この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

朝日新聞西部本社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝日新聞社 > 朝日新聞西部本社
朝日新聞(西部)
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社朝日新聞社西部本社
本社

【西部本社】
〒803-8586
福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1

福岡本部
〒812-8511
福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1
代表者 渡辺雅隆
創刊 1924年大正14年)
前身 大阪朝日新聞附録九州朝日
言語 日本語
価格 1部 (朝刊)150円
(夕刊)50円
月極 (朝夕刊)4,037円
(統合版)3,093円
特記事項:
商法上の「西部本社」は北九州市に所在するが、新聞の編集・制作は福岡市の「福岡本部」で行っている。
テンプレートを表示
朝日新聞西部本社(リバーウォーク北九州業務棟)
朝日新聞福岡本部(福岡朝日ビル)。西部本社版の編集・制作はここで行っている。

朝日新聞西部本社(あさひしんぶんせいぶほんしゃ)は、朝日新聞を九州・沖縄・山口9県向けに印刷・発行する朝日新聞社の地域本社である。

概要

九州全域(沖縄県を含む)と山口県を対象エリアとし、福岡本部を擁する。登記上の支店(地域本社)は西部本社だが、実際の新聞製作は福岡本部で行われている。

福岡本部には日刊スポーツ新聞西日本の西部本社が移転・同居。また西部本社にも、移転に併せKBC九州朝日放送北九州支社が小倉駅前から移転・同居。NHK北九州放送局エントランスと同じ4階には、公開スペース「朝日さんさん広場」が設けられている。

題字の字紋は朝日新聞大阪本社版と共有するが、創刊からの号数を示す紙齢は、大阪本社版より3日遅れになっている。これは、GHQの指示で1945年9月18日から同年9月20日までの間に発行停止になったための名残である。

セット版(夕刊あり)の地域は福岡県全域と山口県西部(下関市など)、沖縄県で、福岡県を除く九州各県及び山口県中東部(周南市岩国市など)は朝刊(統合版)のみとなっている。過去には大分県の一部(大分市別府市)や佐賀県の一部(佐賀市鳥栖市)にも夕刊が発行されていたが、部数低迷のため2010年3月31日をもって夕刊の発行を終了し、両県は全域で統合版のみの発行になった。さらに、2012年3月31日に福岡県の一部(久留米市飯塚市など)や山口県の一部(山口市宇部市)などの地域で発行されていた夕刊を廃止し、夕刊は福岡市北九州市及び下関市のみに発行範囲を縮小された。夕刊の廃止理由について、朝日新聞社では「生活様式の変化で、これら(福岡・山口の一部)の地域での夕刊購読者は減っており、朝夕刊で連続したニュースを届ける前提が難しくなってきた為」と説明している[1]。なお夕刊では1面題字横に「Evening」と表記されている。

沿革

  • 1925年(大正14年) - 門司通信局を支局に昇格。大阪朝日新聞附録「九州朝日」創刊(西部本社版の起源)[2]。創刊当初は九州全県と山口県朝鮮満州台湾に発行されていた[3]
  • 1935年(昭和10年)1月25日 - 門司支局を九州支社に昇格[4]
  • 1935年(昭和10年)2月11日 - 「大阪朝日新聞」の現地印刷を開始[3]
  • 1937年(昭和12年)2月 - 島根版(石見地区)が九州支社により発行開始[5]
  • 1937年(昭和12年)9月 - 広島版(安芸地区)が九州支社により発行開始[5]
  • 1937年(昭和12年)10月17日 - 九州支社を小倉市砂津に移転[6]
  • 1940年(昭和15年)8月26日 - 九州支社を西部本社に改称、大阪本社から分離する[7]
  • 1945年(昭和20年)9月18日 - GHQの指示により3日間の発行停止。
  • 1989年(平成元年) - 西部本社管轄の福岡総局(福岡市博多区博多駅前福岡朝日ビル)が「福岡本部」に格上げ。
  • 1996年(平成8年) - 西部本社の編集・新聞制作機能が福岡本部に移転。
  • 2003年(平成15年)6月 - 西部本社が北九州市小倉北区砂津の旧社屋から同区室町のリバーウォーク北九州業務棟8・9階内に移転。KBC北九州支社も同時に移る。
  • 2008年(平成20年)3月31日 - 島根県西部(石見地方)の管轄が西部本社から大阪本社に変更される。
  • 2010年(平成22年)3月31日 - 大分県佐賀県の一部地域に於いての夕刊を廃止。これにより、同年4月1日以降、西部本社管内に於いての朝夕刊セット地域は福岡県全域と山口県西部(一部地域除く)のみになる。また、南日本新聞に委託する形で、鹿児島県宮崎県の朝刊(夕刊無しの統合版)を現地印刷する。
  • 2010年(平成22年)4月 - 中国新聞社に委託する形で、山口県東部の朝刊(夕刊無しの統合版)を現地印刷する。
  • 2012年(平成24年)3月31日 - 福岡県の筑豊筑後京築及び山口県西部で発行されていた夕刊を廃止し、4月1日から、朝刊のみの統合版に切り替わった。なお、4月2日から夕刊の発行エリアを最終版が発行されている福岡県福岡市・北九州市と山口県下関市及びそれらの周辺地域のみに絞る。

組織

2008年4月1日現在)

西部本社
福岡本部
対象エリア
社員数
  • 男: 547人
  • 女: 44人
  • 合計: 591人
総局
支局

※福岡本部含む

印刷工場

地域版

福岡県
  • 福岡
  • 筑後
  • 北九州
  • 京築
  • 筑豊
山口県
  • 山口
  • 下関
  • 山口東
長崎県
  • 長崎
  • 佐世保
その他の県
  • 佐賀
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島

テレビ・ラジオ欄

  • 英字略称表記は黒地に白抜きで表記される。
  • 朝刊中面のKBCラジオRKBラジオの周波数案内では、福岡本局よりも北九州局の方が先に書かれている。これは、全国紙(朝日・毎日読売)の西部本社が北九州(読売は2004年に福岡に移転)にあるためで、かつ北九州が九州で最初に政令指定都市になった事情もある。
  • また、東京版と、それを現地印刷する北海道名古屋の各版は「ラジオ」のコーナーカット下にまとめて載せているラジオ各局の周波数は、大阪版と同じく各放送局ごとの局名カットと一緒に収録されている。
  • 夕刊についてはテレビのみで、ラジオは掲載されない。
  • 九州に於いては、未だ局配列がアナログ時代を引きずっている。これは、デジタル放送におけるリモコンキーIDがKBC(1)、並びにクロスネットUMK(3)[9]以外の九州・山口地区のANN系列局が全部「5」であるため、山口・大分両県では地域で最後になるという事情があることによる。現状では、九州朝日放送山口朝日放送大分朝日放送長崎文化放送熊本朝日放送及び鹿児島放送の、ANN系列局を、民放では最優先して配置している。なお佐賀県は現状も純粋な県域局がFNSSAGA TVのみであるため、それを最初に記載した後、佐賀県の大多数でも視聴できる福岡県のテレビ局を次に配置している(但しSAGA TVと同じFNSのテレビ西日本は第2テレビ・ラジオ面=中頁への収録となっている)。
  • 2011年7月24日付から地上デジタル放送の完全移行に伴い番組欄のカット表記も大幅に変更された。NHK総合・EテレとBSデジタルのカットは東京本社名古屋本社及び北海道支社で使用している物に準拠した形にリニューアルされた(但し白黒で掲載)。なお、地上波民放テレビは白抜きの略称表記に放送局名、地上デジタルのリモコンキーIDに問い合わせ電話番号が記載される形で掲載されていたが、2014年6月1日付から地上波民放もNHKと同じカット表記を使うようになった。
朝刊最終面各地区共通の掲載
朝刊中面各地区共通の掲載
夕刊最終面各地区共通の掲載
  • NHKテレビ(フルサイズ)
  • NHK Eテレ(フルサイズ)
  • NHK BS1(これ以下はハーフ、ないしは極小サイズ)
  • NHK BSプレミアム
夕刊中面各地区共通の掲載
※夕刊の収録局のうち、灰色地の地域(大分県、佐賀県)と福岡県の筑豊・筑後・京築及び山口県西部は、廃止当時のものである。


版建て 朝刊最終面 朝刊中面 夕刊
地上波 ラジオ
フルサイズ ハーフサイズ以下 フルサイズ ハーフサイズ以下
福岡県 北九州版
京築版
筑豊版
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • TNC テレビ西日本
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州
福岡版
筑後版
佐賀県
  • STS サガテレビ
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州
  • NBC 佐賀
  • KBC 九州朝日
  • RKB 毎日
  • RKK 熊本
  • FM佐賀
  • CROSS-FM
  • FM福岡
  • FM長崎
  • LOVE FM
  • STS サガテレビ
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州
  • TNC テレビ西日本
  • KAB 熊本朝日
大分県 北部版
  • OAB 大分朝日
  • OBS 大分
  • TOS テレビ大分
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • TNC テレビ西日本
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州(フル)
  • EAT 愛媛朝日
  • RNB 南海
  • EBC テレビ愛媛
  • ITV あい
  • OAB 大分朝日
  • OBS 大分
  • TOS テレビ大分
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • TNC テレビ西日本
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州
豊後版 (発行自体無し)
長崎県
  • NCC 長崎文化
  • NBC 長崎
  • KTN テレビ長崎
  • NIB 長崎国際
  • TVQ 九州
  • KAB 熊本朝日
  • RKK 熊本
  • TKU テレビ熊本
  • KKT くまもと県民
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • TNC テレビ西日本
  • FBS 福岡
  • STS サガテレビ
  • NBC 長崎
  • RKK 熊本
  • KBC 九州朝日
  • RKB 毎日
  • FM長崎
  • FM佐賀
  • CROSS-FM
  • FM福岡
  • FM熊本
  • LOVE FM
熊本県
  • KAB 熊本朝日
  • RKK 熊本
  • TKU テレビ熊本
  • KKT くまもと県民
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • TNC テレビ西日本
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州
  • NCC 長崎文化
  • NBC 長崎
  • KTN テレビ長崎
  • NIB 長崎国際
  • RKK 熊本
  • KBC 九州朝日
  • RKB 毎日
  • NBC 長崎
  • FM熊本
  • FM福岡
  • FM長崎
宮崎県
  • MRT 宮崎
  • UMK テレビ宮崎
  • KKB 鹿児島
  • KYT 鹿児島読売
  • KTS 鹿児島テレビ
  • KAB 熊本朝日(フル)
  • RKK 熊本(フル)
  • TKU テレビ熊本(フル)
  • KKT くまもと県民(フル)
  • MBC 南日本(フル)
  • MRT 宮崎
  • MBC 南日本
  • JOY-FM
  • μFM
鹿児島県
  • KKB 鹿児島
  • MBC 南日本
  • KTS 鹿児島テレビ
  • KYT 鹿児島読売
  • KAB 熊本朝日
  • RKK 熊本(フル)
  • TKU テレビ熊本(フル)
  • KKT くまもと県民(フル)
  • MRT 宮崎
  • UMK テレビ宮崎
  • MBC 南日本
  • RKK 熊本
  • MRT 宮崎
  • μFM
  • FM熊本
山口県 下関版
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • TNC テレビ西日本
  • FBS 福岡
  • KRY 山口
  • KBC 九州朝日
  • RKB 毎日
  • RNB 南海
  • FM山口
  • FM福岡
  • YAB 山口朝日
  • KRY 山口
  • TYS テレビ山口
  • TNC テレビ西日本
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • FBS 福岡
  • TVQ 九州
山口版
  • BSS 山陰
  • NKT 日本海
  • TSK 山陰中央
  • OAB 大分朝日
  • OBS 大分
  • TOS テレビ大分
  • EAT 愛媛朝日
  • RNB 南海
  • EBC テレビ愛媛
  • KRY 山口
  • KBC 九州朝日
  • RKB 毎日
  • BSS 山陰
  • OBS 大分
  • RNB 南海
  • FM山口
  • FM福岡
  • V-air
  • FM大分
(発行自体無し)
山口東版
  • TNC テレビ西日本
  • KBC 九州朝日
  • RKB RKB毎日
  • FBS 福岡
  • KRY 山口
  • RCC 中国
  • KBC 九州朝日
  • RKB 毎日
  • FM山口
  • 広島FM
  • V-air
  • FM愛媛

脚注

  1. ^ 2012年1月18日付朝日新聞西部本社版夕刊早版(3版)に掲載された社告より。
  2. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』 朝日新聞社、1991年、241頁。 
  3. ^ a b 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』 朝日新聞社、1991年、432頁。 
  4. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 資料編』 朝日新聞社、1995年、514頁。 
  5. ^ a b 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』 朝日新聞社、1991年、436頁。 
  6. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』 朝日新聞社、1991年、435頁。 
  7. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』 朝日新聞社、1991年、542頁。 
  8. ^ 山口県以外の中国地方向けには大阪本社版を印刷
  9. ^ UMKは主にニュースネットが中心で、一般番組の大半はMRT番組販売ネットしている

関連項目

外部リンク