入江徳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

入江 徳郎いりえ とくろう1913年7月15日 - 1989年9月5日)は、日本のジャーナリストニュースキャスターエッセイストである。福岡県遠賀郡芦屋町出身。

来歴・人物[編集]

福岡県立東筑中学校、1936年東京帝国大学文学部社会学科卒業後、朝日新聞社に入社し、ノモンハン事件では従軍記者として死線をさまよう。そのころから著作をなし、戦後は論説委員として1963年5月から1970年5月まで朝日新聞の1面コラム「天声人語」を担当した。TBSの総合ニュース「JNNニュースコープ」では、1969年10月から1983年9月までメインキャスターを務めた。またこれに就任する前の1960年代にはフジテレビジョンの「テレビ新聞」にも出演していた。 

著書[編集]

  • 『ホロンバイルの荒鷲 ノモンハン千四百機撃墜記』鱒書房 1941
  • 『ストライキ記者』国際出版 1948
  • 『泣虫記者』(鱒書房 1952年)のち春陽文庫 
  • 『續泣虫記者』(鱒書房 1952年)のち春陽文庫
  • 『泣虫記者 続々』(鱒書房 ニュースマン・シリーズ 1953年
  • 『サムライ記者』(鱒書房 ニュースマン・シリーズ 1954年
  • 『輪転機は笑う』鱒書房 1956
  • 『現代千一夜物語』(春陽堂書店 1958年
  • 『僕は一浪』秋元書房 1962
  • 『日日の随想 書いたりしゃべったりー私の人生哲学』日本文芸社 1972
  • 『マスコミ文章入門 よい文章を書くための24章』日本文芸社 1972
  • 『新しい手紙文例集 年賀状の書き方付き』有紀書房 1975
  • 『作文の技術 就職作文・ビジネス作文のすべて』実業之日本社 実日新書 1977
  • 『天声人語』5-6 朝日新聞社 1981
  • 『われら熟年』社会保険出版社 1981
  • 『マスコミの渦の中から』(講談社 1983年
  • 『歩きながら笑う話』現代出版 1985
  • 『戦後昭和史うらおもて』ミリオン書房 1986
  • 『昭和追想 マスコミ生活50年』騒人社 1989

共著編[編集]

  • 『書かれざる特ダネ』(話社 1948年 扇谷正造と共筆) - 映画『白昼の決闘』(新東宝1950年)の原作となった。
  • 『新世界の名文句』編 日本文芸社 NBハウツー・シリーズ 1974

この他、1971年6月発売の『GNP小唄』という諷刺歌謡曲を作詞している(歌:早川クリ。ワーナーパイオニアL-1039W)。また、辻本芳雄戸川幸夫とリレー小説を執筆。これは川島雄三監督の映画『新東京行進曲』(松竹、1953年)の原作となった。