みなと山口合同新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社みなと山口合同新聞社
Minato-Yamaguchi Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
750-8506
山口県下関市東大和町1丁目1番7号
設立 1946年2月11日
業種 情報・通信業
法人番号 9250001006418 ウィキデータを編集
事業内容 水産関連新聞(みなと新聞)の発行
地方新聞(山口新聞)の発行
各種日刊新聞の受託印刷
代表者 代表取締役社長 井上正明
資本金 4,000万円
売上高 約22億円
従業員数 150名
外部リンク https://www.minato-yamaguchi.co.jp/
テンプレートを表示
下関市東大和町の本社社屋「山口新聞会館」

株式会社みなと山口合同新聞社(みなとやまぐちごうどうしんぶんしゃ、英語:Minato-Yamaguchi Co., Ltd.)は、山口県下関市東大和町に本社を置く日本新聞社である。水産食品専門紙「みなと新聞」(全国紙)や一般紙「山口新聞」などを編集・発行する。新聞発行の他、デジタル媒体の運営や書籍の出版も行う。

沿革[編集]

  • 1946年昭和21年)2月11日 - 下関市大和町の下関漁港内の施設で『西部水産速報』発刊。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 漁港そばに発行所を移転。タブロイド判に移行し、題字を『みなと新聞』に変更。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 市内版記事の掲載スタート(4ページ中2ページ)。
  • 1952年(昭和27年)8月 - 市内版を独立させ、朝刊=水産速報版、夕刊=市内版の体制に移行。翌年には夕刊の題字を『夕刊みなと』とする(山口新聞の実質的創刊)。
  • 1955年(昭和30年) - 株式会社組織に移行し、みなと新聞社設立。
  • 1959年(昭和34年) - 日本新聞協会に加盟。
  • 1969年(昭和44年) - みなと新聞社傘下に山口新聞社を設立し、『山口新聞』(夕刊みなとを改題)の発行を移管する。
  • 1977年(昭和52年) - 下関市東大和町1丁目に山口新聞会館を建設し本社を移転。
  • 1984年(昭和59年) - コンピューターによる制作システムを導入。紙面が12ページに。
  • 1992年平成4年)10月 - みなと新聞社と山口新聞社が合併、みなと山口合同新聞社となる。
  • 1994年(平成6年) - カラー画像処理システムを導入。紙面は20ページに。
  • 2011年(平成23年)8月 - 「みなと新聞」電子版の配信を開始。
  • 2016年(平成28年) - 創立70周年記念イベントを開催。
  • 2017年(平成29年) - 「山口新聞」電子版の配信を開始。

事業内容[編集]

  • 水産食品専門紙「みなと新聞」の発行 - 日本の水産業に関する情報を発信する日刊の専門紙(全国紙)。紙版、電子版の2媒体を展開している。
  • 一般紙「山口新聞」の発行 - 山口県では唯一の県下全域を取材・発行エリアとする日刊の地方紙。パソコンやスマートフォンなどで閲覧できる電子版も展開している。
  • 過去にはフリーペーパー「週刊リフレッシュ(Re.フレッシュ)」とポスティング版の「ブラス1(ワン)」を発行していた。
  • 朝日新聞日本農業新聞日刊スポーツ新聞西日本の受託印刷。
    • 朝日新聞・日刊スポーツとも山口県では東部と西部では距離的な関係上、委託印刷先を変えており、当新聞社は山口県西部の下関・萩・山口市などのエリアの印刷を受託している(東部の岩国・防府市など、広島・島根寄りの地域は中国新聞社広島制作センター(廿日市市)の工場が印刷受託している)。また、朝日新聞は全県で西部版であるが、日刊スポーツは下関印刷(西部エリア向け)は西部版、広島印刷の東部エリア向けは大阪本部の中四国版である。
  • 過去には九州スポーツ東京スポーツの九州版)の制作を行っていたが、2020年令和2年)3月末で終了。同年4月1日付から大阪府堺市堺区にある大阪スポーツ(東京スポーツ新聞社関西支社)での編集・制作に移行した。

取材拠点[編集]

本部[編集]

支社・支局[編集]

みなと新聞と山口新聞は、支社・支局網を一部共有している。

みなと新聞
山口新聞

印刷センター[編集]

  • 下関印刷センター

下関市東大和町2丁目2番11号

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]