エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ
あ、テレビってこんなに面白い!
やんちゃな大人の刺激的なエンターテイメントチャンネル
基本情報
運営(番組供給)事業者 名古屋テレビネクスト株式会社
旧チャンネル名 COMIN' SOON TV( - 1998年9月30日)
カミングスーンTV(1998年10月1日 - 2006年10月31日)
シーエスGyaO(2006年11月1日 - 2010年5月31日)
放送(配信)開始 1998年4月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 総合エンターテイメント
放送内容 映画・映画情報・海外ドラマなど
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 名古屋テレビネクスト株式会社
チャンネル番号 Ch.301(HD)
物理チャンネル CS2 - ND4
放送開始 2018年10月1日
HD放送開始 2018年10月1日
スカパー!プレミアムサービス
チャンネル番号 Ch.618(HD)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 名古屋テレビネクスト株式会社
チャンネル番号 Ch.720
放送開始 1998年7月1日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 プラネット・コミュニケーションズ株式会社
チャンネル番号 Ch.250
放送開始 1998年4月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 559(HD)
J:COM 766(スタンダードプラスコースのみ)
その他 スカパー!プレミアムサービス光BBTV
公式サイト
名古屋テレビネクスト株式会社
Nagoya TV Next Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座6-2-3 Daiwaアネックスビル6階
設立 2010年2月5日
業種 情報・通信業
事業内容 有料チャンネル事業
代表者 代表取締役社長 小崎千恵
資本金 1億円
主要株主 名古屋テレビ放送 100%
外部リンク http://www.entermeitele.com/
テンプレートを表示

エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティは、名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の連結子会社衛星一般放送事業者および衛星基幹放送事業者名古屋テレビネクスト株式会社(なごやテレビネクスト、Nagoya TV Next Co.,Ltd.)が運営するCSチャンネル

スカパー!(東経110度CS放送)スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光及び一部のケーブルテレビ局、ひかりTVで視聴可能。

放送内容[編集]

COMIN' SOON TV」として開局した当初は予告編など映画情報番組のみを放送していたが、後に映画本編や海外ドラマなども放送するようになる。USENグループ入りし「シーエスGyaO」にチャンネル名変更後は、GyaOのコンテンツも放送するようになった。

2010年2月、USENグループから名古屋テレビネクストに事業譲渡、同年6月に現在のチャンネル名に変更。基本的に「シーエスGyaO」の番組を引き継いでいるが、メ〜テレ資本になったことによりメ〜テレ制作番組も放送するようになった。在名局がCS放送事業に参入するのはこれが初めてである[1]。また、エンタメ〜テレクション47という枠を設け、テレビ朝日系列[2]や独立局制作のバラエティ番組も放送を開始した。

放送内容としては前述の映画、バラエティ番組に加えパチンコパチスロ麻雀・アイドルなど。映画はVシネマやお色気系が多く、スカパー!プレミアムサービスではMONDO TVV☆パラダイスパチ・スロ サイトセブンTVなどが扱うジャンルにおいて競合チャンネルにあたる。

マスコットキャラクターはメ〜テレ本体のキャラクターであるウルフィが使われている。

沿革[編集]

  • 1997年11月 - ギャガ・コミュニケーションズにより株式会社カミングスーン・ティービー設立。のちに、ぴあリクルート等の出資を受ける。
  • 1998年4月 - 「COMIN' SOON TV」、ディレクTVで放送開始。
  • 1998年7月 - スカイパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)でも放送開始。
  • 1998年10月 - 「カミングスーンTV」にチャンネル名変更。
  • 2000年9月 - ディレクTVでの放送終了。
  • 2002年
  • 2005年9月 - スカイパーフェクTV!110(現・スカパー!)での放送を一旦終了。
  • 2006年
    • 9月 - ギャガ・コミュニケーションズが保有するギャガ・クロスメディア・マーケティング株全てを株式会社USENに譲渡、ギャガ・クロスメディア・マーケティングはUSENの連結子会社となる。
    • 11月 - 「シーエスGyaO」にチャンネル名変更。
  • 2007年
    • 5月 - USEN、ギャガ・クロスメディア・マーケティング全株を株式会社カピトリーノ(ギャガ・クロスメディア・マーケティング経営陣が同社をUSENから独立させるために用意した受け皿会社で、2007年9月ギャガ・クロスメディア・マーケティングに合併、社名をフットノートに変更)へ譲渡。
    • 8月 - ギャガ・クロスメディア・マーケティング、一部事業をUSENへ譲渡、シーエスGyaOはUSENの衛星役務利用放送チャンネルとなり再びUSENグループへ。
  • 2009年4月 - 新規設立された株式会社UCXに企画・編成・運営全般の事業がUSENから移譲された。
  • 2010年
    • 2月5日 - メ~テレ、完全子会社の名古屋テレビネクスト設立。
    • 2月26日 - 名古屋テレビネクスト、株式会社USENおよび株式会社UCXから事業譲渡[3]
    • 6月1日 - 衛星役務利用放送事業者が名古屋テレビネクストに変更。チャンネル名を「エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ」(ハイビジョンチャンネルは「エンタメ~テレHD☆シネドラバラエティ」)に変更。ANN加盟局のメ~テレ傘下に入ったことでテレビ朝日系列との関係が復活。
  • 2011年4月1日 - ケーブルテレビ局コミュニティネットワークセンターグループおよび洛西ケーブルビジョンひかりTVにチャンネル配信を開始と予告されていたが、3月24日現在、既に配信開始された。チャンネル名はエンタメ~テレで、チャンネル番号はC607。☆シネドラバラエティというスカパー!の表記は使用されていない[4]
  • 2014年10月1日 - 日本初のダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル byエンタメ〜テレ」開局。
  • 2016年12月1日 - スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者が、スカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。
  • 2018年10月1日 - スカパー!での放送がハイビジョンチャンネル(論理:Ch.301、物理:CS2-ND4 / 12スロット)として復活。衛星基幹放送事業者としては名古屋テレビネクストが直接認定された(シーエス・ワンテンに委託せず直接放送する)ため名古屋テレビネクスト自体としては新規参入。なお、8月28日から9月30日までは試験チャンネル扱いにされていたが、試験放送は行われず停波状態となっていた。チャンネル名は「エンタメ~テレ」。

オリジナル番組[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 在京キー局の全局(テレビ東京を除く各局では地上波局と同一法人の運営によるチャンネルを持っている。テレビ東京は同社が筆頭株主の別法人で運営)と、在阪準キー局のうち、朝日放送毎日放送(どちらも地上波局と別法人の運営だが、前者は実質的に地上波局の業務委託である)もCS放送事業を展開している。なお過去には関西テレビ放送も地上波局と同一法人の運営でCS事業を行っていたが、現在は廃止されている。
  2. ^ 首都圏ならびに関西圏を除く。
  3. ^ メ~テレ(名古屋テレビ放送)が、有料チャンネル事業をスタート!!(2010年1月29日、メ~テレNews Release)
  4. ^ ニュースリリース (PDF) (2011年3月8日、名古屋テレビネクスト株式会社)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]