エフエム大分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エフエム大分
FM-OITA Co.,Ltd.
FM大分本社.jpg
エフエム大分旧社屋
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
870-8558
大分県大分市府内町3-8-8
ハニカムプラザ4F
設立 1990年4月4日
業種 情報・通信業
事業内容 放送法に基づく一般放送事業
代表者 取締役社長 丸山健
資本金 8億円(2008年3月時点)
売上高 4億6,500万円(2008年3月期)
純利益 △2,399万円(2008年3月期)
従業員数 18名(2008年3月時点)
決算期 3月
主要株主 大分合同新聞社(42.3%)
外部リンク www.fmoita.co.jp
テンプレートを表示
エフエム大分
FM Oita Co.,Ltd.
放送対象地域 大分県
系列 JFN
略称 なし
愛称 Air-Radio FM88
FM OITA
コールサイン JOJV-FM
開局日 1990年10月1日
本社 〒870-8558
大分県大分市府内町3-8-8
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 大分 88.0MHz / 1kW
主な中継局 日田 85.1MHz
佐伯 81.8MHz
津久見 80.7MHz
中津 84.9MHz
玖珠 89.3MHz
竹田 81.8MHz
公式サイト http://www.fmoita.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エフエム大分(エフエムおおいた、FM Oita Co.,Ltd.)は、大分県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。「Air-Radio FM88」(エア・レディオ・エフエム・エイティエイト)という愛称はあるが、放送でほとんど呼称しておらずもっぱら社名と同じFM大分を使用している。コールサインはJOJV-FM。FMQリーグにも加盟する。

概説[編集]

1990年10月1日に全国34番目(Kiss FM KOBEと同日)に放送開始。

開局当時、大分県の瀬戸内海沿岸では、FM愛媛FM山口といったJFN加盟のFM局の聴取が可能だったこともあり、「マルチリンガルによる音楽環境の創造」をコンセプトにした政令指定都市のある以外の県のFM局としては初めての独立局として開局した。

このことは画期的であったため、毎日放送(MBS)制作・TBS系テレビ番組『地球発19時・激突!ラジオ戦争』でも取り上げられた。開局の瞬間の他、RYUエリザがDJを務める朝ワイド『アクアミント・モーニング』、デイル石橋の『OITA COUNTDOWN HOT88』などのオンエア模様が取り上げられ、「FM大分に勝算はあるのか?」と締め括られていた。 独立局時代はJ-WAVEFM802FM横浜bayfmなど、他の独立局からの番組供給を受けていた。しかし開局後わずか1年で独立局の試みは挫折し、全国ネットワークであるJAPAN FM NETWORK(JFN)1991年10月1日加盟した。

大分合同新聞社との関係は大分放送(OBS)よりも強く、ヘッドラインニュースの最後ではほぼ必ず「以上のニュースは大分合同新聞の協力でお伝えしました」とアナウンスされる。

自社制作のヘッドラインニュース・交通情報・天気予報は勿論、『JFNニュース』に関しても専用のBGM(中村幸代『Space Bee』を使用)をバックに放送されている。なお、BGMは『JFNニュース』を除き、2度リニューアルされている。 2009年4月、ホームページがリニューアルされた。 2009年10月より、メールマガジンが創刊されている。 2010年10月、ホームページがリニューアルされた。

開局以来、プリエンファシスはorban製のアナログ機OPTIMOD-FM 8100Aを使用しており、独特な音質が楽しめる。

周波数[編集]

親局 周波数 空中線電力 所在地 備考
大分 88.0MHz 1kW 別府市
十文字原
NHK大分OBSデジタルテレビジョンと局舎を共用
大分市周辺の大分都市圏で受信される。
ただし十文字原を見通せない地域では、混信・ノイズが多い。
中継局 周波数 空中線電力 所在地 備考
中津 84.9MHz 10W 中津市
八面山
中津市・宇佐市及び
福岡県豊前市築上郡行橋市周辺で受信される。
日田 85.1MHz 日田市
尾当山
垂直偏波
日田市・旧日田郡の一部で受信される。
玖珠 89.3MHz 100W 九重町
崩平山
西部の内陸部(玖珠郡由布市)を中心に受信される。
また送信高が高く、出力も中継局としては大きめとなっている。
津久見 80.7MHz 10W 津久見市
鉾土山
臼杵市・津久見市で受信される。
佐伯 81.8MHz 佐伯市
波越山
佐伯市内で受信される。
竹田 豊後大野市
三宅山
竹田市・豊後大野市・臼杵市の一部で受信される。
開局後永らく受信困難な地域であったが1997年4月に開局、
受信状況が改善された。

資本構成[編集]

企業・団体は当時の名称。出典:出典:[1][2][3]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 発行済株式総数 株主数
8000万円 32億円 8,000株 25
株主 株式数 比率
大分合同新聞社 3,384株 42.3%
大分放送 0,800株 10.0%
テレビ大分 0,800株 10.0%

1992年3月31日 - 2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数
8億円 32億円 10万円 8,000株
株主 株式数 比率
大分県 400株 5.0%
大分銀行 240株 3.0%
豊和銀行 120株 1.5%

沿革[編集]

  • 1990年
  • 1991年10月1日 - JFN加盟
  • 2000年10月1日 - 開局10周年
  • 2010年10月1日 - 開局20周年
  • 2012年4月2日 - インターネットIPサイマルラジオ「radiko」に参加。12時より大分放送とともに大分県内のみにて実用化試験配信を開始。なお、プレミアムにも参加しているが、土曜の11時台など一部時間帯は未配信。
  • 2014年
    • 3月31日 - 文字多重放送を廃止。
    • 9月29日 - 大分市府内町の大分合同新聞社ハニカムプラザビル内に本社移転。[4]

現在の番組[編集]

自社制作番組[編集]

JFNC制作番組[編集]

JFN系列以外の番組[編集]

JFN加盟後の過去の番組[編集]

  • OITA Top Hits
  • NBUミュージック・クロスオーバー
  • 週刊ラジオマガジン“いつもSomething New”
    • 現在はOBSラジオにて日曜17:30-18:25に放送
  • FRIDAY JAM(金曜 13:00 - 15:50):2010年3月26日終了
  • クリック・ザ・リクエスト(月曜~木曜 11:30 - 12:49):2010年3月終了
  • Good Morning Oita
  • A☆LIVE AFTER FIVE(アライブ・アフター・ファイブ)
  • Dr.マーサーのWAKU WAKUコーリング
  • 88 Morning Wave
  • 気まぐれパンドラボックス
  • M's Music Wave
  • AIR MESSAGE FROM OITA
  • World Hit in Oita
  • Doo! MORNING(FRIDAY EDITION)
  • Smile×2
  • 東春日Records
  • Welcome Morning(月-金 7:30-9:55)
  • Music Update(月-木 11:30-12:49)
  • Radio Cruising(月-木 17:00-18:55)
  • おおいたイエラジ2(木 15:00-15:30)
  • Mazda Rhythm X8(金 11:30-11:55)
  • Mazda Rhythm And Sky(金 11:30-11:55)
  • 東春日ごじしちじ(金 17:00-18:55)
  • DOCOMO DE DOMO(月~木 18:55-19:00 金 13:55-14:00)
  • HONDA ウィークエンド・ナビ(土 12:00-12:30)
  • SWEET ANNIVERSARY(土 12:30-12:55)

独立局時代の主な番組[編集]

自社制作番組[編集]

Source:開局当時の番組表より

  • DAWN SONGS(月-土6:00-7:00)・・・ニューエイジミュージック&フュージョン
  • AIR-BORNE PERFUME AQUAMINT MORNING(月-金7:00-10:00)・・・さわやかな朝の雰囲気を大切にしたミュージック&DJ
  • JACKPOTS TRACKS(月-金10:00-10:30)・・・英米インディーズ、ブラックミュージック、邦楽ポップス、アーティスト特集、映画音楽情報
  • PICASSO MUSIC(月-金10:30-11:00)・・・ノンストップミュージック
  • VOICE AND RHYTHM(月-金11:00-12:00)・・・洋邦問わず70年代から最新までのヒット曲
  • IT'S A BRILLIANT CAFE(月-金12:00-15:00)・・・12時から13時はランチタイムミュージック、13時から15時まではアクティブタイムミュージック
  • RADIO CARNIVAL 88 HOTLINES(月-金16:00-19:00)・・・電話リクエスト
  • MUSIC PIT(木19:00-19:30)
  • PERKY ROCKIN' STATION(木19:30-20:00)
  • MEMORY LANE(木20:00-21:00)
  • PERKY MUSIC WORLDWIDE(月-木21:00-22:00)・・・月曜日/フランスのミュージックシーン、火曜日/世界のグッドミュージック、水曜日/イギリスのクラブシーン、木曜日/バリ島直送のトロピカル
  • PERKY DANCIN' STREET(金19:00-22:00)
  • UPPERCUT JAM(月-金22:00-24:00)・・・月曜日/ロック、火曜日/ソウル、水曜日/邦楽中心、木曜日/邦楽中心、金曜日/リクエスト
  • EDGE OF NIGHT(月-金26:00-27:00)・・・ノンジャンル
  • 広報番組(土7:00-8:00)
  • CONTINENTAL BREAKFAST(土8:00-9:00)
  • RESTFUL FORENOON(土9:00-11:00)・・・アーバンコンテンポラリー
  • MEGA MUSIC TREND(土11:00-12:00)
  • WEEKEND SOUND RESORT(土12:00-17:00)・・・リゾートを意識した内容、UK TOP20も放送
  • HAPPINESS OVER THE GLASS(土20:00-20:30)
  • ALBUMS OF MEMORY(土20:30-21:00)
  • HIGGLDI PIGGLDI TELEPHONE JACK(土21:00-23:00)・・・週末気分のノンジャンル、DJからリスナーに電話も
  • PAJAMA CALLIN'(土23:00-24:00)
  • MIDNIGHT DANCE PARTY(土24:00-25:00)
  • AMERICAN ORCHESTRA SPECIAL LIVE(日6:00-8:00)・・・クラシックライヴ
  • LAZY MORNING(日8:00-10:00)・・・AC、UC、J-POP、BGMタイプの番組
  • KAMASAMI KONG COCONUT MAIL(日10:00-11:00)
  • OITA COUNTDOWN HOT88(日12:00-16:00)・・・カウントダウン番組
  • VOICE TRACK(日16:00-17:00)
  • BEPPU BAY SURF LINE(日18:00-20:00)・・・前半はCHR、後半はソフトロック&ブラコン
  • MEMORIES OF MELODIES(日20:00-21:00)・・・オールディーズ
  • MUSIC WALKIN'(日21:00-22:00)・・・CHR
  • JAZZ PASSAGE(日23:00-24:30)・・・JAZZ
  • WHAT A BEAUTIFUL WORLD(日24:30-25:00)・・・スタンダード

ネット番組[編集]

bayfm

  • Power Rock Today
  • Bay City Blues
  • Jazz Passage
  • American Blue
  • Sunrise Cruise

FM802

  • NEC C&C PLAZA Music Pit
  • Hit Pirates

J-WAVE

  • Future Hits
  • Rockin' America

FMヨコハマ

  • NISSAN Hit in the USA
  • Super Gold
  • Hip Pocket
  • Jngle

パーソナリティ[編集]

現在〈2016年8月現在〉

【Charge-up RADIO】

(月〜水) 前田 裕美

(木) 田口永依子

(金) DJNABE

【Clover Radio Terrace】

(月) クボタヨシフミ

(火) TATSU

(水) 荒金 由希子

(木) 西嶋 しのぶ

【もっとあなたと!Colorful Palette!】

(月) 猪野 ゆりか

(火) クボタヨシフミ

(水) 藤林 唯

(木) 岩崎 朋美

(金) 大野 タカシ

【Radio Switch】

(月・水) 梶川 美樹

(火・木) 立川 麻湖

【fmごじしちじ】

(金) 北野"JK"順一

【ハイカラ食堂】

(月〜木) 飯塚 恭子

【NETZ DRIBING BEAT】

(金) 立川 麻湖

過去

脚注[編集]

  1. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、451頁。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、481頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、450頁。
  4. ^ エフエム大分 インフォメーション

関連項目[編集]

  • Kiss-FM KOBE - 当局と同じく開局当初は独立局だったが、後にJFNに加盟した放送局。

外部リンク[編集]