中川英造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中川 英造(なかがわ えいぞう、1908年3月23日 - 1999年10月14日)はテレビ朝日第7代代表取締役社長広島県出身。朝日新聞社で業務部門を歩み、代表取締役専務ののち日本教育テレビ(NET)に転じた。

経歴[編集]

1930年東京商科大学(現一橋大学)本科卒業、東京朝日新聞社入社。庶務、販売、会計各部長、業務局次長、経理総務などを歴任。

1959年2月、新設の北海道支社の初代支社長。翌年取締役となる。1963年村山事件の際、横田武夫らともに辞表を提出し、業務関係の役員不在という異常事態に陥るが、村山長挙が社長を辞任したことで同事件は収束し復職。1964年2月常務。1967年8月専務。1974年相談役。

1975年5月、NET(現・テレビ朝日)取締役副社長。1981年6月、高野信の後継として全国朝日放送(現・テレビ朝日)代表取締役社長に就任。日本の不参加によって、独占中継権を獲得したモスクワオリンピック中継の価値が暴落し、ダメージを負っていた同社の難しい舵取りを任された。1983年6月、後任の田代喜久雄に道を譲り相談役に退く。1999年10月、急性肺炎のため91歳で死去。

東京商大時代は漕艇部に所属し、その後日本漕艇協会(現日本ボート協会)の顧問なども務めた。

参考文献[編集]

  • 『朝日新聞社史 昭和戦後編』(1994年、朝日新聞社)
  • 『テレビ朝日社史-―ファミリー視聴の25年』(1984年、テレビ朝日)