中之島フェスティバルタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中之島フェスティバルタワー(東地区)
Nakanoshima Festival Tower Osaka Japan01.jpg
施設情報
所在地 大阪市北区中之島2丁目3-18[1]
座標 北緯34度41分36.7秒
東経135度29分48.3秒
状態 完成
着工 2010年1月9日
建設期間 2010年1月 - 2012年11月[1]
竣工 2012年11月6日
開業 2012年11月28日[1]
用途 劇場、事務所、店舗、駐車場[1]
建設費 非公開[1]
地上高
屋上 198.96m
最上階 39階
各種諸元
階数 地下3階、地上39階[1]
敷地面積 8,150.09m2[1]
建築面積 5,725.26m2[1]
延床面積 145,602.26m2[1]
構造形式 鉄筋コンクリート構造鉄骨鉄筋コンクリート構造鉄骨構造[1]
エレベーター数 高層用: 8 (うち車いす対応2)
中層用: 8 (うち車いす対応2)
シャトル: 6 (うち車いす対応1)
低層用: 12 (うち車いす対応7)
非常用: 3
駐車台数 299台[1]
関連企業
設計 日建設計(監理者)[1]
永田音響設計(音響設計)[1]
施工 竹中工務店[1]
(空調)高砂熱学工業[1]新菱冷熱工業[1]新日本空調[1]大気社[1]ダイダン[1]
(衛生)三建設備工業[1]須賀工業[1]斎久工業[1]西原衛生工業所[1]、ゼオ[1]フジマック[1]
(電気)関電工[1]きんでん[1]、栗原工業[1]トーエネック[1]、朝陽電気[1]、藤井電機[1]
(昇降機)日立製作所[1]三菱電機[1]守谷輸送機工業[1]
(舞台機構)三精輸送機[1]
(舞台照明)東芝エルティーエンジニアリング[1]
(舞台音響)ジャトー[1]
デベロッパー 朝日新聞社(発注者)
管理運営 朝日ビルディング

中之島フェスティバルタワー(なかのしまフェスティバルタワー)は、大阪市北区中之島2丁目にある超高層ビルである。

概要[編集]

朝日新聞社朝日ビルディングが進めている「大阪・中之島プロジェクト」(四つ橋筋を挟んで相対する、東地区の新朝日ビルディングフェスティバルホールと西地区の大阪朝日ビル朝日新聞ビルを高さ200メートルの2棟のツインタワーへ建て替える計画)の一環として、まず、東地区の中之島フェスティバルタワーが2010年1月9日に着工、2012年11月6日に完成した。フェスティバルホールは2013年4月3日に開業記念式典を開き、4月10日開業[2]。中之島フェスティバルタワー・ウエスト(西地区)は2014年6月25日に着工し、2017年春完成予定である[3][4]

中之島フェスティバルタワー(東地区)

東地区は、低層階にフェスティバルホール、西地区街区から朝日新聞大阪本社が移転し、中高層階はテナントオフィスとなる。また、低層階から地下にかけてはフェスティバルプラザ(商業施設)が展開される。 低層階に大空間のホールが入り、その上に高層のオフィスビルを配置する構成のため、低層階は、16本の外周柱(大臣柱)を、高層部は中央部のセンターコアと外周部のアウトチューブフレームを配した構造となっている[5]。 工事期間中、解体されたフェスティバルホールのレリーフ「牧神、音楽を楽しむの図」を再現したイルミネーションが、取り付けられていた錦橋側の工事用足場に取り付けられ、2010年12月11日から2011年1月8日までの夜間に点灯された[6]。 2015年5月には朝日放送ABCテレビ)の予備送信所が設置された[7]

中之島フェスティバルタワー・ウエスト(西地区)

ウエスト(西地区)は4階に[4]香雪美術館の分館及び多目的ホール、6階から31階がオフィス、33階から40階の高層階にはホテル「コンラッド大阪」が入居する。

ホテルは当初ロイヤルホテルが新ブランドのラグジュアリーホテルをオープンする計画だったが交渉が不調に終わり、結果的にコンラッド・ホテルの進出が決まった[8]

コンラッド大阪の客室は33〜37階、39階に164室設けられ、広さは50平方メートル以上。38〜39階にはチャペル、宴会場、プール、スパ・フィットネス施設が設けられ、フロントやレストランは最上階(40階)に位置する[9]。レストランは「アトモス・ダイニング」(オールデイダイニング)、「蔵–鉄板焼&寿司」(日本料理レストラン)、「C:GRILL」(シーフードグリルレストラン)の3箇所の他、ロビー横に「40スカイバー&ラウンジ」が設けられる[8]

旧フェスティバルホール壁面のレリーフ「牧神、音楽を楽しむの図」は、当時と同じ信楽焼によって再制作されて新ビル外壁に引き続き設置される[10]

フロア構成(東地区)[編集]

37F レストラン「ラ・フェット ひらまつ」、カンファレンスルーム「フェスティバルスイート」
15F - 36F オフィスゾーン、医療フロア(15階)、朝日カルチャーセンター(18階)
14F 機械室
13F スカイロビー
9F - 12F 朝日新聞大阪本社、カフェテリア「フェスティバルキッチン」(12階)
4F - 8F フェスティバルホール
B1F - 2F ホールエントランス、フェスティバルプラザ(商業施設)
B3F - B1F 駐車場
この他、テレビ朝日名古屋テレビ放送九州朝日放送などANN系列局の大阪(関西)支社も当ビルに入居している他、JNN系列局であるIBC岩手放送山陰放送中国放送の大阪支社も入居する。

フロア構成(ウエスト)[編集]

33F - 40F コンラッド大阪(ホテル)[8]
6F - 31F オフィスゾーン
4F 香雪美術館・中之島会館(多目的ホール)
B1F - 2F エントランス、フェスティバルプラザ(商業施設)、キヤノンプラザ大阪(1F)[11]

主なテナント[編集]

東地区[編集]

フェスティバルプラザ
オフィスゾーン

医療フロア 15階 (プロデュース・運営管理:グッドライフデザイン)

  • 医療法人聖授会
  • 筒井歯科
その他
  • レストラン「ラ・フェット ひらまつ」(ひらまつ

沿革[編集]

交通機関[編集]

近隣の施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 「中之島フェスティバルタワー」、『日経アーキテクチュア2013年1月10日、 60-69頁。
  2. ^ 降り注ぐ音、よみがえる フェスティバルホール開業朝日新聞デジタル 2013年4月10日
  3. ^ ツインタワー17年完成 朝日新聞社中之島プロジェクト
  4. ^ a b 中之島フェスティバルタワー・ウエストが着工 - 中之島フェスティバルタワー 2014年6月25日
  5. ^ 阿波野昌幸、吉田聡、岡田健「中之島フェスティバルタワーの構造設計 (PDF) 」 、『GBRC』第36巻第4号、日本建築総合試験所、2011年10月、 1-9頁、 NAID 40019039698
  6. ^ 光ふる 中之島銀河 OSAKA光のルネサンス2010asahi.com 2010年12月11日
  7. ^ ◆予備施設・バックアップ施設を確保している例 - 内閣官房
  8. ^ a b c ヒルトン・ワールドワイド 西日本初 日本で2 軒目の「コンラッド大阪」開業に向けて朝日新聞社、竹中工務店、朝日ビルディングと合意 週刊ホテルレストラン HOTERESONLINE 2016年3月31日
  9. ^ ヒルトン最高級 「コンラッド大阪 」に決定、 西日本初PRTIMES 2016年3月31日。
  10. ^ 中之島フェスティバルタワー レリーフ製作プロジェクト「牧神、音楽を楽しむの図」大塚オーミ陶業株式会社
  11. ^ コミュニケーションスペース「キヤノンプラザ大阪」がオープン~キヤノンMJ大阪支店移転に伴いリニューアル~ - キヤノンマーケティングジャパン 2017年5月1日
  12. ^ 中之島フェスティバルタワーで上棟式 鉄骨組み上がる asahi.com 2011年12月13日
  13. ^ a b c 中之島フェスティバルタワーが竣工しました 朝日新聞社・朝日ビルディング 2012年11月6日
  14. ^ 当初発表の13年春オープンを、フェスティバルプラザのオープンに合わせて、繰り上げオープンさせる
  15. ^ 「フェスティバルホール」開業へ-式典でさだまさしさんが祝辞梅田経済新聞 2013年4月3日
  16. ^ フェスティバルシティに関するトピックス:朝日新聞デジタル 2017年5月10日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]