見える子ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
見える子ちゃん
ジャンル ホラーコメディ[1]
漫画
作者 泉朝樹
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ComicWalker
レーベル MFコミックス
発表期間 2018年11月2日 -
巻数 既刊4巻(2020年9月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

見える子ちゃん』(みえるこちゃん)は、泉朝樹による日本漫画作品。2018年11月2日より『ComicWalker』(KADOKAWA)にて連載を開始[2]。単行本は2019年4月22日より刊行されている[1][3]

2018年、泉朝樹が本作品をTwitterで発表したところ、6万回以上リツイートされ、18万以上のいいねを獲得するなど話題となったのち、同年11月2日よりComicWalkerで連載を開始した[2][4][話 1]

評価[編集]

2019年8月、「次にくるマンガ大賞 2019」Webマンガ部門に選出され、10位にランクインした[5]

2019年12月、ニコニコ漫画が主催する「ニコニコ漫画年間ランキング2019」公式マンガ部門に選出され、2位にランクインした[6]

2020年1月、日本出版販売が主催する「全国書店員が選んだおすすめコミック2020」一般部門に選出され、9位にランクインした[7]

2020年6月、TSUTAYAが主催する「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」に選出され、7位にランクインした[8][9]

あらすじ[編集]

第1話 - 第9話(1巻)
ある日突然、普通の人間には見えない存在が見えるようになった女子高生みこは、その存在に怯えながらも立ち向かわずに精一杯平常心を装い、見えないふりをしてやり過ごすこととなる[話 2][10]
第10話 - 第16話(2巻)
日に日に鮮明に見えるようになってきた[話 3]みこに「ゴッドマザーの一番弟子」を自称し、霊能者を志す同級生ユリアと出会い、さらにそのスルースキルを試されることとなる[話 4][11]
第17話 - 第23話(3巻)
みこ達のクラス担任として着任した青年、遠野善[12]。彼は異様な化け物達に囲まれており[12]、みこはその様子に怯えながらも善に取り憑く化け物がハナの特殊な体質によって、ハナに何らかの影響を来していると睨み、善と善に取り憑く化け物について探りを入れることを決意し、善の後をつける[話 5]
第24話 - 第28話(4巻)
謎の神社の霊の加護を受けたみこは、霊からの「さんかい」[注釈 1](3回)の加護を使い終え、自分を守ってくれた霊にお礼参りをするために発端となった謎の神社に再び赴くこととなる[13][話 6]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

四谷みこ(よつや みこ)[注釈 2]
声 - 種﨑敦美(デジタルコミック[14]
本作の主人公。ある日突然、異形なヤバイやつが見えるようになった女子高生[1]
突然見えるようになった普通の人間には見えない存在に怯えながらもヤツらに見えていることを悟られないよう、平常心を装い、やり過ごすが[1][2]、所構わず現れるヤツらに困惑し、泣きそうになるほど怖がる[1][話 2]
一時はヤツらからの防御力として市販の数珠を購入して身につけたが、思うような効果は現れず、さらに強力な数珠を求めてゴッドマザーの店を訪れ、店で一番強力な数珠をもらったが、渡された直後に壊れてしまう[話 7]
親友想いな一面があり、普段はヤツらを無視してやり過ごすが、善に取り憑く化け物がハナに何らかの影響を来していると悟った際、善とハナを遠ざけるために体を張って善を尾行し、探りを入れた[話 5]
百合川ハナ(ゆりかわ ハナ)[注釈 3]
声 - 伊藤彩沙(デジタルコミック[14]
みこの親友。
天真爛漫な性格で[15]、朝食後の「朝後ごはん」を欠かさず食べるほど食欲が旺盛[話 8]
ホラーや心霊系の類いは苦手らしいが[話 9]、生命オーラが強く霊を引き寄せやすい体質[話 7][話 8][注釈 4]
二暮堂ユリア(にぐれどう ユリア)
みこやハナと同学年の女子[15]。みこと同様、この世ならざる者の姿が見え[注釈 5]、「ゴッドマザーの一番弟子」を自称し、霊能者を志している[話 4][11]
ゴッドマザーが占い業を廃業したと知った際に最後の客として訪れた、みことハナがゴッドマザーの引退に何か関与していると睨み、みこが自分と同じ「見える子」であることを知る[話 4]
遠野善(とおの ぜん)
みことハナのクラス担任として着任した臨時教諭[15][話 10]
おぞましい異形な化け物に囲まれている[15]
みこやハナとは着任以前から面識があり、公園にいた捨ての引き取りを拒否したみこに対し、当初は不信感を抱いていた[話 11][話 5]

その他の登場人物[編集]

恭介(きょうすけ)
みこの弟。みこの様子の変化を心配し、彼氏が出来たと勘違い。みこを尾行するなどした[話 12]
ゴッドマザー
声 - 野津山幸宏(デジタルコミック[14]
本名はタケダミツエ[話 7]
昔は「下町のゴッドマザー」と呼ばれていた霊能者。みこに纏わりつく霊に気づき、自分の全盛期のパワーを凝縮した店一番の数珠を渡したが、直後に纏わりついている霊に壊されてしまい、霊能者を引退する[話 7]
引退後は息子と同居し、畑仕事に従事していたが、みことハナが神社を訪れた際に撮影した写真を見て彼女達の身を案じ、廃業を撤回して霊能者に復帰する[話 13][話 14]
神童ロム(しんどう ロム)
みこ達同様、この世ならざる者の姿が見える。一見胡散臭そうに見えるが、彼が持つ能力はユリア曰く「ホンモノ」[話 6]
不思議な石を販売している[話 15]
サトル
善の友人。獣医で善が保護した猫を治療し、里親を探している[話 16]
みこの父
みこと恭介の父。既に故人。
みこのプリンを勝手に食べて大喧嘩し、仲直り出来なかったことを悔やんでいる[話 3]
みこの母
みこと恭介の母。
荒井先生
みことハナの担任。産休のため担任を善に引き継ぐ[話 10]
木戸先生
みこ達の学校の養護教諭
豪塚(ごうづか)[注釈 6]
みこが善の引き取りを拒否した猫を引き取った男性。強面だが、猫好きで引き取った猫を「にゃんすけ」と名付け、可愛がっている[話 11]
SNSのアカウント名は「豪塚@にゃんすけ」[話 11]
善の母
既に故人。善をスパルタで支配し、死んだ後も善に取り憑いていた[話 16]

書誌情報[編集]

  • 泉朝樹『見える子ちゃん』KADOKAWAMFコミックス〉、既刊4巻(2020年9月23日現在)
    1. 2019年4月23日発行(4月22日発売[10])、ISBN 978-4-04-065658-8
    2. 2019年10月23日発行(10月21日発売[11])、ISBN 978-4-04-064092-1
    3. 2020年3月23日発行(3月21日発売[12])、ISBN 978-4-04-064498-1
    4. 2020年9月23日発行(9月23日発売[13])、ISBN 978-4-04-064898-9

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第11話(単行本2巻収録)で神社を訪れた際に霊が「さんかい」と謎の発言を残し、以降みこが危機的状況に置かれた時に現れ、みこを助ける。その際に霊が指で数字を示している。
  2. ^ 第19話(単行本3巻収録)でフルネームが発覚
  3. ^ 第23話(単行本3巻収録)でフルネームが発覚
  4. ^ ゴッドマザー曰く、力が強いため本人にはほぼ影響は無い。
  5. ^ みこに見えるヤバイやつが見えなかったり、逆にみこに見えないハナの生命オーラが見えたり、みこが持つ能力と違いがある。
  6. ^ 単行本4巻で苗字が発覚

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “異形な存在が見えてしまうJK、全力で見えないフリ続ける”. コミックナタリー. (2019年4月22日). https://natalie.mu/comic/news/329021 2020年6月2日閲覧。 
  2. ^ a b c ““ヤバイ“ものが見えちゃうJK、恐怖を全力でシカトする新連載「見える子ちゃん」”. コミックナタリー. (2018年11月2日). https://www.natalie.mu/comic/news/306339 2020年6月2日閲覧。 
  3. ^ “「見える子ちゃん」1巻発売記念、“ヤバイやつ“が現れるスタンディお目見え”. コミックナタリー. (2019年4月15日). https://natalie.mu/comic/news/327940 2020年6月2日閲覧。 
  4. ^ 幽霊が見える女子高生が平静を装い続ける、ホラーコメディ!「見える子ちゃん」泉朝樹【おすすめ漫画】”. コミスペ! (2019年5月18日). 2020年6月2日閲覧。
  5. ^ “遠藤達哉「SPY×FAMILY」次にくるマンガ大賞2019のWebマンガ部門1位に”. コミックナタリー. (2019年8月22日). https://natalie.mu/comic/news/344610 2020年6月2日閲覧。 
  6. ^ “"宇崎ちゃんは遊びたい!"が公式ランキング2年連続1位!「ニコニコ漫画年末年始マンガ祭! 2019→2020」開催中!!”. PRTIMES. (2019年12月19日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000034150.html 2020年6月2日閲覧。 
  7. ^ “全国書店員が選んだおすすめコミック2020、1位は「SPY×FAMILY」”. コミックナタリー. (2020年1月31日). https://natalie.mu/comic/news/365345 2020年6月2日閲覧。 
  8. ^ “「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」、1位は「SPY×FAMILY」”. 毎日新聞. (2020年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20200618/k00/00m/040/181000c 2020年6月20日閲覧。 
  9. ^ “「SPY×FAMILY」を川島明が「マンガの集大成」と称賛、TSUTAYAコミック大賞授賞式で”. コミックナタリー. (2020年6月17日). https://natalie.mu/comic/news/383669 2020年6月20日閲覧。 
  10. ^ a b 見える子ちゃん1”. KADOKAWA. 2020年9月27日閲覧。
  11. ^ a b c 見える子ちゃん2”. KADOKAWA. 2020年9月27日閲覧。
  12. ^ a b c 見える子ちゃん3”. KADOKAWA. 2020年9月27日閲覧。
  13. ^ a b 見える子ちゃん4”. KADOKAWA. 2020年9月27日閲覧。
  14. ^ a b c 『見える子ちゃん』第1・2・6話(試し読み動画)ボイスあり”. KADOKAWAオフィシャルチャンネル. 2020年9月27日閲覧。
  15. ^ a b c d 見える子ちゃん 3巻 帯紙

引用話数[編集]

  1. ^ 第1巻 2019, あとがき
  2. ^ a b 第1巻 2019, 第1話
  3. ^ a b 第1巻 2019, 第9話
  4. ^ a b c 第2巻 2019, 第12話
  5. ^ a b c 第3巻 2020, 第21話
  6. ^ a b 第4巻 2020, 第26話
  7. ^ a b c d 第1巻 2019, 第6話
  8. ^ a b 第3巻 2020, 第20話
  9. ^ 第1巻 2019, 第2話
  10. ^ a b 第2巻 2019, 第16話
  11. ^ a b c 第1巻 2019, 第4話
  12. ^ 第1巻 2019, 第7話
  13. ^ 第4巻 2020, 第24話
  14. ^ 第4巻 2020, 第28話
  15. ^ 第4巻 2020, 第25話
  16. ^ a b 第3巻 2020, 第22話

外部リンク[編集]