターネットを始める[14]。高校を卒業した2012年、吉本総合芸能学院東京校(東京NSC)に18期生として入学する[2][15]

よしもとクリエイティブ・エージェンシー時代[編集]

2013年に東京NSCを卒業し、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属[15]。当初はピン芸人としても活動していたがうまくいかず、事務所より「YouTubeで好きなことをやってみたら」と言われたことをきっかけに、同年8月、YouTubeチャンネル「無駄づくり」を開設し、自作の実験工作や発明などを紹介する動画を投稿し始める[2][15][14]。チャンネルを開設して1ヶ月後、「YouTube エンタメウィーク」に選ばれ、9月21日に『オードリーのオールナイトニッポン』へゲスト出演する[16]

2015年8月には初個展「無駄な部屋」を開催[15]。2016年にはGoogle Japanが主催するクリエイター支援プログラム「YouTube NextUp 2016」コンテストで入賞する[5]。2017年より、複数のウェブメディアにて「無駄づくり」関連の連載・寄稿を始める[15][17][18]。さらに2018年6月2 - 10日の9日間、台湾で、国外での初個展「無用發明展 - 無中生有的沒有用部屋in台北」を開催。2万5000人以上の来場者を記録した[14]

2018年11月16日、著書『無駄なことを続けるために ― ほどほどに暮らせる稼ぎ方 ―』を出版[12][注 1]。2019年度には、総務省の「異能(Inno)vation 破壊的な挑戦部門」で最終選考を通過[6][注 2]。2020年2月21日に自身のTwitterで「もっと自由に無駄づくりを含めて活動していくため」として吉本興業を退社することを発表し[19]、8月29日付で吉本興業を円満退所する[9][注 3]

独立、株式会社無駄の創業へ[編集]

2021年にはSNSでの動画再生の総回数が4000万を超えており[20]、『考える術 ─ 人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71 ―』を出版[13]テレビ東京の『23時の密着テレビ「レベチな人、見つけた」[21]フジテレビの『セブンルール[22]テレビ朝日の『ももクロちゃんと![23]といったテレビ番組でも藤原は取り上げられた[21][22][23]。さらに10月には「フォーブスが選ぶ30歳未満の30人」日本版の一人に選出されている[24]

2022年2月22日には株式会社 無駄[注 4]を創業し[25]、同社の代表取締役となる[7]。同年3月にはホラーコメディ漫画『見える子ちゃん』とコラボレーションした「怖いシーンをスルーできるマシーン」を発表[26]。同年4月からはNHKEテレ魔改造の夜 技術者養成学校』に生徒役で出演している[27][28]

人物・作品[編集]

幼少時は人に迷惑をかけたくないものの規則を守るのが苦手で、葛藤を抱えていたという[3]。工作・発明にあたっては日常生活の問題から発想を得ているといい、怠け過ぎてはいけないが怠けることを認めることは大事という[15]。また、ものづくりを通して「合理性とか効率とか関係のない、本当にどうでもいいことにも価値がある」と感じるようになったと語っている[29]

藤原の工作物・発明品には、「インスタ映えを台無しにするマシーン」[8]、「そっと耳を塞いでくれるマシーン」[30]、「寝ポテチマシーン」、「恋のおまじないをチートするマシーン」[3]、「賃貸で飼える犬」、「怒ると勝手にひっくり返るちゃぶ台」[14]、「すばやくパスタを食べられるスプーン」、「ワインを優雅に飲めるマシーン」[15]、「謝罪メールパンチングマシーン」[23]などがあり、2021年時点で200点を超える[11]

第24回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門では、「オンライン飲み会緊急脱出マシーン」が審査委員会推薦作品に選出[10]。2021年のインタビューではこれまでで最も「非合理的」で無駄なアイデアとして[13]、1位「イヤフォンを絡ませるマシーン」[29]、2位「イントロクイズ目覚まし時計」、3位「ラーメンの画像をすべてネジにするアプリ」を挙げている[13]

東京都内に事務所を持ち、そこが作業場所(アトリエ)となっている[31]。毎日アトリエに足を運ぶこと、月に2つは新作を制作すること、を心掛けているという[31][4]3Dプリンターも使用し[31]、電子工作ではArduinoやセンサー、モータを使用する[4]。電動の作品は増えており[4]、2021年にはマネキンに光センサーやモータを搭載した「ニューノーマル・ハグ・ロボット」を製作している[31]

工作物や発明品の制作だけでなく、YouTubeの撮影や編集も一人で実施している[31]。YouTubeでは否定的なコメントにも耳を傾けるといい、自分自身に迷いがあった場合は面白くないと評価されることが多かったという[3]。なお、『無駄づくり』の動画内で使用しているBGMは、空中カメラの楽曲[32]。また、空中カメラのボーカル・中村竜を除くメンバーは、高校の先輩にあたる[33]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

主な著作[編集]

著書[編集]

  • 『無駄なことを続けるために ― ほどほどに暮らせる稼ぎ方 ―』 ヨシモトブックス、2018年11月、ISBN 978-4847097317
  • 『考える術 ― 人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71 ―』 ダイヤモンド社 、2021年1月、ISBN 978-4478109694
  • 『無駄なマシーンを発明しよう! ― 独創性を育むはじめてのエンジニアリング ―』 登尾徳誠 監修、技術評論社、2021年7月、ISBN 978-4297122133

寄稿[編集]

藤原は

などで複数の記事を執筆しており、

でも連載している[38]。2018年の著書の出版は『現代ビジネス』の記事が堀江貴文に評価されたことがきっかけだという[3][注 5]

ほかにも

といった記事もある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 発行年月は2018年12月(NCID BB27302657)。
  2. ^ テーマは「YouTubeチャンネル『無駄づくり』にて無駄なものを作り続ける」[6]
  3. ^ ただし、「YouTubeチャンネル「無駄づくり」に関しましては、今まで通り吉本興業株式会社が運営しておりますMCN、OmOに所属となります」とのこと[9]
  4. ^ 法人番号1010601060705[25]
  5. ^ 著書『無駄なことを続けるために 〜ほどほどに暮らせる稼ぎ方〜』の帯には、堀江貴文の推薦文が付いていた[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c 藤原麻里菜”. Marina Fujiwara - 藤原麻里菜のウェブ. 2019年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 阿部洋子. “With BABY-G Vol.13 発明家・YouTuber 藤原麻里菜さん”. Girl's PARTY. CASIO. 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 華井由利奈 (2019年3月29日). “全校集会から逃げ出していた子ども時代【藤原麻里菜】”. Livedoor ニュース. LINE. 2020年3月15日閲覧。
  4. ^ a b c d コラム 「無駄づくり」で話題の藤原麻里菜さん「電気はエンタメ。怒りを電気で表現してみたい」”. Content. 電気事業連合会. (2019年11月29日) 2021年9月17日(UTC)閲覧。
  5. ^ a b YouTube Japan Blog: YouTube NextUp 2016 16名の入賞者を発表”. YouTube日本版公式ブログ. (2016年5月2日) 2018年12月10日閲覧。
  6. ^ a b c 2019年度「破壊的な挑戦部門」最終選考結果発表”. 異能vation. 総務省. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  7. ^ a b NICT×藤原麻里菜×ヘラルボニー スペシャルトーク企画『こんなアイデアどう?』”. 研究職・研究技術職採用サイト. 情報通信研究機構. 2022年4月17日(UTC)閲覧。
  8. ^ a b 藤原麻里菜 著、野村由芽 編集 (2019年4月30日). “プロによる夢占い”. She is. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  9. ^ a b c 吉本興業 退所のお知らせ”. 無駄づくり. (2020年1月21日). 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  10. ^ a b 第24回 受賞作品 エンターテインメント部門 Entertainment Division”. 文化庁メディア芸術祭. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  11. ^ a b ダイヤモンド 2021.
  12. ^ a b c d 「無駄づくり」発明家・藤原麻里菜の著書『無駄なことを続けるために』刊行”. CINRA.NET. (2018年11月6日) 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  13. ^ a b c d ダイヤモンド社書籍編集局(取材・構成 樺山美夏、撮影 柳原美咲) (2021年2月27日) “『考える術』著者・藤原麻里菜インタビュー【必見】「史上最高に無駄な発明」ベスト3 p.1”. ダイヤモンド・オンライン. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  14. ^ a b c d デイリーポータルZ 2018.
  15. ^ a b c d e f g BIOS monthly (2020年10月11日). “專訪無用發明少女藤原麻里菜:我討厭那個不會假笑的自己”. BIOS monthly Interview. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  16. ^ 9.21 SAT オードリーのオールナイトニッポン w/藤原麻里菜”. YouTube. 2018年12月10日閲覧。
  17. ^ a b 藤原麻里菜のプロフィール・執筆記事一覧”. マネ会 by Abema. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  18. ^ a b 藤原 麻里菜”. となりのカインズさん. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  19. ^ togenkyooのツイート(1219438206384369664)
  20. ^ FNNプライムオンライン (2021年2月10日). “あえて“役に立たないモノ”発明 SNS動画再生回数4000万回超【無駄づくり】”. YouTube. 2021年12月30日(UTC)閲覧。
  21. ^ a b テレビ東京公式 TV TOKYO (2021年7月12日). “23時の密着テレビ レベチな人、見つけた~特別編集版~「発明家・藤原麻里菜」”. YouTube. 2021年12月30日(UTC)閲覧。
  22. ^ a b セブンルール公式チャンネル (2021年9月7日). “セブンルール【無駄なもの発明家 藤原麻里菜】”. YouTube. 2021年12月30日(UTC)閲覧。
  23. ^ a b c 「無駄が深すぎる!」ももクロ・百田夏菜子、藤原麻里菜の無駄発明に感動!”. テレ朝POST. テレビ朝日. 2021年12月30日(UTC)閲覧。
  24. ^ 30 UNDER 30 JAPAN 2021 日本発「世界を変える30歳未満」30人”. フォーブス. 2021年12月30日(UTC)閲覧。
  25. ^ a b 株式会社無駄の情報”. 法人番号公表サイト". 国税庁. 2022年4月17日(UTC)閲覧。
  26. ^ 『見える子ちゃん』と「無駄づくり」の藤原麻里菜がコラボ! 怖いシーンをスルーできるマシーンを発明”. ダヴィンチニュース. (2022年3月25日) 2022年4月17日(UTC)閲覧。
  27. ^ a b 技術者養成学校 (1)「扇風機50m走から学ぶ」”. 魔改造の夜. 日本放送協会. 2022年4月17日(UTC)閲覧。
  28. ^ a b 技術者養成学校 (2)「赤ちゃん人形綱登りから学ぶ」”. 魔改造の夜. 日本放送協会. 2022年4月17日(UTC)閲覧。
  29. ^ a b ダイヤモンド社書籍編集局(取材・構成 樺山美夏、撮影 柳原美咲) (2021年2月27日) “『考える術』著者・藤原麻里菜インタビュー【必見】「史上最高に無駄な発明」ベスト3 p.2”. ダイヤモンド・オンライン. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  30. ^ 【無駄づくり】「そっと耳を塞いでくれるマシーン」を作って聞きたくない話をスルーしよう”. となりのカインズさん. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  31. ^ a b c d e 藤沢美由紀 「コンテンツクリエーター・藤原麻里菜さん 価値観広げる「無駄づくり」」『毎日新聞』東京夕刊、2021年9月17日、2021年9月17日(UTC)閲覧。
  32. ^ togenkyooのツイート(378133300562251777)[信頼性要検証]
  33. ^ ギターでゾンビを退治!”. 藤原麻里菜のウェブ (2014年1月11日). 2020年3月15日閲覧。[信頼性要検証]
  34. ^ よい子はマネしないでね / エンタメ~テレ やんちゃな大人の刺激的エンターテイメントチャンネル”. 2018年12月10日閲覧。
  35. ^ 藤原麻里菜の「おしえて!はっぴょん」【日本弁理士会ラジオ番組】特設サイト”. 2017年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月10日閲覧。
  36. ^ 藤原麻里菜 MARINA FUJIWARA”. 現代ビジネス. 講談社. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  37. ^ GIRLFRIEND 藤原麻里菜”. She is. CINRA. 2021年4月11日(UTC)閲覧。
  38. ^ a b 頭の悪いメカ by 藤原麻里菜”. fabcross. メイテック. 2021年9月17日(UTC)閲覧。

外部リンク[編集]

(取材・インタビュー)