クレスト (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社クレストは、ITソリューション事業を営む企業である。また、株式会社テレプロからFMラジオ事業の全部譲渡を受け、2009年1月1日から沖縄県北谷町コミュニティ放送FMニライを運用している[1]

エフエムにらい[編集]

株式会社クレスト
Crest Co., Ltd.
愛称 FMニライ
コールサイン JOZZ0AT-FM
周波数/送信出力 79.2 MHz/20 W
本社・所在地
〒904-0203
沖縄県中頭郡嘉手納町嘉手納56-1
設立日 1994年5月11日
開局日 2004年5月28日
演奏所 (FMニライ放送事業部)
〒904-0103
中頭郡北谷町字桑江467-1
ちゃたんニライセンター内
送信所 中頭郡北谷町字桑江467-1
中継局 なし
放送区域 北谷町、嘉手納町、宜野湾市
公式サイト http://www.fm-nirai.jp/

概要[編集]

前身の「エフエムちゃたん」は2004年に開局。テレビ番組制作・技術を行っていた株式会社テレプロ(本社:那覇市東京都港区の同業種同名の会社とは関係ない)の直営であった。 沖縄県のコミュニティ放送で初めて、サテライトスタジオを美浜メディアステーションの中に設置。開局特番を美浜メディアステーションの駐車場前にてミュージシャンのパーソナリティーが中心に放送。サテライトスタジオは土・日曜の番組で放送していた。開局当時、サテライトスタジオが本局と勘違いしている者もいた。 現在していないが、時報の前に英語と日本語で「○○時です」放送していた。

2008年5月には、独自のインターネット放送(ちゅらじお)を開始し、沖縄ソングを中心に放送していた(現在は終了)。

2009年1月1日付で、テレプロのラジオ事業の全てを株式会社クレストに譲渡。放送免許は継承されたためコールサインに変更はないが、呼出名称が「エフエムにらい」に変更。同時に愛称も「FMニライ」として再スタートした。

2009年4月1日、沖縄県では初SimulRadioに参加。

前述の美浜メディアステーション内のサテライトスタジオの運用はしばらく休止していたが、2015年4月11日より運用を再開した[2]

番組は月曜早朝4:00から5:00を除き24時間放送で、自社制作。

生放送番組の一部はUSTREAMで映像も配信されている。

主な番組[編集]

  • オリジンの沖縄まちかど情報局 (月-金 11:30-13:00)
  • 北谷まちかど情報局 (火 17:00-18:00)
  • ガハハ一発 (水 20:00-21:30)
  • 嘉手納まちかど情報局 (木 17:00-18:00)
  • スキルUPデ時ログラジオ Eigo Chatanglish (月 18:00-18:50)
  • 肝がなさうちなーぐちニュース (火 18:00-18:50)
  • ケンエイのスポーツビクトリー (金 17:00-18:00)
  • チャーリー・ウー@古謝和佳菜 Serendipity507 (土 12:00-13:00)
  • 寄りてぃちゃーびたん いつみでーびる (日 11:00-13:00)
  • 普通に奇跡 (日 19:00-19:30) 沖縄県立北谷高等学校の放送部が担当

脚注[編集]

  1. ^ 平成20年12月24日総務省沖縄総合通信事務所報道資料「超短波放送局(コミュニティ放送局)の免許承継等
  2. ^ 河口恭吾さん生放送 北谷町美浜の「今」伝えるFM沖縄タイムス 2015年5月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]