むのたけじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むの たけじ
武野 武治
生誕 (1915-01-02) 1915年1月2日
秋田県仙北郡六郷町
死没 (2016-08-21) 2016年8月21日(101歳没)
埼玉県さいたま市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京外国語大学 (旧東京外国語学校)
職業 ジャーナリスト
著名な実績 新聞「たいまつ」主宰

むのたけじ(本名:武野 武治1915年1月2日 - 2016年8月21日[1])は、「戦争絶滅」を訴え続けた日本のジャーナリスト

経歴[編集]

秋田県仙北郡六郷町(現美郷町)の小作農民の家に生まれる。県立横手中学校(現・秋田県立横手高等学校)から東京外国語学校(現・東京外国語大学)スペイン語科卒業。報知新聞記者を経て、1940年(昭和15年)朝日新聞社に入社、中国東南アジア特派員となるが、敗戦を機に、1945年(昭和20年)8月15日太平洋戦争の戦意高揚に関与した責任をとり退社した[2]。戦前・戦中期には近衛文麿東条英機鈴木貫太郎ら政権中枢の政治家・軍人、また、画家の藤田嗣治、小説家の火野葦平らにインタビューした経験があるという[2]

1948年(昭和23年)元旦、妻子4人を連れて秋田県横手市に帰郷、2月にはタブロイド版の週刊新聞「たいまつ」を創刊、反戦の立場から言論活動を続けた。以後「休刊」の1978年(昭和53年)の780号まで出し続けた[2]

1955年(昭和30年)の第27回衆議院議員総選挙には秋田2区から無所属で立候補したが落選している。

2011年2月27日に放送された、NHKスペシャル『日本人はなぜ戦争へと向かったのか』シリーズ、第3回「“熱狂”はこうして作られた」の終盤に出演し、96歳で健在な姿を見せた[3][4]

2011年8月14日NHK BSプレミアム放送の『100年インタビュー「96歳のジャーナリスト・むのたけじ」』にて、従軍記者の体験を踏まえて、戦後の言論のあり方、戦争のない未来とはどのようなものかについて語った[5]

2012年花巻市の「宮沢賢治学会 イーハトーブセンター」から第22回イーハトーブ賞を受賞した[6][7][8]

2013年5月10日放送の『報道ステーション』に出演し、自ら体験した戦前・戦中の表現の自由言論統制を振り返りつつ、憲法改正の議論に対してジャーナリストの立場から意見を述べた[9]

2015年10月10日放送の『ETV特集 むのたけじ 100歳の不屈 伝説のジャーナリスト 次世代への遺言』では、戦後70年の節目の年に100歳を迎えたむのが、沖縄で講演会を行う様子が映しだされた[10][11]

同年、東京外国語大学(一橋大学と共に東京外国語学校を前身に持つ)より、80年越しの卒業証書が手渡されている[12]

2016年1月31日放送のBS-TBS関口宏の人生の詩』(毎週一人のゲストを呼びその半生に迫る)にて、ゲストとして出演した[13]。同年8月21日、老衰のため、さいたま市内の次男宅で死去[1]。101歳没。

著書[編集]

  • 『たいまつ十六年』企画通信社 1963/現代教養文庫 1994/岩波現代文庫 2010
  • 『雪と足と』文藝春秋新社 1964/三省堂 1970
  • 『踏まれ石の返書』文藝春秋新社 1965/評論社 1983
  • 『ボロを旗として』番町書房 1966/イズミヤ出版 2003
  • 『日本の教師にうったえる』明治図書出版 1967
  • 『詞集 たいまつ――人間に関する断章604』三省堂新書 1967
  • 『1968年――歩み出すための素材』岡村昭彦対談 三省堂新書 1968
  • 『日本の教育を考える――豊かな人間教育への提言』斎藤喜博佐藤忠男鼎談 東芝教育技法研究会 1970(TETA新書)
  • 『解放の十字路』評論社 1973
  • 『われ住むところわが都』家の光協会 1975
  • 『詞集 たいまつ』1 - 6 評論社 1976-2011
  • 『むのたけじ 現代を斬る』北条常久対談 イズミヤ出版 2003
  • 『戦争いらぬやれぬ世へ』(むのたけじ語る 1)評論社 2007
  • 『いのち守りつなぐ世へ』(むのたけじ語る 2)評論社 2008
  • 『戦争絶滅へ、人間復活へ――93歳・ジャーナリストの発言』聞き手黒岩比佐子 岩波新書 2008
  • 『ふみさん、たけじさんの93歳対談』峯山冨美 朝日新聞出版 2008
  • 『希望は絶望のど真ん中に』岩波新書 2011

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “むのたけじさん死去 101歳のジャーナリスト”. 朝日新聞. (2016年8月21日). http://www.asahi.com/articles/ASJ8P2DW1J8PUJUB001.html 2016年8月21日閲覧。 
  2. ^ a b c 戦争なくし 世界を一つに(「読売新聞」2015年2月8日)
  3. ^ NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第3回 “熱狂”はこうして作られた”. NHKオンデマンド. NHK (2011年). 2016年7月15日閲覧。
  4. ^ NHKドキュメンタリー - ETV特集▽むのたけじ100歳の不屈 伝説のジャーナリスト 次世代への遺言”. もっとNHKドキュメンタリー. NHK (2016年6月29日). 2016年7月15日閲覧。「“熱狂”はこうして作られた」へのリンクがある。
  5. ^ 96歳のジャーナリスト・むのたけじ”. 100年インタビュー. NHK (2011年12月2日). 2016年7月15日閲覧。
  6. ^ 第22回(2012年) イーハトーブ賞 むの たけじ”. 宮沢賢治賞・イーハトーブ賞. 宮沢賢治学会イーハトーブセンター (2016年4月18日). 2016年7月15日閲覧。
  7. ^ 増子義久 (2012年10月5日). “イーハトーブ賞受賞のむのたけじさんが講演【岩手・花巻発】”. ゆいっこ花巻. J-CAST. 2016年7月15日閲覧。
  8. ^ むのたけじ 『絵本とジャーナリズム』 NPO法人「絵本で子育て」センター〈「絵本で子育て」叢書〉、2013年12月10日ISBN 9784903607139 「第2章 「絵本」とは何か―絵本の源流を訪ねて 宮沢賢治・イーハトーブ賞を受賞して考えたこと」より。
  9. ^ 報道ステーション 2013年5月10日放送回”. goo テレビ番組. NTTレゾナント (2013年5月10日). 2016年7月15日閲覧。
  10. ^ むのたけじ 100歳の不屈 伝説のジャーナリスト 次世代への遺言|ETV特集”. NHK ONLINE. NHK (2015年12月7日). 2016年7月15日閲覧。
  11. ^ 第5回公開講演会について【11月21日(土)開催 講師:100歳のジャーナリスト むのたけじさん”. 浄土真宗ドットインフォ. 真宗大谷派(東本願寺) (2015年10月28日). 2016年7月15日閲覧。
  12. ^ 100歳むのたけじさんに80年越し卒業証書 二・二六事件で母校混乱”. 東京新聞. 中日新聞社 (2015年10月30日). 2016年7月15日閲覧。
  13. ^ 関口宏の人生の詩 過去の放送 #88 ゲスト:むのたけじ”. BS-TBS. TBS. 2016年7月15日閲覧。

関連項目[編集]

  • 石坂洋次郎 - 小説家。横手中学校の教師を務めていたとき、むのに国語・作文・修身を指導した。

外部リンク[編集]